東京のおすすめ公園

東京のおすすめ紅葉スポット六義園を散歩。日本庭園の風景が美しい!

六義園

先日、空いた時間にちょろっと六義園の方に行ってきました。

六義園は東京の駒込にある日本庭園で、東京でも屈指の紅葉スポットとして知られています。

園内には約400本のイロハカエデが植えてあり、この時期になると綺麗に色づきます。

今回紅葉だけじゃなく、モミカワ(モミジとカワセミ)の写真を撮るのが目的で行ってみました。

結果から言うと、モミカワ写真は撮ることは出来ず(苦笑)

滞在した時間も短かったから、カワセミを見つけることが出来なかった~。

でも色づき始めたカエデやイチョウ、美しい日本庭園の風景などは楽しんできたので、その様子を紹介します。

今年はコロナ影響もあって、12月13日までは事前予約制です。

下記のページから事前に整理券を取得してから行くようにしましょう。

六義園【公式】

おすすめ情報

楽天市場でお買い物マラソン開催中!

ショップ買い回りでポイント最大10倍!

エントリーはこちらから⇒

今がお買い物のチャンスです。

7月26日の1:59まで。

趣のある日本庭園の風景

六義園

六義園の始まりは、徳川5代将軍の側用人柳沢吉保が自分の下屋敷として造った大名庭園です。

1702年に完成した庭園で、300年以上の歴史があります。

園内の中心に池があり、とても落ち着いたゆったりとした時間が流れるような風景が広がっています。

六義園

こういう景色を見て落ち着いた気分になると、自分は日本人なんだなぁって実感しますね(笑)

六義園

カエデ類は色づいているものこれから色づくものがありました。

最近ニュースで見たんだけど、今年は枯れたようなカエデをよく見かけたんだけど、それは雨が少なくてそんな状態になったんだとか。

ピークが終わって枯れてるわけじゃなかったのね~。

六義園内にも、カラカラに乾いた感じのカエデの葉が結構ありました。

近くで見るとそのカラカラになった感じが目立つけど、遠目から見ると綺麗。

六義園

綺麗に紅葉するには雨も重要だったりするんだね。

六義園

園内には小高い丘が造成してあったりして起伏があります。

それが里山のような風景になっていて、また素敵だったりします。

六義園

東屋をバックにして撮ってみる。

趣のある風景よね~。

六義園

こんな感じに綺麗に色づいているカエデもたくさんあるので、紅葉は十分楽しめます。

六義園

緑から黄色、オレンジ、そして赤といろんな色が楽しめる。

六義園

これは六義園の中でも人気の撮影スポットの渡月橋をズームで撮った写真。

この記事のトップに載せているのも渡月橋の写真んだんけど、ここの紅葉はこれから見ごろって感じかな。

六義園には池のすぐそばに植えてあるカエデもあり、それがまた美しい風景を作り出していました。

六義園

この辺りにカワセミが来てくれるはずだったんだけど、僕が見に行った時は来てくれなかった。。。

六義園

カルガモは来てくれたので、モミカルは撮れた(笑)

六義園

まだまだ緑のカエデもあったので、もう少し紅葉は楽しめると思います。

六義園

これはナナカマドだけど、ナナカマドは結構葉が落ちていたので、もう見頃は終わった感じ。

六義園

イチョウも綺麗に色づいていて見ごろでした。

園内はめちゃくちゃ広いわけではないので、1週20~30分で出来ると思います。

 

六義園で観察できる野鳥

この日の一番の目的はモミカワ撮ること。

残念ながらカワセミちゃんが現れてくれなかったので撮れませんでしたが、水鳥はたくさんいたのでちょこっと撮ってきました。

六義園

六義園内にたくさんいるカルガモ。

水しぶきをあげながら上陸中の写真。

水にぷかぷか浮いてる姿も歩いてる姿も可愛い鳥です。

こちらはキンクロハジロのオス。

六義園

白黒ツートンカラーが可愛い鳥です。

こちらはメスね。

六義園

鳥はメスの方が地味よねぇ。

こちらはホシハジロ。

六義園

頭の茶色が鮮やかな鳥。

目が赤いのがちょっと怖い。。。

こちらは休憩中のハシビロガモ。

六義園

クチバシ、やっぱりデカい(笑)

ちょいと威圧感があるカモですな。

こちらはコサギ。

六義園

ドウダンツツジに留まってくれたので、赤白の写真が撮れた(笑)

とても綺麗な白い色をしています。

カモ類は結構いて、ちょこちょこ上陸しては草をハムハムしたりするので、そんな可愛い姿を見るのも楽しいですよ!

バスツアーで六義園が組み込まれているものもあります。

バスツアーに参加して行くのも楽で良いかもしれませんね。

六義園が入っているバスツアー

 

六義園のへのアクセス&入園料

正門は駒込駅から徒歩7分の位置にあります。

期間限定で染井門が開門されていて、そこなら駒込駅から徒歩2分で行けます。

入園料以下の通りとなっています。

【通常料金】

  • 一般:300円
  • 65歳以上:150円

(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)

 

【20名以上の団体】

  • 一般:240円
  • 65歳以上:120円

※身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳または療育手帳持参の方と付添の方は無料

※無料公開日 みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)

 

【年間パスポート】

  • 一般:1200円
  • 65歳以上:600円 

 

【9庭園共通年間パスポート】

  • 一般:4000円
  • 65歳以上:2000円

 

【旧古河庭園・六義園共通入園引換券(園結びチケット)】

  • 一般:400円
  • 65歳以上:200円

旧古河庭園との共通券を買って、旧古河庭園も散策してみるのもおすすめです。

2020年12月13日までは、コロナ対策の一環で入場者数を制限しています。

事前予約制になっているので、下記のページより整理券を取得してください。

六義園【公式】

 

まとめ

以上、六義園の紅葉狩りレポートでした。

六義園はカエデ類が結構色づいていて、紅葉が楽しめる感じになっていました。

イチョウもまっ黄色になっていたし、秋の日本庭園の風景が楽しめるのでおすすめです。

池に来る水鳥をぼーっと眺めながらお茶屋でお茶を楽しむのも贅沢な時間の過ごし方かもね(笑)

日本庭園をゆっくり散策して、和の趣のある風景を堪能してみてください。

あわせて読みたい

この記事の写真はオリンパスのミラーレス一眼を使って撮影しています。

撮影機材についてこちらの記事でまとめています。

うちのカメラはこれ

東京のおすすめ公園はここ

東京の観光スポット記事まとめ

 

ブログランキングに参加しています。

この記事が参考になったら、下記のボタンをぽちっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ しむしむ旅行記 - にほんブログ村

 

しむしむ家が実際に買って使ってみて良かった商品はこちらにまとめてあります。

良かったら参考にしてみてね!

-東京のおすすめ公園
-, , , , ,

© 2021 しむしむ旅行記【旅行・登山・写真撮影を楽しむブログ】