東京の公園 東京都

井の頭公園のリスの小径で二ホンリスに癒される!井の頭池ではカイツブリが子育て中

井の頭公園リスの小径

コロナウイルスの影響で3月28日から臨時休園していた井の頭自然文化園が、6月2日から再開園しました。

井の頭自然文化園の園内には「リスの小径」という二ホンリスを放し飼いにしているエリアがあって、とても人気があります。

週末とかは結構混んだりするので、今回は平日に様子を見に行ってみました。

平日でもそれなりに人はいたけど、密になってる感はなく、比較的快適に観察が出来ました。

井の頭公園の園内も鮮やかに緑に包まれてとても気持ちが良いし、井の頭池ではカイツブリが子育てをしたりと、散策するとなかなか楽しい(笑)

この記事は、リスの小径の二ホンリスの様子と井の頭公園の雰囲気などを紹介していきます!

おすすめ情報

楽天トラベル秋&冬旅SALE実施中!

GOTOトラベルと併用可能!!

対象の宿泊施設はこちら⇒

クーポンも上手く利用すればかなりお得に泊まれます!

井の頭自然文化園リスの小径の様子

井の頭公園リスの小径

井の頭自然文化園のリスの小径で見ることが出来るリスは二ホンリス。

お腹が白くて、クルミを持って食べる姿がほんと可愛い。

正面から見るとトトロっぽいのが愛らしいです。

硬いくるみの殻に、歯で上手に切れ込みを入れて行って割って食べるんだよね。

井の頭公園リスの小径

モフっとしたお腹がたまらなく可愛いのよ(笑)

リスの小径はそんなに広くないので、じっと見ているとあちこちをリスが走り回ったりするので見つけやすいです。

大きめの檻の中に、木を植えたり川の流れを作ったりして、リスが生活しやすくしているエリアで、その中にお邪魔する感じが良いんです。

井の頭公園リスの小径

なのでリス達もノビノビしているように見える。

上の写真は、顎を高速カキカキしているところ(笑)

木の緑も生い茂って、今の時期は良い感じの写真が撮りやすいですね。

 

躍動感のある写真に挑戦

井の頭公園リスの小径

リスの写真を撮る時に一番撮りやすいのは何か食べている時。

動かないし、可愛い姿なので簡単に撮ることが出来ます。

でもね、リスの小径のようなリスがイキイキと走り回っているリス園に行くと、リスの躍動感のある写真が撮りたくなるます。

上の写真は、嫁さんが撮ったこの日のベストショット!

川を飛び越える二ホンリスがバッチリ撮れています。

すごいよね(笑)

井の頭公園リスの小径

こちらは、飛ぶ前の状態。

自然の中にいるような雰囲気で撮れてるのがいいね。

井の頭公園リスの小径

こちらは走り抜ける後ろ姿。

尻尾のモフモフとオケツが可愛い(笑)

井の頭公園リスの小径

何しろ忙しなく、駆けずり回っています(笑)

同じ場所を何回も走るので、そこにピントを合わせておいて、シャッタースピードを上げて待ち構えて撮ると撮りやすいかも。

井の頭公園リスの小径

リスの動きはかなり速いので、躍動感のある写真って結構難しいんですが、少しは撮れたかな。

写真を集中して撮ろうとしていると時間を忘れちゃうのが玉に瑕です(笑)

 

暑かったのでダレてるリスも多数(笑)

井の頭公園リスの小径

この日は陽射しが強く暑かったので、木の上で伸びてるリスも多かった。

そのダレ具合もまた可愛いのよね(笑)

井の頭公園リスの小径

ぺターンとしながら、こちらの様子を伺うリス。

正面が顔が可愛い(笑)

井の頭公園リスの小径

完全に眠そうなリス。

目がトローンとして来てる(笑)

あれだけ走り回ってたら疲れると思う。

井の頭公園リスの小径

ちょっと笑ってるように見えるリス。

鋭い爪や歯の様子がわかると思います。

井の頭公園リスの小径

草の上で伸びてたリス。

草の上はひんやりして気持ちが良いのかな。

こう見ると、ネズミ感もあったりするね(笑)

井の頭公園リスの小径

巣箱の中でトローンとしているリス。

この子は子リスなのかなぁ。

子リスも見れるかなと思って行ったんだけど、みんな大きくてどの子が子リスか全然わからなかった(笑)

行く時期が遅すぎたかな。

注意深く見ていると、リスのいろんな表情が見られるので楽しいよ!

 

井の頭公園の池ではカイツブリが子育て中

井の頭公園リスの小径

井の頭公園には井の頭池という大きな池があります。

テレビにもよく出るので知ってる人も多いかな。

休日になると、スワンボートがたくさん出動する場所でもあります(笑)

この池を取り囲むように、樹木もたくさん植えてあって、とても緑が豊かな公園。

井の頭公園リスの小径

こちらは井の頭弁財天がある方の池。

緑の中に真っ赤な弁財天が映えてますよね!

井の頭公園リスの小径

この時期のモミジも緑が鮮やかで綺麗ですね。

池の周辺を散策していると、数人の人だかりが出来ていたので、覗いてみるとカイツブリがいました。

巣の上でじっとしているカイツブリがいるので、卵を温めているのかなって思ったら違った(笑)

 

子育て中でした。

最初、雛が見えなかっただけど、親鳥が動いたらボトボト落ちてきた(笑)

井の頭公園リスの小径

カイツブリって夫婦で子育てするのかな。

1羽が巣にいるときに、もう1羽がご飯を採ってきて雛に与えてた。

どっちが母ちゃんかわかんないけど、巣にいる方が母ちゃんなのかな(笑)

今年はカルガモ親子をいっぱい見たけど、カルガモは生まれてすぐ自分でご飯を採って食べるから給餌のシーンは無いのよね。

カイツブリも同じかと思ったら、ちゃんと給餌してた!

なんともホッコリする光景ですよね~。

井の頭公園リスの小径

何を上げていたのかはよくわからないんだけど、雛は美味しそうに食べてたよ!

ちなみにこのカイツブリの雛たちは生まれて1〜2日だそうです。

生まれたてホヤホヤやん(笑)

池の周りを歩いていると、他の巣も発見。

井の頭公園リスの小径

こちらは雛が少し大きくなってました。

雛達は巣から離れず、親がご飯を持ってきてくれるのを待ってた。

井の頭公園リスの小径カイツブリの巣、草でフカフカにしてあって、なかなか快適そうなお住まいでした(笑)

カワセミが撮りたいなと思って探したんだけど、声はしたけど姿は見つけられず。

行き慣れて無いところだと探すのも難しいね。

でもカイツブリ親子のホッコリする光景を見ることが出来たので良かったです!

 

井の頭自然文化園へのアクセス

リスの小径は井の頭自然文化園内にあります。

井の頭自然文化園【公式ページ】

本園と分園に分かれていて、リスの小径は本園の方にあります。

入園料は以下の通り。

  個人 団体(20名以上) 年間パスポート
一般 400円 320円 1600円
中学生 150円 120円
小学生以下 無料 無料
65歳以上 200円 160円 800円

開園時間と休園日

  • 開園時間:9時30分~17時
  • 休園日:月曜日(月曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合は、その翌日が休園日)/年末年始(12月29日から翌年1月1日)

二ホンリス以外にも動物はいるし、400円で入ることが出来るので、おすすめの動物園です。

年に4回以上行けば元が取れるので、年パスを買うのもお得かも!

 

まとめ

久しぶりのリスの小径でした。

二ホンリス達は、相変わらず元気で可愛い姿をたくさん見せてくれました。

混雑を少し心配していたけど、平日だったせいもあり空いていたので良かった。

リスの小径以外にも可愛い小動物もいるし、動物園の入園料が400円とリーズナブルなのでおすすめのスポットです。

ちなみに井の頭公園に入るのは無料で入れます。

野鳥も多く生息しているので、野鳥観察に行くのも楽しい公園ですよ!

はとバスで東京の名所を巡るバスツアーも組まれています。

東京を巡るバスツアー

バスツアー東京の観光スポットを巡るのも楽しいです!

あわせて読みたい

この記事の写真はオリンパスのミラーレス一眼を使って撮影しています。

撮影機材についてこちらの記事でまとめています。

うちのカメラはこれ

東京のおすすめ公園はここ

東京のおすすめ観光スポットはここ

 

ブログランキングに参加しています。

この記事が参考になったら、下記のボタンをぽちっとしてもらえると励みになります。

旅行記ブログランキング

-東京の公園, 東京都
-, , , ,

© 2020 しむしむ旅行記