北海道登山コース

イチャンコッペ山を登山!支笏湖を眺める景色は最高だけど勾配は結構きつい(笑)

イチャンコッペ山登山

2022年9月24日~26日で行った北海道旅行の3日目は登山を楽しみました。

前日、大雪山系の山の麓をちょろっとハイキングしたけど、この日は一応山頂を目指す登山。

山頂と言っても低山だけどね(笑)

今回選んだ山は支笏湖のすぐそばにあるイチャンコッペ山。

標高828.9mの低山で、山頂から支笏湖を眺める絶景が楽しめるということで登ってみました。

レンタカーも借りていたので札幌から支笏湖方面も行きやすかったしね。

ちなみに今回、時間の関係上、山頂までたどり着きませんでした(苦笑)

この記事ではイチャンコッペ山登山について詳しく書いて行きます。

北海道で手軽な登山を楽しんでみたい人は参考にしてみてください!

今回の登山コースの説明

今回のコースは以下のようになっています。

  • ポロピナイ展望台:12時25分登山スタート
  • イチャンコッペ山登山口:12時29分着
  • 八合目:14時18分着(20分ほど休憩)
  • イチャンコッペ山登山口:15時56分着
  • ポロピナイ展望台:16時01分着登山終了

詳しい山行記録はヤマレコにアップしています。

ヤマレコの山行記録を見る

そして今回のコースを僕の独断と偏見で★で示すこうなります。

  • 所要時間:3時間36分(休憩21分くらい)
  • 山行時間:3時間15分
  • 歩行距離:5.9km
  • 高低差:429m
  • 累積標高(上り):502m
  • 累積標高(下り):496m
  • 体力消耗度:
  • 足つりそう度:
  • 斜面のきつさ:
  • 道の険しさ:
  • おすすめ度:

※ヤマレコで見ると歩くスピードは標準くらいで、登山が終わった後はヘロヘロになるくらいの体力の私の評価です。体力に自信がある人や健脚な人だと、評価や感想は変わると思うので、その点はご了承ください。

登山道は全般的に歩きやすく、危険個所もありません。

初心者でも十分に歩ける登山コースだと思います。

ただし、登山道入り口からいきなり急登が始まるので、僕のような体力無し無しオジサンにはちょいときつかった(笑)

最初から急登があるというのは聞いていたんだけど、想像を超えていた。

しかも結構長く続くので、息は切れるし体力も切れるし。

途中で引き返したくなるくらい(笑)

ゆっくり休みながら登り終えると、それからは適度なアップダウンが続くくらいで快適に歩けます。

八合目が近づくと、また急登が出てきますが、最初の急登に比べるとそんなにきつくはなかったかな。

最初の急登を気合いと根性で乗り切れば大丈夫だと思います。

今回は登り始めが遅かったせいもあり、八合目まで行って折り返しました。

朝から登っていれば山頂まで行けたんですけどねぇ。

そこだけが心残りかな。

ただ八合目からの景色は支笏湖を望む絶景が楽しめるので八合目まで行ければ満足できるかもね(笑)


登山の様子

イチャンコッペ山登山の様子を写真多めで紹介していきます。

イチャンコッペ山登山

車をポロピナイ展望台の駐車場に止めてそこから登山スタートです。

展望台から歩いて3分くらいの場所に登山道入口があります。

イチャンコッペ山登山

ここに一歩足を踏み入れて、僕はうなだれました(笑)

いきなり急登が始まるんだもの。

心の準備が出来てなかった。

イチャンコッペ山登山

これ写真で伝わるかなぁ。

結構な急登なのよ。

登らないで引き返したくなるくらいの。

とはいえ、せっかく来たので登りましたよ。

誰やお手軽登山言うた奴ってぶーぶー言いながら(笑)

登りが得意な嫁さんも途中で休み休み登ってました。

嫁さんの心配は帰りね。

下りが苦手なので、この急な斜面下りられるのかの心配を登ってる最中にしてた(笑)

イチャンコッペ山登山

山麓の方は、木々もまだまだ緑。

天気も良く登山日和でした。

イチャンコッペ山登山

大きなキノコも発見。

写真を撮りつつ、休みながらゆっくり登って行きます。

イチャンコッペ山登山

この日は平日だったからか、登山客も少なめ。

数人とすれ違うくらいでした。

静かな登山道歩くのは気持ちが良いね。

ただ、北海道の山は、ヒグマが怖いけどね(汗)

なので、一応熊鈴は持って行ってます。

イチャンコッペ山登山

急登はまだまだ続きます。

もう汗ダクダクです(笑)

イチャンコッペ山登山

後ろを振り返ると木の間から支笏湖が見える。

支笏湖の景色って綺麗だなぁ。

こういう景色に癒されつつ歩を進めます。

イチャンコッペ山登山

登って行くと、色づき始めた木々もチラホラと出てくる。

北海道は秋が来るのが早いですね。

イチャンコッペ山登山

辺りがだんだんと秋っぽい雰囲気なっていきます。

季節の変化を感じながら歩いて行きます。

イチャンコッペ山登山

そして登り始めてから約30分くらいで急登が終了。

急登を登りきると、登山道から支笏湖の美しい景色を楽しむことが出来る。

イチャンコッペ山登山

これが山を登ったご褒美ですよね~。

展望台から見るよりも山の上から見る方が綺麗だな。

ここからは、緩やかな登山道が続きます。

イチャンコッペ山登山

鳥の声もたくさん聞こえる。

鳥の声を聞く余裕が出てきたな(笑)

こんな感じの登山道が続きます。

イチャンコッペ山登山

緑が豊かで気持ちが良いです。

イチャンコッペ山登山

徐々に葉が色づいてきている様子がわかりますね。

緑から黄緑に変るグラデーションがまた綺麗なんですよね~。

イチャンコッペ山登山

苔むしてる箇所もチラホラとあった。

こういう小さな景色を見つけながら歩くのも楽しい。

イチャンコッペ山登山

針葉樹のトンネルを歩いて行く個所もありました。

いろんな風景が楽しめるコースだね。

イチャンコッペ山登山

少し開けた場所に出ます。

すると先に見えるのはイチャンコッペの八合目かな。

イチャンコッペ山登山

この辺りから、再び急登が始まります。

でも緩やかな登山道が続いていたので、多少体力は回復していたので登れました(笑)

イチャンコッペ山登山

青空と色づき始めた木々の風景が綺麗ですね~。

イチャンコッペ山登山

遠くの方に見えるのがイチャンコッペ山の山頂。

まだまだ遠いな(苦笑)

イチャンコッペ山登山

八合目手前にあった絶景スポット。

眺望が楽しめます。

イチャンコッペ山登山

支笏湖もこんな感じで見渡せる。

山の上から見ると、支笏湖の壮大な感じがより一層わかりますね!

イチャンコッペ山登山

さらに進んで八合目を目指します。

上の写真の山が八合目。

イチャンコッペ山登山

そして登山開始から2時間弱くらいで八合目に到着。

ここで少し休憩します。

イチャンコッペ山登山

八合目からの景色はこの絶景。

これは山に登らないと見ることが出来ない景色ですよね!

登った甲斐があるわ~(笑)

イチャンコッペ山登山

ここでセコマで買っておいたオヤツを食べる。

セコマ

山の上で食べる大福とクリームパン最高っす(笑)

セコマの大福はお餅が柔らかくて美味しいのおすすめです!

八合目から山頂までは片道20分くらい。

この時点で14時を過ぎていたので、山頂には行かずにここで折り返すことにしました。

ネットで見た情報だと、山頂よりも八合目の方が眺望が良いようなこと書いてあったしね。

朝から登ってたら山頂にも行けたんだろうけど、今回はここで断念しました。

ということで下山。

イチャンコッペ山登山

下山の風景もなかなか良いよね!

急な坂道なので滑らないように慎重に歩いて行きます。

下りは嫁さんのスピードが極端に落ちる(笑)

イチャンコッペ山登山

支笏湖の景色を楽しみつつ下山して行きます。

イチャンコッペ山登山

来た道を折り返しているので景色は行きと一緒(笑)

イチャンコッペ山登山

でも途中でシマエナガの群れに遭遇するという嬉しいこともありました。

シマエナガの写真はこちらの記事に載せています。

イチャンコッペ山登山

地面を見ながら歩いていると、小さな秋も見つけました(笑)

イチャンコッペ山登山

そして最後の急斜面を下りて登山口に到着。

下山は1時間半程度で行けた感じです。

登ってる時は、下りの心配をしていた嫁さんですが、問題なく下りれていました。

結構疲れたけど、絶景にシマエナガに楽しい登山になりました!

カメラについて

うちのカメラ機材はこちらです。

写真はこのカメラで撮ってます⇒


登山道までのアクセス

登山道入口はポロピナイ展望台の近くにあります。

車はポロピナイ展望台に止めましょう。

ただ、ポロピナイ展望台にはトイレがないし、登山道や山頂にもトイレはありません。

トイレはポロピナイ園地の方に公衆トイレがあるので、それを利用してからポロピナイ展望台の方に行くようにすると良いです。

おすすめ情報

クラブツーリズムは登山系のツアーが充実!

ガイドと一緒に歩けるので初心者でも安心!

どんなツアーがあるか見てみる⇒


今回のハイキングの服装や持ち物

今回のハイキングは以下の装備で歩きました。

simsimの登山装備

持ち物

  • モバイルバッテリー
    Anker PowerCore 10000
  • スマホ
  • カメラ
  • タオル
  • 行動食(パン、大福)
  • 飲み物

この日はとても温かく、終始Tシャツのみで登ることが出来ました。

山の上の方は風が吹くと、汗をかいた体が冷えやすくなるので、ウインドシェルなどの羽織るものはあった方が良いです。

全般的に登山道は歩きやすくなっていますが、勾配急な個所がありそこを下りる時は滑りやすい個所もあったりするので、登山靴を履いて行った方が良いと思います。

その他は軽登山の装備で歩けるコースです。

お得な情報

登山グッズ買うならこのお店!

アウターラインナップが1000点以上!

冬の新作も続々登場⇒


支笏湖の壮大な景色が楽しめる山

以上、イチャンコッペ山登山のレポートでした。

低山でしたが北海道の山をがっつり歩いたのは初めて。

北海道の山を登ったというだけでも満足感のある登山でした。

景色がとてもよく、気持ちの良いハイキングコースだったし、シマエナガのおまけもついてきて嬉しかったな(笑)

北海道旅行で登山を組み込むのも良いなぁって思ったので、次回の北海道旅行の際にも登山を入れたいかな。

特にこの山は、急登はあるものの難易度的には初心者向けだと思うので旅行にも組み込みやすい山だし、何より支笏湖を眺める景色は必見です。

北海道の大自然を肌で感じられるので、登山するのもすごくおすすめですよ!

ブログランキングに参加しています

この記事が参考になったら、下記のボタンをぽちっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ しむしむ旅行記 - にほんブログ村

初心者におすすめの登山コース

北海道の記事まとめ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しむしむ

しむしむと申します。東京在住の48歳のおっさんです。嫁さんと旅行やお出かけするのが趣味。実際に行ったところや見たものを記事にしてるので、同じ場所に行きたい人の参考になればと思います。ツイッターとインスタも始めたので、良かったらフォローよろしくです!

-北海道登山コース
-, , ,