山梨県 登山&ハイキング

秋の西沢渓谷紅葉ハイキング【2019】!週末の混雑状況や駐車場について。

2019年11月8日

西沢渓谷紅葉ハイキング

2019年11月2日、山梨県の西沢渓谷に紅葉ハイキングに行ってきました。

西沢渓谷では先日の大型台風の影響で、川の水量が大幅に増えて渓谷側の登山道が水没していたりしてたけど、それも落ち着いたようなので行ってみることにしました。

紅葉を楽しみに行ったんだけど、紅葉自体はまだ少し早かったようで、これからピークを迎えるといった感じでした。

それでも、水の色はもとの西沢渓谷戻っていたし、景色はとても綺麗だったので気持ちの良いハイキングが楽しめた。

この週末辺り、紅葉も結構進んで良い感じなっているんじゃないかなぁ。

行ったのが土曜日だったので、週末の駐車場の混雑状況やコースの混雑状況も踏まえてレポートしていきたいと思います。

西沢渓谷ハイキングが終わったあと、河口湖周辺までドライブ。

大石公園に行って、コキアの紅葉も見てきました。

天下茶屋で美味しい「天然なめこほうとう」も食べてきたので合わせて紹介します!

西沢渓谷紅葉ハイキング

西沢渓谷は山梨県の山梨市にあります。

美しい渓谷の景色が楽しめることで、すごく人気があるスポット。

紅葉の時期になると、数多くの登山客が訪れる場所でもあります。

標高差もそんなにないので、登山初心者でもそんなに苦労せず歩けるコースとなっています。

 

今回のハイキングコース

今回歩いたコースはこんな感じね。

  • 西沢渓谷入口:6時54分ハイキング開始
  • ねとりインフォメーション:7時16分着
  • 近丸新道登山口:7時23分着
  • 徳ちゃん新道登山口:7時29分着
  • 二俣吊橋:7時37分着
  • 三重の滝:7時46分着
  • 七ツ釜五段の滝:9時31分着
  • 西沢渓谷終点:9時58分着(30分ほどランチ休憩)
  • 大展望台:11時3分着
  • 大久保橋:11時21分着
  • ねとりインフォメーション:12時6分着
  • 西沢渓谷入口:12時25分着

上記のルートを地図に落とし込んだのがこちら。

詳しい山行記録はヤマレコの方に記録しています。

ヤマレコ山行記録

今回のコースを僕の独断と偏見で★印をつけるとこうなります。

  • 所要時間:5時間37分(休憩31分くらい)
  • 山行時間:5時間6分
  • 歩行距離:約10.2km
  • 高低差:333m
  • 累積標高(上り):742m
  • 累積標高(下り):730m
  • 体力消耗度:
  • 足つりそう度:
  • 斜面のきつさ:
  • 道の険しさ:
  • おすすめ度:

40代半ばの運動不足中年おっさんの感想なので、体力がある人は違う感想になると思うよ(笑)

今回は写真を撮るために止まることも多かったので、全体的にかなりゆっくりのペースでした。

なので体力的にも余裕はあった。

前半は渓谷沿いの道を行くコースなんだけど、水は大分落ち着いてきていて水没している箇所はなかった。

でも岩が濡れていたり、ぬかるんでいる箇所は多々あったので、歩く際は滑らないように気を付ける必要があります。

所々鎖場のような険しい箇所もあります。

後半のトロッコ道は、土砂崩れなどもなく、普通に歩くことが出来ました。

特に危険個所もないです。

山行記録をつけていると、アプリをずっと起動させておく必要があるので、スマホの充電がなくなりやすいです。

なので僕はいつもこれを持って行ってます。

10000mAhの大容量なのに、とても小さくて軽量です。

どれくらい充電が残っているかが、ランプでわかるのも良いです。

とても高性能なモバイルバッテリーで重宝しています。

 

西沢渓谷ハイキング

西沢渓谷紅葉ハイキング

ではさっそくハイキングスタートです!

スタート地点からしばらくは、舗装された道を歩いていきます。

西沢渓谷紅葉ハイキング

この辺の紅葉自体は、まだこれからって感じでしたねぇ。

こんな感じの道をしばらく歩いていくと、ねとりインフォメーションに到着します。

西沢渓谷紅葉ハイキング

ここにはトイレもあるので、ここでトイレを済ましておくと良いでしょう。

この日は山梨県警の方が来ていて、先日の台風で川が増水して登山道に影響があるかもしれなから、注意してくださいって、登山客一人一人に声をかけていました。

朝早くからお疲れ様です!

ねとりインフォメーションを過ぎると、舗装された道は終わりとなり、登山道らしくなっていきます。

西沢渓谷紅葉ハイキング

この辺もまだ色づき始めた感じでしたねぇ。

木にはこんな看板がついています。

西沢渓谷紅葉ハイキング

景色が綺麗で、よそ見して歩いて転ぶ人が多いんでしょうね(笑)

転ぶくらいなまだいいけど、滑落しないように気を付けないと!

木々に囲まれた気持ちの良い道を少し進んで行くと、「二俣吊橋」にやってきます。

西沢渓谷紅葉ハイキング

この辺くらいまでくると、辺りが段々と色づいてきているように見えます。

橋を渡って登山道から見上げてみると、こんな感じの景色が広がっていました。

西沢渓谷紅葉ハイキング

緑、黄色、オレンジのグラデーションが綺麗。

紅葉し始めもこんな景色が楽しめるから良いですよね!

西沢渓谷紅葉ハイキング

しばらくは、このような林の中を抜けて行く道を歩いてきます。

西沢渓谷紅葉ハイキング

木によっては、見事に色づいているものありました。

西沢渓谷紅葉ハイキング

青空にオレンジの葉っぱって、めちゃくちゃ映えますよね~~~。

これぞ秋の風景って感じ(笑)

西沢渓谷紅葉ハイキング

天気も良くてハイキング日和でした!

こんな感じの気持ちの良い道を進んで行くと、川の流れの轟音が聞こえてきます。

西沢渓谷の見どころの一つ、「三重の滝」です。

西沢渓谷紅葉ハイキング

ここはまだ紅葉してなかったなぁ。

上の写真、シャッター速度を1/6秒にして撮ってます。

滝の流れのシャーって感じが出てますよね(笑)

嫁さん、前日に滝の撮り方を本でちょこっと勉強したのを実践してみたようです。

いつもよりも水量が多いので、迫力のある滝を見ることが出来ました。

ここから渓流沿いを歩く道になっていきます。

西沢渓谷紅葉ハイキング

水の色が深い青色で綺麗ですよね。

そして透明度も高い。

数日前までは、台風の影響で水も濁っていたんだろうなぁ。

西沢渓谷紅葉ハイキング

この渓流沿いを行く道を歩くのがすごく気持ちが良いんですよ。

西沢渓谷ハイキングの醍醐味の一つですね。

紅葉がまだでも十分綺麗な景色です。

西沢渓谷紅葉ハイキング

思わず立ち止まりたくなる景色がたくさん。

西沢渓谷紅葉ハイキング

渓谷沿いの道は、岩がゴツゴツしています。

所々、鎖も設置してあるので、それをつかみつつ滑らないように歩きましょう。

西沢渓谷紅葉ハイキング

水没していた箇所には、このような簡易的な橋も設置されていました。

西沢渓谷紅葉ハイキング

数日前までは、ここも水没していたようですが、この日は水は引いていました。

水が引いたとはいえ、まだ水量は多めで流れも強かったです。

この辺まで水が来ている時に行くのは危険な気がする(笑)

西沢渓谷紅葉ハイキング

水の量が多いので、流れの音も大きかった!

いつもとはちょっと違う西沢渓谷の風景を楽しめた感じね。

西沢渓谷紅葉ハイキング

いや~美しい景色ですよね。

水の流れや滝を撮りたい人で、大きな三脚を担いで歩ている人もいました。

川の流れに目が奪われがちなんだけど、山の斜面側を見上げてみるとこんな景色も広がっています。

西沢渓谷紅葉ハイキング

ちょっとまだ緑が多いけど、綺麗ですよね~。

紅葉すると、見事にオレンジ色になるんです。

西沢渓谷紅葉ハイキング

こちらもシャッター速度を遅めにして撮ったもの。

1/8秒に設定して撮ってます。

良い感じですね!

所々にこんな看板があるので、これを探しつつ歩くのも楽しい。

西沢渓谷紅葉ハイキング

深い緑色の苔と落ち葉の景色も風情があります。

西沢渓谷紅葉ハイキング

渓谷の景色を楽しみながら歩いていくと、少し急な勾配の道を登っていきます。

登った先には「七ツ釜五段の滝」があります。

西沢渓谷紅葉ハイキング

西沢渓谷で一番有名なスポットです。

やっぱり水量は多めですね。

その為、滝つぼの青い部分がいつもより少なくなってる。

西沢渓谷紅葉ハイキング

大きな滝で迫力もあるし、すごく綺麗な景色が楽しめる場所です。

西沢渓谷に行く人は、多くの人がこの滝を目指して歩いているんじゃないかな。

滝を過ぎると、勾配が急な階段が設置してあって、それを登りきると西沢渓谷終点に到着です。

西沢渓谷紅葉ハイキング

西沢渓谷終点からの景色。

山肌は色づいてきてますね。

ここには休憩スペースもあるので、そこでランチ休憩をすることに。

今回のランチはこちら。

西沢渓谷紅葉ハイキング

カレーメシと蒙古タンメン中本の辛旨飯です。

カップ麺と違い、汁が残らないので、山に持って行きやすい。

30分ほど休憩をしてから、後半戦スタートです。

後半は前半とは打って変わって昔のトロッコ道を利用した登山道を行きます。

トロッコが走っていたような場所なので、道は整備されているし、勾配もなだらかに調整されていて歩きやすい。

西沢渓谷紅葉ハイキング

こちら側の道は、紅葉や山の景色を楽しむ感じになっています。

西沢渓谷紅葉ハイキング

その紅葉はというと、やっぱりまだ少し早かったね。

まだ色が薄いなぁ。

これからどんどん赤くなっていくんでしょう。

西沢渓谷紅葉ハイキング

こんな感じで色づいている木もあるけど、全体的にはピークはこれから。

西沢渓谷紅葉ハイキングこの週末辺りはもっと紅葉が進んでいるかもしれないですね。

紅葉を楽しみに行く場合は、インスタとかで紅葉状況はチェックしていった方が良いかも。

西沢渓谷紅葉ハイキング

赤や黄色の落ち葉があって、秋って感じですね~。

西沢渓谷紅葉ハイキング

こんな感じのトロッコ道を歩くので、足への負担も少なく快適に歩けます。

西沢渓谷紅葉ハイキング

可愛らしい看板もあります。

西沢渓谷、ほんとに楽しい(笑)

西沢渓谷紅葉ハイキング

紅葉はこれからって感じだったんだけど、落ち葉はたくさんありました。

台風で飛ばされたのかなぁ。

西沢渓谷紅葉ハイキング

紅葉と言ったら、やっぱりモミジ。

綺麗ですよね!

西沢渓谷紅葉ハイキング

秋の景色を楽しみつつ歩いていくと、ねとりインフォメーションに到着。

10km程度のハイキングだけど、写真を撮りながらゆっくり歩いたので、5時間もかかってしまった(笑)

普通のペースで歩いたら、もっと短い時間で周れるコースですよ。

今回、紅葉し始めということもあり、紅葉のピークの景色は楽しめなかったのですが、やっぱりここのハイキングは楽しいです。

水の流れは綺麗だし、景色も美しい。

去年は紅葉のピークに言っているので、紅葉のピークがどんな感じか気になる人はこちらの記事を見てみてください。

西沢渓谷紅葉ハイキング
秋の西沢渓谷で紅葉と渓谷ハイキングを楽しむ!服装や駐車場の混雑状況は?

2018年も11月になり、どんどんと秋が深まってまいりました。 山の方では紅葉も進んでいて、場所によってはピークを過ぎているところもあります。 今年は那須岳、大菩薩嶺と山の紅葉を楽しんできたので、もう ...

続きを見る

同じよような場所で写真を撮っているので、見比べてみると面白いです。

 

登山初心者や一人で山に登るのが不安という人には、クラブツーリズムで登山ツアーも開催しています。

登山ガイドと一緒に登山やハイキングが出来るので、初心者でも安心して登山が出来ます。

ハイキング&登山ツアーはこちら⇒

お一人様もOKだし、女性限定ツアーなんかもあるので、興味のある人はクラブツーリズムのホームページを見に行ってください。

 

登山道の混雑状況

無料駐車場は満車状態でしたが、登山道自体はそこまで大混雑していたというわけではありませんでした。

朝早い時間に行ったからかもしれないけどね。

それでも夏場に比べると、人は多かったので紅葉のピークになったら混雑すると思います。

七ツ釜五段の滝も並ばずに見れたし、西沢渓谷終点の休憩スペースも空いていました。

早めの時間に行くのはおすすめです。

 

アクセス&駐車場や登山道の混雑状況

西沢渓谷入口付近に無料駐車場があります。

そこに止めるのが一番良いのですが、紅葉時期の週末ともなると、すぐにいっぱいになります。

今回、7時前には駐車場に着いたんだけど、すでに満車状態でした。

その場合、そのすぐそばにある「ドライブイン不動小屋」の有料駐車場に止めるのがおすすめ。

7時の時点では止めている車は3台でした。

1日500円と安いし、広いので良いです。

止める際は、スタッフの人に料金を支払って、チケットをもらいます。

そのチケットをダッシュボードの上など、見えやすいところにおいておけばOK。

僕はいつもここの駐車場を利用しています。

周辺には大きな駐車場がいくつかあるので、早い時間に行けば止められると思います。

もしいっぱいの場合は、道の駅みとみの方にも駐車場があるので、そちらに止めて歩くという方法もありますよ。

 

電車・バスで行く場合

電車で行く場合は、JR中央本線の「山梨市駅」または「塩山駅」まで行ってそこからバスに乗る必要があります。

「西沢渓谷入り口バス停」で下車します。

  • 山梨市駅~西沢渓谷入り口:料金900円(片道)、所要時間約60分
  • 塩山駅~西沢渓谷入り口:料金1050円(片道)、所要時間約60分

山梨市駅から西沢渓谷入り口までの時刻表

塩山駅から西沢渓谷入り口までの時刻表

新宿からだと「特急かいじ」に乗るので、山梨市駅まで片道3890円の運賃がかかって、さらにバスが900円なので、往復の交通費が9580円かかります。

交通費が結構高くつくので、今回もレンタカーを借りていきました(笑)

夫婦2人で行ったらレンタカーの方が安くつきますね。

 

ハイキング装備について

今回のハイキングに持って行った装備や服装はこちら。

  • ウルトラライトダウン(ユニクロ)
  • 薄手のウインドブレーカー(ユニクロポケッタブルパーカー)
  • 長袖シャツ
  • ヒートテック長袖(ユニクロ)
  • 暖パン(ユニクロ)
  • 登山用靴下(モンベル)
  • トレッキングシューズ(コロンビア)
  • ザック30L(モンベル)
  • ジェットボイル
  • 飲み物(ポカリスエット500ml1本、緑茶500ml1本)
  • カップ飯
  • カップ飯&お茶用の水1.0L
  • タオル
  • モバイルバッテリー
  • スマホ
  • カメラ

行く前は寒いと思っていたので、念のためユニクロのウルトラライトダウンも持って行きました。

この日の気温は朝が6度とかなり寒かったです。

それでもダウンは着ずに、ポケッタブルパーカーでちょうどよかった感じ。

歩いていると、それなりに暖かくなってくるので。

ズボンは暖パンにして正解でした。

上着は重ね着で調整できるようにしていった方が良いですよ。

 

河口湖大石公園のもこもこコキアと富士山

西沢渓谷を下山した時、まだ昼過ぎくらいだったので、河口湖方面に足を延ばしてみました。

河口湖の畔に大石公園という大きな有名な公園があって、そこでは赤いモコモコのコキアと富士山がコラボした景色が見られるとのことだったので。

大石公園は、海外の観光客もたくさん訪れる場所で、この日もたくさんの人で賑わっていました。

そして、大石公園から見えた景色がこちら。

大石公園

富士山がうっすらと見えるのがわかります??

コキアは、ピークが過ぎていて、赤い色が褪せてきていました。

それでも、綺麗な景色が見れたからいった甲斐はあったかな。

ちなみに、コキアは一面コキアー!って感じではなく、写真に写っている辺りしかないので、ひたち海浜公園のようなコキア畑をイメージして行くとがっかりするので要注意(笑)

湖の方に行ってみると、パンパスグラスの穂も出来ていて、秋らしい景色が楽しめます。

大石公園

河口湖周辺はオシャレなパン屋さんとかもあるので、観光するにはよい場所かもしれないですね。

大石公園

秋の河口湖周辺も楽しめちゃいました!

 

天下茶屋で絶品ほうとうを食す

大石公園で富士山の景色を楽しんだ後、遅めのランチをしに「天下茶屋」へ。

天下茶屋【食べログ】

食べログの点数も高いし、美味しいほうとうが食べられると評判だったので行ってみることにしました。

このお店、峠の上の方にあるので、お店にたどり着くまでクネクネの峠道を登って行く必要があります。

その途中、サルの集団にも遭遇(笑)

天下茶屋

突然出てくることもあるので、車の運転は気を付けないと。

峠を登りきると、お店があります。

天下茶屋

お店は、すごく趣がある感じ。

老舗感が半端ない(笑)

早速お店にの中に入って席につきます。

遅い時間に行ったからか、お店は空いていました。

なので席も自由に選べた。

ということで、縁側の素敵な感じの席にしました。

天下茶屋

頼んだ料理はもちろんほうとう。

この日は特別メニューとして、「天然なめこほうとう」があったので、それをいただきました。

天下茶屋

なめこが超デカくて、たっぷり入ってる!

そしてこのほうとうが美味しいの。

天然なめこはもちろん美味しいんだけど、優しいみそ味のお出汁が最高!

ほうとう自体も歯ごたえがある感じで美味しい。

山梨に行ってほうとうを食べるときはいつも「小作」に行くんだけど、小作よりも優しいお味で美味しいかも!

1人で食べるには多いので、2人で1つを頼んで、あとこちらも注文しました。

天下茶屋

芋団子です。

これがまたほっくほくで美味しい。

バターが良い仕事しております。

このお店、アクセスはあんまりよくないけど、美味しいほうとうが食べられるのでおすすめです。

さらに景色もすごく良いんですよ。

天下茶屋

お天気が良いと富士山も見えます。

上の写真にも富士山が写ってますがどこだかわかりますか?

天下茶屋

お店の前で、夕暮れを待つ人も何人かいました。

店員さん曰く、夕暮れ時の富士山もすごくきれいなんだそう。

レンタカーを返す時間があったので、夕暮れまでは待てなかったけど、時間に余裕があったら見たかったな。

店員さんも気さくにいろいろ話してくれる良い人だったし、天下茶屋なかなか良いお店でした~。

 

 

まとめ

以上、西沢渓谷紅葉ハイキングのレポートでした。

紅葉にはちと早かったけど、綺麗な景色も楽しめたし、気持ちよくハイキング出来ました。

渓谷や滝の景色も相変わらず綺麗でしたしね!!

紅葉のピークはこれからだと思うので、西沢渓谷の紅葉を楽しみに行ってみてはいかがでしょうか~。

あわせて読みたい

この記事の写真は基本的にこちらのカメラを使って撮影しています。

オリンパス ミラーレス一眼 OM-D EM-5、EM-10で撮った写真を紹介!うちのカメラはこれ!

登山&ハイキングのまとめページ

山梨県まとめページ

 

ブログランキングに参加しています。

この記事が参考になったら、下記のボタンをぽちっとしてもらえると励みになります。

旅行記ブログランキング

-山梨県, 登山&ハイキング
-, , , ,

Copyright© しむしむ旅行記 , 2019 All Rights Reserved.