長野県観光スポット

冬の鷲が峰ひゅってに宿泊!薪ストーブが香る大人な雰囲気の山小舎だった!

2022年2月22日

鷲ヶ峰雪山登山

鷲が峰ひゅっては、霧ヶ峰にひっそりと佇む山小舎。

八島湿原のすぐそばのとても静かな場所に建っています。

冬は薪ストーブが付けられていて、薪が燃えるパチパチという音、薪の香りが部屋中に広がります。

そして暖色系の明かりなどでとても暖かみのある落ち着いた大人な空間になっています。

オーナーのこだわりがギューッと詰まった空間で山の静かな時間を過ごすのは最高!

1日2組限定のお宿で、フレンチレストランで修業したオーナーが本格的なフレンチを出してくれるのもこのお宿の特徴。

山の中で少し豪華で、静かなひと時を過ごしたい人にピッタリの山小舎です。

楽天トラベルで夏のバス旅行を予約するとポイントが最大15倍!⇒

鷲が峰ひゅっての建物や周辺の雰囲気

鷲ヶ峰ひゅって

鷲が峰ひゅっては、1959年に建てられた古い山小舎です。

木造の建物で年季が入っていますが、すごく趣があって素敵な雰囲気。

とても気持ちよいロケーション

鷲ヶ峰ひゅって

宿の目の前には草原が広がっていて、とても気持ちの良い場所にあります。

冬になると辺り一面が雪景色に。

鷲ヶ峰ひゅって

宿の目の前がこの景色って、宿泊する前からワクワクしちゃいますよね。

鷲が峰ひゅっては、うちの嫁さんが以前から一度行ってみたいと思っていた山小舎。

鷲ヶ峰ひゅって

嬉しすぎて、入口を見ただけでテンション上がってました(笑)

鷲ヶ峰ひゅって

雪の中に木造の建築が建っていると、それだけで絵になりますね。

鷲ヶ峰ひゅって

建物の側に薪が積み上げられいる様子も、雪国に来たなって感じで良いね。


オーナーさんのこだわりが詰まった居間

鷲ヶ峰ひゅって

玄関から一歩足を踏み入れると、見ただけで心が温かくなるような雰囲気。

木のぬくもりや香りが感じられる室内で、ランプの明かりが優しいオレンジ色になっていて、どこか気持ちが落ち着く感じ。

居間の真ん中には大きな薪ストーブがあって、常にパチパチと音を立てながら燃えていました。

鷲ヶ峰ひゅって

薪ストーブの火って暖かいし、見てるだけで気持ちも温かくなりますね。

置いてある小物もオーナーさんのこだわりのもが多く、とても素敵です。

鷲ヶ峰ひゅって

ランプに照らされた小人の置物。

なんか日本じゃないみたいですよね(笑)

鷲ヶ峰ひゅって

レトロなものも多数おいてあって、それがまたオシャレ。

上の写真は昔の登山の本や登山靴ですね。

鷲ヶ峰ひゅって

夜になるとランプの明かりが灯されて、一段と素敵な雰囲気になります。

この居間は宿泊客が自由にくつろいで良い場所で、夜の9時まで利用できます。

鷲ヶ峰ひゅって

本棚にはたくさんの本が並べてあって、薪ストーブに当たりながらのんびりと読書をするなんて最高の時間の過ごし方。

鷲ヶ峰ひゅって

野鳥の本も何冊かおいてあったので読んでみたりして(笑)

鷲ヶ峰ひゅって

オセロも木製で、これまたオシャレ~(笑)

鷲ヶ峰ひゅって

昔のスキーやワカンなどもインテリアとして飾ってありました。

置いてある小物類が、どれもこれもオシャレで、嫁さんのシャッターを押す指が止まらなかった(笑)

ずーっとこの居間にいたくなる、そんな雰囲気でした。

本来すごくのんびりすべき部屋なんだけど、うちの嫁さんは忙しそうに写真撮ってましたけどね(笑)


大きな窓と大きなテーブルの食堂

鷲ヶ峰ひゅって

こちらは居間の隣にある食堂です。

木製の大きなテーブルが置いてあって、ここもまた素敵な雰囲気。

1日2組限定なので、他のお客さんと距離を開けて食事を出来るのも今のご時世嬉しいかも。

鷲ヶ峰ひゅって

食堂には大きな窓があって、そこからは気持ちの良い景色を眺めることが出来ます。

鳥の巣箱なんかも置いてあったので、春になったら小鳥もたくさんやってくるのかな。

綺麗な景色を眺めながら美味しい食事を食べれれるのは最高です(笑)

鷲ヶ峰ひゅって

食堂の大きな窓にはこんな模様も。

これって窓霜って言うのかな。

すごく幻想的な模様が出来てました。

この宿のすべてが美しく見える(笑)


客室と2Fの部屋

鷲ヶ峰ひゅって

2Fは客室と読書室などがあります。

上の写真は、階段の踊り場についてる窓。

窓の外に見える景色がまるで絵画のようですよね。

鷲ヶ峰ひゅって

2Fの廊下は1Fから吹き抜けになっていて、薪ストーブの煙突も抜けてきています。

ここには登山ウェアなどの濡れたものを干しておくと乾きが早いかも。

この辺りは、山小舎って感じしますよね。

元々部屋は7号室まであったんだけど、今は1日限定2組までなので客室は2部屋のみ。

他の部屋は読書室として共有スペースとなっていました。

鷲ヶ峰ひゅって

こちらの読書室は、ガラス製のチェスなんかが置いてありました。

窓も大きいので、景色もすごく良い。

ここでのんびりするのも良いかもね。

鷲ヶ峰ひゅって

こちらはもう1つの読書室。

畳の部屋にレトロなサッカーゲームが置いてあります。

鷲ヶ峰ひゅって

これ、テレビドラマでしか見たことないぞ(笑)

もちろん遊ぶことも出来る。

2Fものんびりくつろげるようになっていました。

そして客室はこちら。

鷲ヶ峰ひゅって

大きなコタツを置いてくれていました。

そのほかに石油ストーブもいてくれていたので、日中はそれほど寒さは感じなかったかな。

ただ夜中はかなり冷え込むので、布団をかけていても寒かったです。

宿の方が湯たんぽを用意してくれたのはすごく嬉しいサービスでした。

とはいえ結構寒いので、寝る時の防寒具もあった方が良いです。

僕はフリースを着て寝ましたが、それでも少し寒かったので。


客室からの景色も最高!

鷲ヶ峰ひゅって

これは部屋の窓から見た夕日。

外は寒いので、部屋の中から夕日が見られるのはすごく嬉しい。

雪が少しオレンジ色になる様子がすごく綺麗でした。

鷲ヶ峰ひゅって

このお宿、お風呂やトイレにも窓があって、そこからも綺麗な景色が眺められます。

嫁さんはちょうど陽が沈む時にお風呂に入っていたので、夕日を見ながらお風呂に浸かるという幸せなことをしてました(笑)

鷲ヶ峰ひゅって

そしてこちらは朝日。

ちょっと雲が多めで、太陽は拝めなかったんだけど、朝日で焼ける空は楽しめました。

これも部屋の窓から撮った写真。

遠くの方に車山や蓼科山も見えます。

部屋にいながら絶景が楽しめるお宿ですね。

鷲ヶ峰ひゅって

本当は夜中起きて星も見ようと思っていたんだけど、起きれませんでした(笑)

星もかなり綺麗に見えたと思うなぁ。


トイレと洗面台について

トイレと洗面台は、グループごとに専用のものを用意してくれています。

〇号室の人はこちらのトイレと洗面台を使ってくださいって感じで。

今の状況下で他のお客さんとトイレや洗面台を共有しなくて良いのは嬉しいですね。

ドライヤーも完備しているし、歯ブラシやタオルなども用意してくれています。

ちなみにトイレは水洗ではありません。

でもすごく綺麗にしてくれているので、不快感はゼロ。

ただ、トイレに座っていると、冷気がお尻に当たって少し寒いという難点はあります(笑)


鷲が峰ひゅっての食事

鷲ヶ峰ひゅって

鷲が峰ひゅってのお楽しみは何といっても美味しいフランス料理が楽しめる食事。

東京の高円寺のフランス料理店で修業したオーナーさんが作るフレンチは本格派。

山小舎でこの料理が食べられるというだけでもすごいことだと思います。


夕食はフレンチのコース料理

鷲ヶ峰ひゅって

この日の夕食のメニューはこちら。

メニュー見ただけでワクワクしちゃうね。

鷲ヶ峰ひゅって

時間になってテーブルに行くと、シェフの姿をしたオーナーさんが迎えてくれます。

そしてテーブルにはショープレートも。

山小舎で食べるご飯とは思えない演出ですね。

鷲ヶ峰ひゅって

お酒が苦手な夫婦なので、飲み物はノンアルコールのスパークリングワインをいただきました。

気分だけでも味わいたかったので(笑)

最初の料理は生ハム。

鷲ヶ峰ひゅって

スモークされた生ハムにはカリフラワーが包み込まれていました。

カリフラワーのコリっとした食感に、味わい深い生ハムの相性がとても良かったです。

ソースは酸味と甘みが効いて、生ハムの美味しさを引き立ていました。

続いてエスカルゴのチーズフォンデュ。

鷲ヶ峰ひゅって

ちっちゃなストウブで出てくるのがまずオシャレですよね~。

中にはたっぷりとチーズが入っていて、濃厚だけどくどくない美味しいチーズでした。

エスカルゴ、ブロッコリー、キノコなどが入っていて、結構食べ応えもあります。

チーズ大好きなので、チーズだけでも美味しくいただけちゃうくらいでした(笑)

エスカルゴなんて何年ぶりに食べたんだろう。

表面の香ばしく焼けた部分もすごく美味しかった!

次は森のキノコのスープ

鷲ヶ峰ひゅって

細かくカットされたキノコがたくさん入ってます。

スープから漂う香りが、すでにキノコ(笑)

キノコをふんだんに使われて作ったんだろうなって感じのスープでした。

コンソメベースで、キノコの旨味が強く出てて、とーっても美味しかった!

メインは特製ビーフシチュー。

鷲ヶ峰ひゅって

ぱっと見、シチューっぽくないんですけどね。

食べるとビーフシチューでした(笑)

薄くカットされたお肉を巻いて立てて盛り付けてあります。

その上にレバーのパテが乗せてあって、そのパテと一緒に食べると味わいが濃厚になって美味しい。

周りのデミグラスソースもすごく美味しいし、お肉もしっかり煮込んであるのかな。

とても味わい深いお肉でした。

サラダはトマトにアンディーブが添えてあって、一緒に食べるとアンディーブのシャキシャキとした食感が面白かったです。

ドレッシングがニンニクベースで、意外とさっぱりしていて美味しかったです。

結構お腹もいっぱいになりました(笑)

お口直しはピスタチオのソルベ。

鷲ヶ峰ひゅって

ピスタチオの香りがとても強く、食感もすごく滑らかで美味しいソルベでした。

あと10個くらい食べたい(笑)

最後にデザート。

鷲ヶ峰ひゅって

クレームショコラです。

濃厚なチョコレートムースの上に、液状の生クリームがかけてあります。

チョコレートムースだけでもすごく美味しいんだけど、この生クリームを混ぜて食べると、超まろやかになって美味しかった。

口の中でとろけるような食感も良い!

メインディッシュでお腹パンパンになった嫁さんがいらないって言うので、嫁さんのも頂いた。

それでも足りないくらい美味しかった(笑)

この日出てきた料理すべてが美味しく、そして量も結構あったのでお腹もいっぱいになりました。

美味しい物でお腹いっぱいになるって幸せ~。


朝食はアメリカンブレックファスト

鷲ヶ峰ひゅって

朝食はあっさりめです。

パンと目玉焼き、ベーコン、チーズ、キャベツ、グリンピースなど。

キャベツは蒸したか茹でたかわかりませんが、巻いてあるだけなんだけど、甘みが強くて美味しい。

きっと地元で採れたキャベツなんだろうな~。

鷲ヶ峰ひゅって

パンはフランスパンやイチジクのパン、クロワッサン、ロールパンの盛り合わせ。

どのパンも美味しかったです。

鷲ヶ峰ひゅって

パンに付けるものは3種用意してくれていました。

青カビのチーズ、杏ジャム、発酵バター。

ジャムの中に何かスパイスっぽいのが入ってる感じがして、それがアクセントになっていて美味しかったです!

何が入ってるか聞けばよかった(笑)

今には大きいレトロな掛け時計があって、そのチクタクという音が心地良いです。

その音を聴きながら、窓の外を眺めつつ紅茶を飲むのは至福の時間でした。

このお宿は、時間がすごくゆっくりと流れていく感じがしてすごく癒されました。


鷲が峰ひゅっての料金と予約方法

鷲が峰ひゅっての料金は、以下のようになっています。

ベーシックプランガイド付きパッケージ
1室1名19000円27000円
1室2名15000円21000円

※上記価格は1人当たりの料金で税別です。夕食、朝食付きでサービス料も含まれます。冬季(11月~3月)は暖房費として800円(税別)がプラスされます。

今回はガイド付きパッケージを利用しました。

ガイド付きパッケージでは、八島湿原のスノーシューハイキングツアーが付いていて、しかもその日の昼食も込みでプラス6000円だったのでとてもリーズナブルだと思う。

昼食は鷲が峰ひゅってで、美味しいカレーを食べることが出来るので、かなりおすすめですよ!

予約は公式ぺージから行えます。

鷲ヶ峰ひゅって【公式】

空き状況も見ることが出来るので、気になる人は見てみてね。

ちなみにこのお宿は少人数で静かに過ごすというコンセプトのお宿なので、お子様連れや1組3名以上の人は宿泊することは出来ません。

八島湿原のスノーシュー体験についてはこちらの記事で書いています。


鷲が峰ひゅってへのアクセス

公共交通機関で行く場合、冬季はバスが出ていないので、タクシーで行く必要があります。

JR上諏訪駅からタクシーで40分くらい。

料金は8000円弱ってところです。


鷲が峰ひゅっては素敵すぎる山小舎だった

以上、鷲が峰ひゅってに宿泊したレポートでした。

自然に囲まれたロケーションが良く、景色も最高。

オーナーさんのこだわりが詰まった室内の雰囲気も最高。

お料理もすごく美味しくて最高。

そして何よりオーナーさんご夫妻の人柄がとても良く、気持ちよく宿泊することが出来ました。

オーナーさんご夫妻の人柄に触れるだけでも心が温まりますよ。

霧ヶ峰方面でまた一つお気に入りの宿が増えちゃいました(笑)

違う季節にも行ってみたいなぁ。

カメラについて

うちはOM SYSTEM(旧オリンパス)のカメラを使って写真を撮っています。

使用しているカメラやレンズについてはこちらでまとめています。

うちのカメラはこれ⇒

ブログランキングに参加しています

この記事が参考になったら、下記のボタンをぽちっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ しむしむ旅行記 - にほんブログ村

長野県の記事まとめ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しむしむ

しむしむと申します。東京在住の48歳のおっさんです。嫁さんと旅行やお出かけするのが趣味。実際に行ったところや見たものを記事にしてるので、同じ場所に行きたい人の参考になればと思います。ツイッターとインスタも始めたので、良かったらフォローよろしくです!

-長野県観光スポット
-, ,