北海道

屈斜路湖近くの「宿・花ふらり」は雰囲気良しのペンション!看板犬が可愛いよ!!

2019年10月18日

宿・花ふらり

2019年9月26日~30日までの4泊5日で行った北海道道東・釧路~知床旅行。

その3日目(9月28日)から1泊したお宿が「宿・花ふらり」です。

弟子屈町のペンションで、屈斜路湖の近くにあります。

とても雰囲気のよいペンションで、僕たち夫婦もまたリピートしたいと思ったお宿です。

ということで、「宿・花ふらり」ついておすすめポイントや室内の様子、料金等を紹介していこうと思います。

 

おすすめ情報

HISで売切御免の決算セール開催中!

HISの決算セールはこちら⇒

お得なツアーが目白押し!

11/21までなので予約はお早めに!!

 

「宿・花ふらり」のおすすめポイント

ではさっそくおすすめポイントから紹介していきます。

ここがおすすめ!

  • 自然豊かな場所にあり雰囲気が良い!
  • 看板犬が可愛い!
  • オーナーが気さくでとても感じが良い!
  • 食堂がオシャレな感じで、年に何回かミニミニコンサートが開かれている!
  • 夜は満天の星空を見ることが出来る!

それぞれのポイントについて詳しく説明していきます。

 

自然豊かなロケーション

宿・花ふらり

お宿の建物自体はそんなに大きくなく、客室も4室程度の小さなお宿です。

でも敷地はとても広く、お宿の前には広い草原が広がっていました。

草原の中にポツンと立っている感じがとても素敵です。

林に囲まれて緑も豊かだし、すぐ側には釧路川源流も流れています。

宿・花ふらり

なので野生動物もちょいちょい現れるみたい。

夜に星空を撮影しようと思って庭に出ていたら、暗闇の中ゴソゴソしてるものがいたからライトを当ててみるとエゾシカでした(笑)

ライトを当てたら、慌ててドゴッドゴッって地響きを鳴らしながら走って逃げていきました。

エゾシカが走ると、結構地面に響くのね(笑)

お宿のオーナーさんいわく、もちろんリスもいるとのこと。

自然や動物好きの僕たち夫婦にはピッタリなお宿でした。

朝、庭を散歩すると、草に着いた朝露で靴がビショビショになります。

宿・花ふらり

霧も多いから朝露も多くなるんでしょうかね。

宿の方に言ったら、長靴を貸してくれました。

助かった(笑)

 

看板犬のラックとテンテン

「宿・花ふらり」には、ラブラドールレトリバーが2頭います。

ラックとテンテンの兄弟。

宿・花ふらり

どちらも12歳の老犬なんですが、とても人懐っこい(笑)

お客さんが来ると尻尾を振って愛想を振りまいてくれます。

僕たちが庭を散歩している時に、オーナーさんが「犬放していいですか~!!」って言ってきたので、もちろん「OKで~す!」って答えると、ラックとテンテンが走ってこちらに来てくれました。

宿・花ふらり

こちらラック君。

食べる量が多くて、ちょいとポッチャリしておられます(笑)

宿・花ふらり

こちらはテンテン君。

優しい顔つきの可愛いワンコでした。

そして、ラックとテンテンが庭に出てくるとすることが。。。

宿・花ふらり

うんち(笑)

嫁さんの目の前で、脱糞中のラック君です。

庭が広いから、うんちし放題ね!

この広い草原で大型犬と戯れるって、とても素敵な光景。

宿・花ふらり

玄関を入ると、尻尾を振ってお出迎えしてくれるラック君。

ラック君も顔が優しくてかわいい!!

宿・花ふらり

僕の前で座ってくつろぐテンテン君。

この人懐っこさがなんとも言えず可愛い!!

おじさん、もうメロメロでした(笑)

ワンコ好きな人もこのお宿は良いんじゃないかな。

 

オーナーさんの人柄が良い

宿に行って初めて知ったんですが、この宿のオーナーさんは元宝塚歌劇団花組の藤原多美さんという方でした。

宝塚に詳しい人なら知ってるかもしれませんね。

オーナーの藤原さんが、ご両親と移住して2006年にオープンしたのが「花・ふらり」。

その藤原さんがとても気さくで感じの良い方でした。

話しやすいし、お客さんへの気配りも出来るしね。

僕たちが夜、星の写真を撮りたいんですって言ったら、食事が終わったら食堂の電気消しましょうかって言ってくれたり、ちょっとした優しさが嬉しかったです。

こういう小さなお宿に泊まる時って、オーナーさんやお宿の方との話す機会も多いと思うので、人柄って重要ですよね。

その点、「花・ふらり」はまた行きたいなって思えるお宿でした。

 

食堂がオシャレな感じで、ミニミニコンサートが開催される

宿・花ふらり

木のぬくもりを感じる食堂は、大きめの窓もあり、窓からは草原のような庭を眺めることが出来ます。

薪ストーブもあって、冬もまた雰囲気が良さそうですよね。

そしてここでは年に何回かプロの演奏家などを呼んでミニミニコンサートが開かれているそうです。

宿・花ふらりミニミニコンサート

オーナーの藤原さんの人脈によるものなんですかね。

お茶やコーヒーなどを飲みながら聴けるゆったりとしたコンサートだそうです。

北海道の大自然をバックに聴くクラシック音楽もまた良いんでしょうね!

今回素泊まりで宿泊したので、食堂は利用しなかったのですが、口コミを見るとパンがとても美味しいとのこと。

今度行く機会があったら、こちらで食事もしてみたいな。

 

夜は満天の星空を見ることが出来る!

宿・花ふらり

夜、庭に出ると空には満天の星空が広がっていました。

よーく見ると、天の川っぽいのも確認できました。

上の写真はその時撮ったものです。

星空を綺麗に撮っている人たちの写真に比べるとイマイチですが、星の多さはわかると思います(笑)

都内に住んでいると、こんな星空を見ることはないので、こういうお宿に泊まったら星空を見上げるのも良いですね!

 

おすすめ情報

クラブツーリズムのツアーは内容が濃い!

どんなツアーがあるか見てみる⇒

クラブツーリズムのツアーは種類が豊富で自分好みのツアーが見つけやすい!!

 

客室や水回りの様子

宿・花ふらり

客室は和室なんだけど、ベッドが置いてありました。

外国人のお客さんも多いっぽかったので、それを意識してるのかなぁ。

部屋は2人で泊まるには十分の広さがあるし、綺麗にしてありました。

快適に宿泊出来ます。

水回りはこんな感じ。

宿・花ふらり

部屋にバス・トイレが付いています。

ごく普通のユニットバスって感じですね。

お風呂に関しては、これの他に大浴場があります。

大浴場と言ってもそれほど大きいわけじゃないですが、この規模のお宿では十分な大きさの浴場です。

時間が22時までだったかな。

部屋にwifiは届いています。

速度はめちゃくちゃ速いというわけじゃないですが、インターネットをするくらいであれば、問題なく利用出来ました。

 

お宿へのアクセス&料金

宿・花ふらり

「宿・花ふらり」は国道243号線沿いにあります。

宿・花ふらり【公式】

国道沿いにありますが、細い道を入って奥の方に建物があるので、車の音はそれほど気にならないです。

国道243号にすぐに出られるので、屈斜路湖や摩周湖へのアクセスにも便利。

僕はAGODAを使って宿泊予約したんだけど、その時は素泊まりで1人1泊6500円弱くらいでした。

金額については多少前後すると思うので、AGODAを見てみてください。

AGODAで予約する

上のリンクからAGODAのページに飛んだら、宿泊したい日時を設定すればプランが出てきます。

1泊6500円程度なので、僕たち的には大満足でした。

 

まとめ

以上、「宿・花ふらり」のレポートでした。

自然豊かなロケーションで、ゆったり宿泊できるお宿で、すごく気に入りました。

オーナーさんの人柄も良かったし、看板犬たちも可愛かった!!

今回は1泊しか予約が取れなかったのが残念。

次に行くことがあったら、2~3泊してゆっくり過ごしたいお宿でした!

屈斜路湖や摩周湖方面で宿泊する際はおすすめのペンションです!!

あわせて読みたい

この記事の写真は基本的にこちらのカメラを使って撮影しています。

オリンパス ミラーレス一眼 OM-D EM-5、EM-10で撮った写真を紹介!うちのカメラはこれ!

北海道のまとめページへ

 

ブログランキングに参加しています。

この記事が参考になったら、下記のボタンをぽちっとしてもらえると励みになります。

旅行記ブログランキング

-北海道
-, , , , ,

Copyright© しむしむ旅行記 , 2019 All Rights Reserved.