山梨県 登山&ハイキング

夏の大菩薩嶺登山へ!初心者でも綺麗な景色が楽しめる登山コース。その距離と内容は?

2019年8月19日

大菩薩嶺登山

2019年8月17日に、山梨県の大菩薩嶺の登山に行ってきました。

夏の大菩薩嶺は今回が初めてだったんだけど、緑が鮮やかでとても綺麗な景色を楽しむことが出来ました。

標高が2000m付近と高いので、都心よりも気温は低め。

陽がかげると涼しいくらいです。

真夏の登山にも向いてる場所ですね。

鹿の群れの目撃情報も多かったので、鹿を見るのも今回の登山の目的。

果たして、鹿と会うことは出来たのか!

登山コースの内容などをレポートしていきます。

今回の登山のコース

今回の登山コースは、上日川峠からスタートして、上日川峠に戻ってくるルートにしました。

  1. 上日川峠:10時17分出発
  2. 福ちゃん荘:10時41分着
  3. 雷岩:12時04分着
  4. 大菩薩嶺:12時19分着
  5. 雷岩:12時33分着(付近で20分程度ランチ休憩)
  6. 神部岩:13時13分着
  7. 賽の河原:13時39分着
  8. 親不知ノ頭:13時45分着
  9. 大菩薩峠:13時56分着
  10. 勝緑荘:14時42分着
  11. 富士見荘:14時45分着
  12. 福ちゃん荘:14時50分着
  13. 上日川峠:15時04分着

このルートを地図に示すと以下のようになります。

詳しい山行記録はヤマレコの方にアップしているので、そちらをご覧ください。

ヤマレコ山行記録

山行記録をつけていると、アプリをずっと起動させておく必要があるので、スマホの充電がなくなりやすいです。

なので僕はいつもこれを持って行ってます。

10000mAhの大容量なのに、とても小さくて軽量です。

どれくらい充電が残っているかが、ランプでわかるのも良いです。

充電も早いので、すごく便利!

とても高性能なモバイルバッテリーで重宝しています。

そして今回のコースを僕の独断と偏見で★で示すこうなります。

  • 所要時間4時間47分(休憩48分くらい)
  • 山行時間:3時間59分
  • 歩行距離:約8.4km
  • 高低差:452m
  • 累積標高(上り):514m
  • 累積標高(下り):477m
  • 体力消耗度:
  • 足つりそう度:
  • 斜面のきつさ:
  • 道の険しさ:
  • おすすめ度:

ヤマレコで見ると、いつも歩くスピードは標準くらいで、登山が終わった後はヘロヘロになるくらいの体力の僕の評価です。

体力に自信がある人や健脚な人だと、評価や感想は変わると思うので、その点はご了承くださいね。

大菩薩嶺の標高が2037mと高めですが、バスや車で上日川峠まで行ってしまえば、登る高さはそんなにありません。

累積標高も500m程度なので。

とはいえ、唐松尾根方面のコース(福ちゃん荘から雷岩まで行くルート)は、このコースの中でも斜面が急で険しめのガレ場を行くので、それなりに疲れるし汗もかきます。

でも、急なガレ場を下るのは滑りやすいし、足にもダメージが結構来るので、このルートを帰りに歩くのは、結構大変だと思います。

そういう意味でも、唐松尾根方面のルートを登りで使って、帰りは大菩薩峠の方から福ちゃん荘に戻ってくるルートをおすすめします。

今回、僕が歩いたルートね。

2000m級の山の稜線を比較的気軽に歩けるという意味では、初心者にもおすすめの山だと思います。

ちなみに昨年の秋に大菩薩嶺を登った時は、帰りを大菩薩嶺~丸川峠~大菩薩峠登山口というルートにしたのですが、かなり大変でした(笑)

距離も長いし、結構急な斜面を下りたりするので。。。

がっつり歩きたい人は良いけど、気軽に登山を楽しみたい人には、そっちのルートはおすすめしません。

その様子はこちらの記事で書いているので、気になる人は読んでみてください。

大菩薩嶺登山
大菩薩嶺は登山初心者でも稜線歩きが楽しめるハイキングコース!富士山の絶景も待っている!

10月に入ってどんどん秋めいてきまいたね。 気温も適度に下がってきて、登山をするのも良い季節になりました。 山の上の方では、紅葉も進んでいるので、歩いてて楽しい季節です。 ということで、2018年10 ...

続きを見る

今回の記事と見比べると、夏と秋の大菩薩嶺の景色の違いも分かって面白いと思います。

 

 

大菩薩嶺登山の内容

大菩薩嶺登山の内容を写真多めで紹介していきます。

 

上日川峠~福ちゃん荘

ロッヂ長兵衛

登山のスタートは、上日川峠から。

上日川峠のバス停付近には「ロッヂ長兵衛」があります。

ロッヂ長兵衛【公式ページ】

この付近には公衆トイレもあるので、まずはここで登山の準備を行います。

ロッヂ長兵衛では、桃も売ってました。

ロッヂ長兵衛

1個100円でも売っていて、それを購入して登山前にかぶりついている人もいました(笑)

うちは1箱お取り置きさせてもらい、帰りに受け取ることに。

取り置いてくれるのは嬉しいですよね!

この桃をゲットするのも今回の登山の目的の一つだったので、まずは達成できてよかった(笑)

ということで、おトイレも済まし、いざ登山開始!

まずは福ちゃん荘をめざして歩きます。

上日川峠から福ちゃん荘までは、木々が生い茂る林の中の登山道を行きます。

大菩薩嶺

深い緑に囲まれた登山道で、すごく気持ちがよい!

この日、都心では37度とかなりの猛暑だったようですが、ここは結構涼しかったです。

直射日光が当たるところはそれなりに暑くなるけど、木陰に入ると涼しくて歩きやすかった!

大菩薩嶺

夏の登山は、この鮮やかな緑の中を歩いて行けるのが良いですよね~。

今にも鹿が出てきそう(笑)

と、辺りを見回して歩くも、この近辺では見つかりませんでした。

福ちゃん荘までは、少し登りがあるものの、とてもお手柔らかなので軽く歩けちゃうと思います。

 

福ちゃん荘~雷岩

福ちゃん荘

福ちゃん荘では、食事が出来たりかき氷が食べられたり出来るので、まずはここで一休みする人が多いです。

僕たちもここで一休み。

夏場は、こんな嬉しいものも売っています。

福ちゃん荘

冷たい水で冷やした桃!

1個150円だったので、1つ買ってみました。

福ちゃん荘

キンキンとまではいかないけど、冷えていました。

そして、皮ごとかぶりつくと果汁がジュワーッと溢れてくる(笑)

あまーーーい!!

うまーーーい!!

山梨の桃はやっぱり美味しいね。

これは食べておかないと損です(笑)

美味しい桃で一息ついた後、登山再開です。

大菩薩嶺

福ちゃん荘付近に分岐があるので、ここで唐松尾根方面に向かいます。

大菩薩嶺

ササが生い茂る中を歩いていきます。

辺り一帯、緑に包まれていて、すごく気持ちの良い登山道です。

道の状態はこんな感じです。

大菩薩嶺

石や岩がゴロゴロしているけど、勾配自体はそんなに急じゃないので、問題なく歩いて行けます。

これくらいの道の方が登山してる~って感じで良いよね!

しばらく歩いていると、急に辺りが暗くなります。

大菩薩嶺

一瞬にして霧に包まれました。

天気が変わりやすいなぁ。

でも風もあって、晴れたり霧がかったりしてました。

霧の中に入ると、すごくひんやりしたね。

真夏とは思えなかった(笑)

辺りには、黄色い花がチラホラと咲いていました。

大菩薩嶺

マルバダケブキという花。

この花はいろんなところに咲いていました。

花も楽しみつつ歩いていると、だんだんと道も険しくなっていきます。

大菩薩嶺

でもまだまだ体力には余裕があるので、難なく登っていきます。

そして前方に苔に覆われた、立派な木を発見。

大菩薩嶺

前日の雨の影響か、水の滴が滴っていました。

大菩薩嶺

これがまた、なんとも神秘的な景色を作り出していました。

嫁さん、思わず写真を撮るのに夢中になっていました(笑)

こういう小さな景色も美しい!

登山道はだんだんと勾配が急になっていきます。

大菩薩嶺

道もガレガレになってきて、滑りやすくなっていきます。

登るのはまだいいけど、これを下りるとなると、結構きついかもね。

大菩薩嶺

急な勾配を登って行くと、辺りの景色が変わっていきます。

振り返るとそこには絶景が。

大菩薩嶺

とても見晴らしが良くなってきました!

大菩薩嶺

ヤマホタルブクロも咲いていました。

大菩薩嶺

こちらは「オニユリ」かな。

そしてこちらは群生していた、「コウリンカ」という花。

大菩薩嶺

この花が群生しているのがまた綺麗。

大菩薩嶺

少し開けてきて、こんな美しい景色も楽しめます。

大菩薩嶺

チョウやハチなどの昆虫もたくさん飛んでた。

そして、赤とんぼもいっぱい。

大菩薩嶺

山の上は秋が近づきつつあるようです。

ここまでくると雷岩まであと少し。

風もあり雲の流れが速い。

標高が高いからこその景色ですね。

とても幻想的でした!

そして雷岩に到着。

急登もあり、それなりに疲れたけど、他の山に比べたらお手柔らかかな。

大菩薩嶺

雷岩の上に登って、景色を楽しむ嫁さん。

雷岩から見える景色がこちら。

大菩薩嶺

遠くの山々まで見渡せます。

本当だったら、富士山も見えるんだけど、この日は雲に覆われていてみることが出来ませんでした。

ん~~、残念。

大菩薩嶺って言ったら、富士山が見える景色が有名なんですけどねぇ。

 

雷岩~大菩薩嶺~雷岩

大菩薩嶺

雷岩から大菩薩嶺頂上を目指します。

雷岩付近や大菩薩嶺の頂上付近でシカの目撃情報が多かったので、辺りを注意深く見ながら歩きます。

山頂付近は木も多く、木陰になっていて涼しい。

苔もたくさん生えていて、これまたコダマが出そうな神秘的な景色が広がります。

そして頂上到着。

大菩薩嶺

大菩薩嶺の頂上は、木々に囲まれているため、眺望が望めないのが残念。

でも木陰になっているので、涼しい場所でお弁当が食べたいっていう人には良い場所かもね。

そして鹿は、見当たりませんでした~。

ん~、おかしい。

100%見られると思っていたのに。。。。

そんなことを思いつつ、雷岩に戻ります。

戻る道すがら、鹿を探すも全く気配なし。。。。

え、今日もしかして見れないの??

 

雷岩~大菩薩峠

大菩薩嶺

雷岩から大菩薩峠方面に向かいます。

このルートは稜線歩きがとても楽しいルート。

途中で適当な岩を見つけて、まずはモグモグタイムです。

新宿駅で買っておいたおにぎり。

山の上でのおにぎりは、いつ食べても最高や!

おにぎりをモグモグしていると、何やら近くで鳥の鳴き声が。

おもむろにカメラを構えてみる。

そして撮れた写真はこちら。

大菩薩嶺

コガラさんです!

黒い帽子をかぶってる感じが特徴の小鳥ね。

次か次へ枝を移って行くから写真撮るのが難しい。

やっと撮れた一枚も若干ピンボケ(笑)

そしてピントが合った写真が一枚取れた!

大菩薩嶺

と思ったら、枝で顔が隠れてるって言う、なんとも残念な結果に。

野鳥撮影、まだまだ修行が必要ですねぇ。。。

モグモグタイムを終えて、大菩薩嶺の醍醐味稜線歩きへ!

大菩薩嶺

こんな感じの道を歩いていきます。

夏は辺りが緑色になっていて、すごく清々しい気分で歩けます。

時々、景色が良さげな場所を見つけて、こんな写真も撮ってみる。

大菩薩嶺

山登った~!って感じの写真になってますよね(笑)

岩は少し高いところにあるので、落ちたら怪我すると思うので、写真撮る時は落ちないように気を付けましょう。

こんな写真を撮ったりして、楽しみながら稜線を歩いていきます。

大菩薩嶺

鹿、いないかなぁって思いながら、稜線を眺める私。

いないんだよねぇ、鹿(笑)

こんな登山道見たら歩きたくなりますよね~。

大菩薩嶺

ここからも富士山は見えず。

それでも、とても綺麗なパノラマビューが楽しめます。

夏は山の斜面が緑色なのが良いな。

大菩薩嶺登山

めちゃくちゃ美しい景色でしょ。

僕も嫁さんんも、終始ニコニコしながら歩いていました。

目も癒されるよね~。

大菩薩嶺登山

道は、結構石や岩が多かったりするので、下りは滑らないように気を付ける必要があります。

多少勾配もあるけど、そんなにきつくはありません。

大菩薩嶺登山

写真撮りながら稜線歩きを楽しんでいると、大菩薩峠に到着します。

大菩薩峠

大菩薩峠でちょっと小休止。

 

大菩薩峠~福ちゃん荘~上日川峠

ここまで来たら、後は上日川峠に戻ります。

ここまで鹿には会えなかったから、今回は会えないんだとあきらめムード。

それでも、辺りを見渡しつつ下山します。

そしたら、森の奥の方に。。。。

大菩薩嶺登山

いた~~~!!!

しーかー!!!

大菩薩嶺登山

それも鹿の群れ―!!!

結構遠くだったんだけど、嫁さんに鹿いた~って言うと、慌てる嫁(笑)

写真を撮ろうにも、慌てて上手く撮れず、「落ち着け私」って言ってた。

あまりにも鹿に会いた過ぎて、実際に見つけたらプチパニックを起こしたのね(笑)

そして僕はというと、落ち着いてるつもりだったけど、体は焦っていたのか石につまずき捻りました。。。

下山してる時、とても痛かった(苦笑)

どうも野生動物を発見すると、テンションが上がってしまう夫婦なんですねぇ。

辺りを見渡すと、結構な数がいて、目視出来ただけでも9頭いました。

ちょっとしたら嫁さんも落ち着きを取り戻し、写真もパシャパシャ撮れました。

大菩薩嶺登山

結構離れてたけど、望遠レンズがあって良かった。

鹿のみなさん、ちょいちょいこちらを見ます。

大菩薩嶺登山

この子もこちらをちらり(笑)

可愛い顔してやがる!!

こちらはバンビちゃんかな。

大菩薩嶺登山

ちょっと小さめの鹿も何頭かいました。

バスの時間があったので、あまりゆっくり撮影は出来なかったんだけど、鹿の群れ発見できてよかった!

目的達成です。

他の人のインスタを見ていると、オコジョを見ている人もいたんだけど、それは見つけられませんでした(笑)

やりたいことを達成したので、後は急いで戻るのみ。

大菩薩峠から福ちゃん荘までの道のりは、比較的勾配も緩やかだし道も整備されているので歩きやすいです。

こちらのルートには小川も流れていたりして、行きとは違う景色が楽しめます。

大菩薩嶺登山

こんな苔に覆われた世界などもあったり。

大菩薩嶺登山

帰りに福ちゃん荘で桃を見てみたら、1個100円になっていた!

大菩薩嶺登山

食べたかったけど~。

時間がなかったので断念。

木々の緑も美しいし、下山も森林浴を楽しみながら歩くことが出来ます。

大菩薩嶺登山

終始とても気持ちよく歩くことが出来ました。

上日川峠に着いたのは15時04分。

乗りたかった、15時のバスは行ってしまった。。。。

鹿に時間取られたからしかたないねぇ。

ということで、15時45分のバスで帰ることにしました。

バスが来るまでロッジ長兵衛でかき氷を楽しんで待ちました。

ロッヂ長兵衛

いちごみるく~。

疲れた体に練乳の甘さが染みわたります(笑)

そして、お取り置きしてもらっていた桃も受け取ります。

大菩薩嶺登山

大きな桃が6つと小さな桃2つの計8つ入って1000円です。

そして帰って冷やして食べましたが、めちゃくちゃ甘くて美味しい!!

これ、もう一箱欲しかった(笑)

でもバスで帰るから1箱が限界。

車だったら2~3箱欲しい桃でした。

登山初心者や一人で山に登るのが不安という人には、クラブツーリズムで登山ツアーも開催しています。

登山ガイドと一緒に登山やハイキングが出来るので、初心者でも安心して登山が出来ます。

ハイキング&登山ツアーはこちら⇒

お一人様もOKだし、女性限定ツアーなんかもあるので、興味のある人はクラブツーリズムのホームページを見に行ってください。

登山道までのアクセスは

新宿から登山道までのアクセスを紹介します。

【行き】

  • 新宿7時03分~大月8時01分 特急かいじ(臨時便)
  • 大月8時16分~甲斐大和8時33分 中央本線普通
  • 甲斐大和9時20分~上日川峠バス停10時05分 バス(栄和交通)

 

【帰り】

  • 上日川バス停15時45分~16時35分 バス(山梨交通)
  • 甲斐大和16時42分発中央本線で高尾へ。高尾から中央線。

行きは甲斐大和に着いたときは、バス停に行列は出来ていなかったが、バスが来る頃には結構な列が出来ていた。

とはいえ、バスの本数は出してくれていたので、並んでいる人みんな乗れたんじゃないかなぁ。

次のバスが来るまで、多少待つ必要はあるので、早めにバス停にいたほうが良いとは思う。

駅の近くにセブンイレブンがあるので、食料や飲み物などを買えるのが良いね。

バスは、結構な山道を行くので、酔いやすい人は要注意。

上日川周辺には駐車場もあるけど、バスが着いたときにはすでにいっぱいだったので、車で行く人は早めに行った方が良いでしょう。

バスの時刻表はこちら。

大菩薩上日川峠線時刻表

帰りのバスは15時45分が最後なので、間に合うように下山してきましょうね。

 

今回の登山の装備

今回の登山に持って行った装備や服装はこちら。

  • 薄手のウインドブレーカー(ユニクロポケッタブルパーカー)
  • 乾きやすいスポーツタイプのTシャツ(モンベル)
  • 着替え用Tシャツ(モンベル)
  • 七分丈のズボン(モンベル)
  • 登山用靴下(モンベル)
  • トレッキングシューズ(コロンビア)
  • ザック30L(モンベル)
  • レインウェア
  • 飲み物(ポカリスエット500ml1本、緑茶500ml2本)
  • 塩分補給用タブレット
  • タオル
  • モバイルバッテリー
  • スマホ
  • カメラ
  • 双眼鏡
  • 地図

山の上は涼しいとはいえ、歩いているとすごく汗をかくので、Tシャツで十分でした。

後で着替えるように替えのTシャツを持って行った方が良いですね。

僕は使いませんでしたが、山の上で陽がかげったり風が吹くと少し涼しく感じるときもあるので、ユニクロのポケッタブルパーカーのような羽織るものもあると良いかもね。

汗はかなりかくので、塩分補給用タブレットやスポーツドリンク、お茶などの飲み物は忘れずに。

カバヤ食品 塩分チャージタブレッツ 90g×6袋

カバヤ食品 塩分チャージタブレッツ 90g×6袋

480円(11/18 08:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

何かあった時のために上の地図も持って行くようにしておきましょう。

山と高原地図 大菩薩嶺 (山と高原地図 25)

山と高原地図 大菩薩嶺 (山と高原地図 25)

1,100円(11/18 21:26時点)
発売日: 2019/02/15
Amazonの情報を掲載しています

 

まとめ

以上、夏の大菩薩嶺登山でした。

夏は緑色が鮮やかで、秋とは違う美しさがありました。

歩いていて、とても清々しい気持ちになれる(笑)

目的の鹿にも遭遇出来たし、桃もゲット出来たので、大満足の登山でした。

登る距離もそんなに多くないので、登山初心者でも登れる山だと思います。

気温もそれほど暑くないので、夏登山にも向いていますね。

緑の稜線を歩きに行ってみていはいかがでしょうか!

あわせて読みたい

この記事の写真は基本的にこちらのカメラを使って撮影しています。

オリンパス ミラーレス一眼 OM-D EM-5、EM-10で撮った写真を紹介!うちのカメラはこれ!

登山&ハイキングのまとめページ

山梨県まとめページ

 

ブログランキングに参加しています。

この記事が参考になったら、下記のボタンをぽちっとしてもらえると励みになります。

旅行記ブログランキング

-山梨県, 登山&ハイキング
-, , , ,

Copyright© しむしむ旅行記 , 2019 All Rights Reserved.