北海道

冬の野幌森林公園で野鳥探し&いただきます。で初ジンギスカン:札幌旅行3日目

2020年2月5日

野幌森林公園

1月25日から28日の3泊4日で行った札幌旅行の3日目です。

この日は朝から野幌森林公園に行き、野鳥や野生動物探しを行いながら雪中ハイキング。

真っ白な雪の中を歩くだけでも楽しかった(笑)

ランチは札幌の人気パン屋「どんぐり」で楽しみ、その後大倉山ジャンプ競技場へ。

スキーのジャンプ台の上からの景色は、札幌を一望できる絶景!

そして円山公園の近くにある、珈琲好きなら知る人ぞ知るお店「森彦」で珈琲タイム。

夕食は「いただきます。」でジンギスカンを楽しみました。

最後は「パフェテリア パル」で〆パフェも。

札幌の自然とグルメを思いきり堪能した一日でした!

おすすめ情報

クラブツーリズムのツアーは面白い!

登山や写真撮影の旅など、様々なテーマのツアーがあります。

どんなツアーがあるか見てみる⇒

桜ツアーの予約が開始されました!

野幌森林公園で真冬のハイキング

野幌森林公園

この日まず行ったのは、野幌森林公園。

野幌森林公園は、江別市にあるめちゃくちゃ大きな公園で、野鳥や野生動物がたくさん生息していると言われている場所。

緑豊かな公園で、敷地面積2,053ha。

東京ドームで言うと約437個分です(笑)

東京ディズニーランドだと約40個分の大きさ。

よくわからないけど、めちゃくちゃ大きいってことです。

今回の旅の目的は北海道の野生動物に会うというものがあったので、野生動物がたくさんいそうなこの野幌森林公園にやってきたわけです。

例によってこの公園について何の知識もないので、野幌森林公園にたまに訪れるというブロ友umeさんに情報をいただいてから散策しました(笑)

あまりに広いからどこ歩いていいかわからないからね。

大沢口から入ってハイキングしようと思って、バス停でバスを降りてから公園の入り口に向かっている途中、早くも僕たちを歓迎してくれる子と遭遇。

野幌森林公園

エゾリスちゃん!!

この旅の第一エゾリスです(笑)

なんかこちらを見てます。

可愛い!!

野幌森林公園

尻尾もモフっとしてて、冬毛のリスはめちゃくちゃ可愛いなぁ。

まだ公園に入ってないのに、エゾリスと遭遇。

すぐに去ってしまったので、あまり写真は撮れなかったけどねぇ。

でもたくさん野生動物と会えるんじゃないかと期待がめちゃくちゃ膨らみます。

キタキツネやらクマゲラやら、会いたかった動物や野鳥に会えるんじゃないかとね(笑)

ウキウキ気分で公園の中に入っていきます。

野幌森林公園

レッツ公園散策~~!!

園内は一面の銀世界。

野幌森林公園

でも散策路は、人が歩いているから雪が踏みしめられてて歩き難くはなかったです。

スノーブーツを履いていたら、問題なく歩けた。

散策路は基本平坦だけど、少しだけアップダウンがありました。

でもチェーンスパイクなどは無くても普通に歩けたよ。

歩いていると、野鳥の鳴き声はたくさん聴こえるし、動物の足跡などの痕跡もたくさんあります。

きつつきが木をつつく音なんかも森の中で響いてました。

辺りを注意深く見渡しながら歩くけど、これがなかなか動物と遭遇しません。

野幌森林公園

こんな感じの足跡はたくさんあるんだけどねぇ。

野幌森林公園

見つかるのは足跡ばかり。

この足あとは何の動物なんだろうって想像しながら歩くのも楽しいのだが。。。

やっぱり、足跡つけた本人に会いたいよねぇ(笑)

結局、写真が撮れたのはゴジュウカラとアカゲラ。

野幌森林公園

こちらはゴジュウカラ。

ゴジュウカラはたくさんいました。

野幌森林公園

こちらは木をコンコンつついてたアカゲラ。

うーむ、もっとたくさんの野鳥や動物に会えると思っていたんだが。。。

自然が相手だから思うようにはいきませんね(笑)

野幌森林公園

でも雪景色は大好きなので、この景色を楽しみながらの雪中ハイキングは楽しかったです。

自然豊かで気持ちよく歩ける場所だったので、違う季節にも行ってみたい公園ですね。

観光客はあまり行かない公園のようですが、北海道の自然に触れたいと思う人にはおすすめです。

 

野幌森林公園へのアクセス

野幌森林公園【公式】

野幌森林公園は車で行った方がアクセスは良いと思います。

僕が行った大沢口にも駐車場がありました。

でも今回はレンタカーを借りていなかったので、電車とバスで大沢口に向かいました。

大沢口への行き方

新札幌駅で北レーン10番乗り場からJRバス「循環新83、82」に乗る。

文京台南町バス停下車徒歩9分。

時刻表は以下のリンクからNo.10を見てください。

JR北海道バス時刻表

その他にも入り口があり、その入口へのアクセスは公式ページに載っているので見てみてください。

 

ブログ紹介

今回情報をいただいたumeさんのブログをちょっと紹介。

ぷかぷか雑記帳

umeさんは北海道在住の方で、旦那さんのnaoさんと一緒に野鳥観察やカヤックを趣味にされています。

北海道で見ることが出来る野鳥や動物などの写真、カヤックを楽しむ姿などが掲載されています。

このブログを読むと、北海道で自然を満喫したくなります(笑)

naoさんが撮る写真がとても綺麗で、こんな風に撮れたらいいなぁって参考にさせてもらっています。

ミルト君という可愛いニャンコがよく登場するので、猫好きさんにもおすすめのブログです。

 

札幌の人気パン屋さん「どんぐり」でランチ

どんぐり パン

野幌森林公園を散策後、新さっぽろ駅に戻りお昼ご飯を食べるためにサンピアザの地下へ。

ここでイートインのあるパン屋「どんぐり」へ。

どんぐり【公式】

「どんぐり」は札幌市を中心に展開するパン屋でとても人気があるみたい。

12時くらいにいったんだけど、レジには行列が出来ていました。

パンの種類が多く、どれも美味しそうだし、ビックリするのはその値段。

どれも100円台という安さでした。

今回買ったのは上の写真の4つ。

ベーコンエッグ、ハイジのふわふわパン、北海道産マヨネーズコーン、ラムレーズン。

これにドリンク2つ付けて、税込み1148円でした。

そしてどのパンも美味しい!

北海道はパンが美味しいのは知ってたけど、こういうごく普通のパン屋でも美味しいのね~。

イートインでさっと食べることが出来るし、なかなか良かったです。

どんぐり新さっぽろ店【食べログ】

 

大倉山ジャンプ競技場からの景色は超絶景

大倉山ジャンプ競技場

続いて普通に札幌観光もしてみようと思い、大倉山に移動します。

大倉山にはスキーのジャンプ競技場があって、そのジャンプ台の上にリフトで上がることが出来るんです。

スキーのジャンプ台ってテレビで見ることはあっても実際に見ることはあまりないですからね。

せっかくなので、リフトに乗って上からの絶景を楽しんできました。

スキー場にあまり行ったことがない嫁さんは、リフトに乗るのに若干緊張気味だったけど、スタッフの方が丁寧に対応してくれるので問題なく乗れました(笑)

ジャンプ台の上からの景色は、札幌を一望できる絶景。

大倉山ジャンプ競技場

大通公園やモエレ山、札幌ドームなどが見えちゃいます。

大倉山ジャンプ競技場

大倉山ジャンプ競技場

とっても景色が良いので、時間に余裕があったら行ってみると楽しいですよ。

そして怖いのは、リフトで下る時ね。

上りは斜面を前にしているから良いけど、下りは下が丸見えですから(笑)

僕は若かりしころスノーボードをやっていたので、リフトは慣れていて怖くないんだけど、嫁さんはかなり怖がっていました。

大倉山ジャンプ競技場

でも、ひーーーって言いながら、根性で写真撮ってた(笑)

そして、僕が足をブランブランさせると、「足をバタバタすんじゃない!」って怒ってた。

怖がってはいたけど、楽しんでもいたようなので良かったです。

このリフトに乗るのも楽しいよ!

大倉山ジャンプ競技場

そして何より、このスキージャンプ台の高さや角度のきつさなどを間近で見られるのは面白いです。

ここを選手は飛んでいくと思ったら、人間業じゃないね(笑)

飛ぶって言うより、落ちるって表現の方が正しいもの。

スキーのジャンプ競技、間近で見たら迫力あるんだろうな~。

大倉山スキージャンプ競技場は、1972年の札幌オリンピックの会場にもなった場所。

なので札幌オリンピックミュージアムもすぐそばに建設されていて、その中を見学することも出来ます。

札幌オリンピックミュージアム

これは平昌オリンピックの時のメダル。

札幌オリンピックミュージアム

メダルも豪華なんだけど、メダルのケースも超豪華ね。

歴代のオリンピックのメダルも展示してありました。

札幌オリンピックミュージアム

これは歴代のオリンピック選手が来ていたユニフォームや道具など。

聞き覚えのある選手のものが飾られていて、懐かしい気分で見ることが出来ます。

上の写真に写っているのは、左から里谷多英さん、清水宏保さん、岡崎朋美さん、船木和喜さん、阿部雅司さんのもの。

冬季オリンピック、結構見ていたので、当時の選手が実際に身に着けていたものが見れてちょっと感動しました!

競技を疑似体験できるゲーム的なものあったり、なかなか楽しい場所でした。

 

大倉山ジャンプ競技場へのアクセスと料金

札幌大倉山展望台【公式】

大倉山ジャンプ競技場へは、バスで行くことが出来ます。

地下鉄円山公園駅からJRバス「円14」系統のバスに乗って、大倉山競技場入口バス停でおります。

そこから徒歩10分くらい場所にあります。

リフトとミュージアムの料金は以下の通りです。

 

【リフト料金】

  大人(中学生以上) 小人(小学生以下)
往復 500円 300円
団体(15人以上) 450円 270円

 

【札幌オリンピックミュージアム入館料】

  大人(中学生以上) 小人(小学生以下)
大人一名 600円 無料
団体(15人以上) 540円 無料
65歳以上 450円

 

森彦で珈琲タイム

森彦

朝から結構歩いて疲れていたので、円山公園の近くにあるカフェでちょっと休憩。

行ったお店は「森彦 本店」。

森彦【公式】

前回の札幌旅行時に鳥天さんから教えてもらって、気になっていたお店です。

前回は年末だったからお店が開いてなかったんですよねぇ。

珈琲好きな人やカフェ好きな人なら知っているであろう有名なお店で、とても人気があります。

この日も平日の16時半という中途半端な時間に行ったのにも関わらず3組待ちでした。

名前を書いて待つこと30分くらいで席に通してもらいました。

席を選らばなければ、20分くらいで入れたんだけど、2Fの席に行きたかったので空くまで待ちました。

森彦

嫁さんが、こんな感じの写真が撮りたかったんだって(笑)

席もすごく雰囲気があって良い感じです。

森彦

ここで美味しいコーヒーを飲みながらゆったりとした時間を過ごすのは贅沢ですよね~。

とは言えで並んでる人も多いので、1時間で席を空けてくださいというお願いがテーブルに置いてありました(笑)

席数も少ないですからね、それは仕方のないことかな。

僕たち夫婦は普段コーヒーを飲まないので、コーヒーの美味しさは全然わからないんだけど、ここはやっぱりコーヒーでしょということでコーヒーを注文。

森彦

意外とスッキリした後味で飲みやすいコーヒーでした。

スイーツはガトーフロマージュにしたんだけど、コーヒーにも合って美味しかったです。

森彦

森彦はコーヒーと同時にお店の雰囲気も楽しむお店ですね!

森彦

冬は薪ストーブの香りもして、さらに雰囲気良さがアップします。

そしてスタッフさんの対応もすごく丁寧で感じが良かったです。

気持ちよく珈琲タイムを過ごすことが出来ますよ~。

カフェ好きな人は是非行ってみて下さい。

難点は、いつも混んでいるってことかな(笑)

 

「いただきます。」で初ジンギスカン

いただきます。

この日の夕飯は、ジンギスカンに挑戦してみました。

何度か北海道に訪れてはいるんですが、ジンギスカンは臭いと思って敬遠してたの(笑)

だって他に美味しいものたくさんあるじゃない。

優先順位は低くなるよねぇ。

でも北海道のソウルフードだし、一度くらいは試してみようということで行ってみました。

行ったお店は「いただきます。」。

いただきます。【食べログ】

北海道産のサフォークを使用していて、臭みがないんだそうな。

お店に行ってみたら店内は満席だったけど、待っている人はいなかったので名前を書いて待ってみることに。

15分待ちくらいで席に通してもらえました。

席はカウンターのみ。

食べ方はよくわからなかったけど、お店の人がちゃんと教えてくれます。

いただきます

ということで、まずはジンギスカン(980円)と肩ロース(1790円)を注文。

さっそく焼いてみます。

いただきます

この中央が盛り上がった鉄板がジンギスカンっぽいですよね(笑)

野菜は周りで焼いて、お肉を中央で焼くみたい。

このお店、お肉に自信があるようで、最初は塩コショウのみで食べてねって言われた。

ということで、塩コショウでいただいてみます。

ちょっとくらいクセがあるんだろうなぁって思いながら食べてみると、あらビックリ。

全然臭み感じない!

というか、めちゃくちゃ美味しいやん!!

肉から滴る脂が旨いのよねぇ。

北海道のジンギスカンは臭みが少ないって聞いていたけど、あれは嘘じゃなかったんだ(笑)

このお肉ならバクバク行けちゃいます!

最初、無料のお野菜(モヤシ、玉ねぎ)が鉄板に乗っているんだけど、これが無くなったので、おかわり野菜を注文。

そしたら、モヤシがモリモリにやってきた(笑)

いただきます

美味しいお肉の脂を吸っているからか、モヤシも美味しいのよね。

次に北海道行っても、またジンギスカンに行きたいなって思えるくらいお肉が美味しかったです。

ジンギスカン、今まで食わず嫌いしてごめーん(笑)

僕と同じように食わず嫌いしている人、是非一度試してみてください!

 

夜パフェ専門店「パフェテリア パル」で〆パフェ

パフェテリア パル

この日の最後は〆パフェ。

北海道では食事や飲み会の後にパフェで〆るというのが流行っているそうです。

ということで、今回は「夜パフェ専門店 パフェテリア パル」というお店に行きました。

パフェテリア パル【公式】

混んでるかなぁって恐る恐る行ってみたら、並ばずに入れた(笑)

店内は暗めで大人な雰囲気です。

パフェテリア パル

お酒とパフェを楽しむって感じのお店ね。

メニューを撮ろうとしたら、撮っちゃダメって注意されたのでメニューの写真は無し。

注文したのはこの2つ。

パフェテリア パル

手前が「八剣山の冬(1750円)」というパフェで、奥が「ピスタチオとチョコレートのパフェ(1250円)」。

八剣山の冬の上に乗っている白いのはメレンゲで、口の中に入れると溶けちゃいます。

中に詰まっているミルクジェラートがとても美味しいパフェでした。

酸味のある苺との相性も良かったです。

スポンジケーキや竹炭の寒天なども入っていて、いろんな食感が楽しめるのも良かった。

そして「ピスタチオとチョコレートのパフェ」も美味しかった。

パフェテリア パル

上に乗っているピスタチオのジェラートがとても美味しい。

そしてその下にあるのがヴェローナ70%チョコレートのジェラートで、チョコ好きにはたまらない味です。

中にはミルクジェラートが入っていて、アイスが中心のパフェだけどとても美味しかった。

見た目も味も楽しめるパフェでした!

札幌に行ったら〆パフェも楽しもう!!

パフェテリア パル【食べログ】

 

まとめ

以上、札幌旅行3日目の記事でした。

朝から晩まで札幌を満喫した1日。

午前は自然を午後はグルメを思う存分楽しみました。

野幌森林公園で野生動物会えなかったのは残念でしたね。

でも初のジンギスカンにも挑戦して、美味しいということも分かったの大きな収穫かな(笑)

北海道行ったらジンギスカン、是非食べてみましょう!

札幌、楽しい場所がありすぎて、旅行するには日数が足りません(笑)

1日に色々詰め込み過ぎて、ホテルに帰るころにはヘロヘロになっておりました~。

北海道旅行ならJALパックがおすすめ!

JALパックで予約する⇒

航空券+宿泊でお得に予約できます。

あわせて読みたい

この記事の写真は基本的にこちらのカメラを使って撮影しています。

オリンパス ミラーレス一眼 OM-D EM-5、EM-10で撮った写真を紹介!うちのカメラはこれ!

北海道のまとめページへ

 

ブログランキングに参加しています。

この記事が参考になったら、下記のボタンをぽちっとしてもらえると励みになります。

旅行記ブログランキング

-北海道
-, , , , ,

Copyright© しむしむ旅行記 , 2020 All Rights Reserved.