沖縄県 石垣島

野底岳(マーペー)の絶景パノラマビューと石垣島のお土産いろいろ(石垣島旅行5日目)

投稿日:2019年7月8日 更新日:

石垣島玉取崎展望台

撮影:玉取崎展望台

2019年6月26日から30日までの4泊5日で行った石垣島旅行の5日目の記事です。

この日は石垣島旅行最終日。

お宿で朝の散歩をした後、朝食を食べチェックアウト。

野底岳(マーペー)と玉取崎展望台の絶景を楽しんだ後、のばれカフェ(のばれ岬観光農園)でランチ。

後ろ髪を引かれながら石垣空港へ行き、成田へ帰還しました(笑)

最後の最後まで充実した旅となりました!

お宿で朝の散歩&朝食

前日、隣室のYさんに朝の海は魚も多くて良いですよって聞いていたので、早朝に起きて泳ぐ気満々だったんだけどね。

一応5時半に起きては見たものの、泳ぐまでの元気はなかった~(笑)

この日帰るのに朝泳いだ後、濡れた水着やシュノーケルセットの処理とかしていたらあわただしくなりそうだったし、そもそも前日も朝から晩まで動き周っていたので、体動きませんでした~。。。

なんか、年を感じちゃいましたね。

ということで、6時半くらいまで寝て、朝食前に朝のお散歩をしてきました。

石垣島観光

朝から草むらで、草をハムハムしているハック君。

なんか、こちらを気にしてますね~。

可愛いなぁ。

海の方に行ってみると、相変わらず波は穏やかで泳ぎやすそう。

岸には早朝から泳いでいたYさん夫妻の姿も。

元気だなぁ、若いって素晴らしい(笑)

石垣島観光

朝日がまぶしいね!

良い天気なりそうだ!!

石垣島観光

そして、帰りたくな病が発病した私(笑)

もう2~3週間はいたかった。。。

風もあり、雲の動きも早かったので、タイムラプスを撮ってみました。

雲の流れが結構あったので、面白いタイムラプスが撮れたと思います。

雲間から差し込む太陽の光も良い感じ!

岸に映っている動いてものは、おそらくフナ虫と小さなヤドカリなどです(笑)

ちなみに撮影時間は30分くらいです。

タイムラプスとは

タイムラプスは一定間隔で撮った静止画をつなげて再生することで、早回し再生をしているような動画撮れる機能です。

イメージとしては、パラパラ漫画のような感じ。

長い時間撮影したものを、30秒程度に収められるので、景色の移り変わりや花の開花などの撮影に向いています。

このタイムラプスはiphoneXのカメラのタイムラプス機能を使って撮ってます。

iphoneを固定するのに使ったのはこちらね。

カメラのようのミニ三脚なんだけど、このアタッチメントを使うことでスマホにも利用が出来ます。

Manfrotto スマートフォン用三脚アダプター MCLAMP

Manfrotto スマートフォン用三脚アダプター MCLAMP

1,109円(07/24 15:08時点)
Amazonの情報を掲載しています

小さくて持ち運びもしやすいので、安定感もあるので旅行時にはとても便利な三脚です。

お散歩を終えて、朝食を食べに食堂へ。

石垣島観光

ゴーヤチャンプルにモズクにパッションフルーツ。

石垣の恵みがいっぱい。

美味しい朝食です。

パッションフルーツって、そんなに食べたことなかったけど、種ごと食べる感じなのね。

コツとしては噛まずに飲み込むんだそうな。

酸味があるけど美味しかったよ。

朝食時、Yさん夫妻と写真のことや旅のことをいろいろ話したんだけど、すごく楽しかった。

石垣島での動き方が我々と似てるし、住まいが東京ということもあって、話が合ったんだよね。

お宿で馬と触れ合って、馬に興味を持っていると言ったら、すごく良いロケーションで乗馬体験が出来る場所の情報なんかも教えてくれて、すごく感じのよいご夫婦でした。

こういう出会いも旅の醍醐味ですね!

この後、荷造りをして名残惜しいけどお宿のご夫婦と記念撮影をしてチェックアウト。

もうお宿はやめてしまうけど、お宿の方にはまたお会いしたいなぁ。

引っ越したら、引っ越し先に遊びに行っちゃおうっと(笑)

車に荷物を運んでいると、Yさんが「この後どこ行くんですか~?」と声をかけてくれます。

話を聞いてみると、Yさんは野底マーペーという絶景が見える場所に行くとのこと。

車で行くと入り口がわかりづらいようなので、ついて行っていいか聞いてみると「もちろん、いいですよ!」と言ってくれたので、野底マーペーに行ってみることにしました。

今まで行ったことのないし、知らなかった絶景スポットなので、とても嬉しい情報です。

 

野底岳(マーペー)展望台の絶景パノラマビュー

野底岳(マーペー)は、石垣島の北部にある標高282mの山です。

山頂に巨岩があって、その巨岩にまつわる伝承にちなんで野底マーペーと呼ばれているようです。

車では展望台の方に行くことで出来て、野底岳の頂上はトレッキングで登る必要あります。

頂上まで行くのには結構険しい道を行くみたいね。

Yさん夫妻は、朝日を見る為に登ったことがあるそうで、見たこともないような毛虫やらいろいろ出てきたそうです(笑)

山頂にも興味あるけど、時間が無いのでそれはまた次回来た時の楽しみにです。

ということで、展望台の方に行きました。

駐車場があるわけじゃないので、車を道の端に寄せて止めておきます。

穴場スポットなので、あまり人も来ないみたい。

展望台からの景色はこんな感じ。

石垣島野底マーペーこの高さから、石垣島の海を眺めたのは初めて。

遠くまで見渡せて、超パノラマビューでした。

ここから見ると、緑も多いし海も青いし、石垣島の自然の豊かさがよくわかる。

石垣島野底マーペー

雨雲っぽい黒い雲が出てきちゃってるのが残念だけど、お天気次第ですごい良い景色が楽しめますね。

これは綺麗な朝日が見れそうな場所ですよね~。

写真だとパノラマ感が伝わりづらいので、動画も撮ってみました。

良い場所教えてもらったな~!

Yさん夫妻、ありがとう!!

Yさん夫妻とはここでお別れ。

SNSで繋がることも出来たし、またどこかで会えるかも(笑)

 

玉取崎展望台の絶景&ハイビスカス

石垣島玉取崎展望台

北部の方に行ったので、前日も行った玉取崎展望台も寄ってみました。

前日よりもお天気が良くて、海の青も鮮やかに見えます!

石垣島玉取崎展望台

大型の観光バスもガンガンやって来る、人気の絶景スポットなだけありますね。

海の青も空の青も最高です。

石垣島玉取崎展望台

この日はハイビスカスもとても鮮やかに撮れました!

こんな景色見ちゃうと、やっぱり帰りたくなくなりますなぁ(笑)

 

玉取崎展望台までのアクセス

車で30分くらいかかるので、レンタカーがあったほうが良いですね。

レンタカーを借りていない場合は、タクシーかバスで行くことが出来ます。

タクシーだといくらくらいかかるのかわかりませんが、それなりにかかると思います。

市街地から結構遠いので。

バスの場合は、次の路線で行くことが出来ます。

バスで行く場合

  • 系統2西回一周線:玉取バス停下車徒歩10分 1250円
  • 系統3東回一周線:玉取バス停下車徒歩10分 1250円
  • 系統5平野経由伊原間線:玉取バス停下車徒歩10分 900円
  • 系統6平野線:玉取バス停下車徒歩10分 900円

時刻表等は東運輸株式会社の公式ページをご覧ください。

東運輸株式会社【公式】

バスの本数がとても少ないので、時刻表はしっかり見ておきましょう。

ちなみにバスだと、バスターミナルから約50分くらいかかります。

川平湾や玉取崎展望台を巡るバスツアーもあるので、それに参加するのも良いかと思います。

 

のばれカフェ(のばれ岬観光農園)でソーキそばとパイナップルジュースを堪能

石垣島のばれカフェ

空港に戻る前に、ランチをしに「のばれカフェ(のばれ岬観光農園)」に立ち寄りました。

ネット上の方で、フレッシュパイナップルジュースが飲めるって書いてあったので。

場所は玉取崎展望台と石垣空港の中間くらいのところにあります。

海沿いの小高い丘にあるカフェで、絶景を楽しみながらパイナップルジュースやソーキそばなどが楽しめます。

ということでまずはソーキそばを。

値段は小600円、中800円、大900円(写真は中です)。

石垣島のばれ岬観光農園

このソーキそばが、意外と美味しかったんですよね~。

ソーキが軟骨までトロトロに柔らかく煮込まれていて、すごく美味しかった。

そばのお出汁もあっさり味で旨し!

パイナップルジュースのついでに食べたおそばでしたが、思いのほか美味しくて満足です。

そしてパイナップルジュース(500円)。

石垣島のばれカフェ

500円とそこそこのお値段がしますが、量は多めです。

そして、とても美味しい!!

美味しいパイナップルをふんだんに使ってるなぁって感じ。

石垣島のばれカフェ

景色も良いし、南国な雰囲気の中で飲むフレッシュジュースは超ごちそう!

玉取崎展望台に行った時にちょっと立ち寄ると良いお店です。

 

石垣空港から成田へ

石垣島観光

ということで、ため息をつきながら石垣空港に帰って来ちゃいました。

充実した旅だと、帰りが辛いですなぁ。

帰り際、僕がレンタカーに傘を忘れるプチハプニングもあったのですが、レンタカー屋さんが空港まで届けてくれたので助かりました。

レンタカーを返すときは、車の中に忘れ物がないかしっかりと確認しましょう(笑)

石垣島観光

さいなら、石垣島~。

また来るね~(笑)

飛行機も予定通り飛んで、無事に成田まで帰ってきました。

 

石垣島で買ったお土産

石垣島お土産

今回の石垣島旅行で購入したお土産を紹介します。

 

マンゴー

石垣島ドライブ

この時期に沖縄方面に行ったら、是非買いたいフルーツです。

JAの直売所「ゆらてぃく市場」に行くと、傷あり、斑点ありのB級マンゴーが1袋(3個入り)で1000円という値段売っていることもあります。

味は普通のマンゴーと変わらないので、自分たちで食べたり家族へのお土産なんかにはピッタリです。

都内ではあまり見かけない、ミニマンゴーも1袋(5個入りくらい)500~600円で売っていたりするので、それもおすすめ。

小さいけど、甘みは大きなマンゴーよりも強め。

ミニマンゴーの方が好きだという人も少なくないと思います。

上の写真は、川平の方にある「狩俣ストア」のものです。

ここでは1袋1000円で、マンゴーが売っていることがあります。

これを見つけると、僕たち夫婦は絶対に買ってしまう(笑)

あとパイナップルもお土産に良いんですが、重いのが難点。

石垣島ゆらてぃく市場

送っても送料が結構かかっちゃうんですよね。

でも味は抜群なので、帰りに1個くらい買って帰ってもいいかもね。

1個300円くらいで買えるので。

僕たちは、お土産では買いませんでした。

買ったものは石垣島で食べちゃった(笑)

 

さんぴん茶

沖縄方面に行くとよく目にするお茶です。

ジャスミン茶のことなんですが、スーパーや自販でも普通に売っています。

スーパーやお土産屋に行くとパックのものが売っていて、それが安いので沖縄方面に行くといつも買って帰ります。

1袋48パック入って、300円程度かな。

都内でも沖縄物産展で売っていることがあるんだけど、この前見た時は800円だったのでちょっと買えなかった(笑)

夏は水出しして冷やし飲んでるし、冬はお湯で飲んでいます。

さっぱりしてて美味しいですよ。

沖縄方面に行ったら、これも買っておきたいお土産の一つです。

 

ちんすこう

沖縄方面の定番土産ですね。

今回はバラまき用のものと、姪っ子に催促されたので買って帰りました。

甘めのクッキーのようなお菓子で、僕は大好きです。

プレーンが一番おいしいかな。

袋入りのものが多めに入っているのでおすすめです。

空港にも袋入りのものは売っているので、帰る時に買っても良いかと思います。

 

石垣の塩

石垣島石垣の塩

こちらは嫁さんの友人にいただいたものです。

名蔵湾の海水をくみ上げて、丁寧に作られたお塩です。

スーパーで売っている普通の塩に比べると割高ですが、塩の味も濃厚でとても美味しいお塩です。

お土産屋にも置いてあるし、直売所に塩工房を見学がてら買いに行っても良いと思います。

せっかく石垣島まで行ったのなら、美味しいお塩を買って帰るのも良いのでは。

 

島ナッツ&ビアナッツ

これはスーパーで売っているものです。

お土産用の大袋も売ってました。

小袋は1袋100円程度。

バラまき用のお土産に最適です。

どちらも3種類の味付けのナッツが入っていて、なかなか美味しいです。

おつまみに最適なので、オリオンビールと一緒に渡すと喜ばれるかもしれないですね!

 

島ぞうり

これは行く前から、沖縄方面に行ったら絶対買おうって決めていたものです。

すごくシンプルなビーチサンダルなんですが、履きやすいのでビーチリゾートなんかに行った時に重宝します。

同じものを都内で買おうにも、なかなか見つからなかったんですよね。

値段も400円くらいとリーズナブルなのも良い点です。

お土産屋さんなどで普通に売っているので、見つけたら試し履きしてみてください。

なかなか良いですよ!

 

まとめ

あっという間の4泊5日でした。

お気に入りのお宿の閉業の話を聞いてショックを受けましたが、お宿が閉まる前に行けてほんと良かった。

絶景を見て、綺麗な海で泳いで、美味しいフルーツやおそばを食べて、やりたいことは大体できた(笑)

梅雨が明けてなくて、お天気を心配していったけど、そんなに崩れなかったのも良かった。

それに、とても良い出会いもあったし、全体的にとても充実した旅になりました。

やっぱり石垣島はすごく楽しい島。

絶対にまた行きたいと思います!

石垣島のまとめページへ

沖縄のまとめページへ

 

ブログランキングに参加しています。

この記事が参考になったら、下記のボタンをぽちっとしてもらえると励みになります。

旅行記ブログランキング

-沖縄県, 石垣島
-, , , , , , , ,

Copyright© しむしむ旅行記 , 2019 All Rights Reserved.