グルメ 東京都

山の上ホテルのカフェで絶品スイーツ&文京シビックセンターからの夜景を楽しむ【東京散歩②】

山の上ホテル

2020年9月21日、東京メトロの1日乗車券を買って、都内を散歩してきました。

最初に行ったのは「東京ジャーミイ」。

東京ジャーミイでは、東京にいながらトルコのモスクの雰囲気を存分に堪能すること出来ました。

東京ジャーミイの様子はこちらの記事で書いてます。

おすすめ記事
東京ジャーミイ
東京ジャーミイ見学!そこは美しい異国の世界だった!【東京散歩①】

2020年9月21日、東京メトロの1日乗車券を買って、都内を散歩してきました。 まず最初に行ったのが「東京ジャーミイ・トルコ文化センター」。 東京ジャーミイは、代々木上原にある日本最大のイスラム教寺院 ...

続きを見る

東京ジャーミイを見学した後は、東京メトロ1日券を使って新御茶ノ水に移動。

以前から気になっていた「山の上ホテル」のカフェ「コーヒーパーラーヒルトップ」でティータイム。

1937年に完成したアールデコの建物で、クラシックな雰囲気の中でお茶が楽しめる素敵な場所。

ここでホテル自慢の自家製スイーツと紅茶を楽しみました。

そして美味しいスイーツとお茶を楽しんだ後は、後楽園駅に移動して「文京シビックセンター」から夜景を鑑賞。

文京シビックセンターは文京区役所で展望台には無料で入ることが出来ます。

気軽に東京の夜景が楽しめるのでおすすめのスポット。

この記事では、山の上ホテルのカフェと文京シビックセンターからの夜景を紹介していきます。

おすすめ情報

一休.comでGO TO Eat キャンペーン実施中!

来店予約で1名最大1000ポイントもらえます。

対象レストランを探す⇒

さらに一休ポイント即時利用で10%割引も!

山の上ホテルのカフェ「コーヒーパーラーヒルトップ」

山の上ホテルは、1937年に建てられた建物で、ホテルの開業は1954年で66年の歴史があるホテルです。

建物はアールデコ様式で、内外装ともにとてもクラシック。

ホテル内に入るとタイムスリップしたかのような感覚になる雰囲気。

山の上ホテルのカフェはとても人気があって、この日も僕たちの前に5組ほど待っている人がいました。

30分以上は待つとのことだったんだけど、せっかくなので待つこと。

ロビーの方で待たせてもらえるので、待つ時間はそんなに苦じゃなかったかな。

ロビーも素敵な雰囲気だったからね(笑)

 

くつろげるロビーラウンジ

山の上ホテル

ロビーラウンジはこんな感じ。

昭和な感じして良いでしょ。

ソファーに座ってゆったりとした気分で待つことが出来ました。

山の上ホテル

シャンデリアも派手すぎず、でも高級感があって良いね。

とても落ち着く空間でした。

そしてテーブルのレースの敷物もオシャレ。

山の上ホテル

レースの部分をよく見ると、「HILLTOP」って文字が編み込まれる。

細かいところにこだわりを感じます。

山の上ホテル

ちなみにこのロビーでは、カフェで出されるケーキをテイクアウトすることも出来ます。

チーズケーキがあったら買って帰りたかったんだけど、なかったのでテイクアウトはしませんでした。

結局、待った時間は1時間以上(笑)

きっと、皆さん1度入ったら、中でくつろいじゃうんだろうね。

回転が結構遅かったです(笑)

 

コーヒーパーラーヒルトップ

やっと僕たちの順番が回ってきて、カフェの方に案内されます。

カフェの席もゆったりとした感じで、のんびりくつろぎたくなる気持ちが良くわかりました(笑)

メニューを見せてもらって、さっそく注文。

このカフェイチオシの伝統のババロアとチーズケーキを頼もうと思ったんだけど、チーズケーキが無かったので苺のババロアにすることに。

値段は伝統のババロアも苺のババロアも990円。

ドリンクをセットで付けると+440円です。

山の上ホテル

伝統のババロアはバニラの香りして、口当たりがとても滑らか。

口の中に入れると、バニラが広がってすごーく美味しい。

そして苺のババロアは、苺の風味がすごくしっかりしています。

ババロア自体は甘めなんだけど、周りのイチゴソースが結構酸味が効いていて、このソースを付けて食べるといい感じでバランスが取れて美味しい。

どちらもすごく美味しいババロアでした。

普段、ババロアってあまり選ばないんだけど、このカフェに行ったらババロア注文した方がいいよ!

超ゴージャスなプリンアラモード(期間限定かも)もメニューの中にあったんだけど、すでに売り切れだったので食べることは出来ませんでした~(笑)

コーヒーパーラーヒルトップ【食べログ】

 

山の上ホテルへのアクセス&予約

山の上ホテル【公式】

山の上ホテルの最寄り駅は以下の通り。

  • JRお茶の水駅から徒歩5分
  • 東京メトロ新御茶ノ水駅から徒歩6分
  • 東京メトロ神保町駅から徒歩6分

カフェの予約はディナーのみ受け付けていて、公式ページから予約をすること出来ます。

山の上ホテルレストラン予約【公式】

カフェの他にも天ぷらや鉄板焼き、フレンチなどのレストランもあって、それらの予約も公式ページから行えます。

レストランによっては、一休.comからも予約が出来るので見てみてくださいね。

一休.comで予約する

 

文京シビックセンターからの夜景

文京シビックセンター

山の上ホテルでティータイムを楽しんだ後、後楽園駅に移動して「文京シビックセンター」へ。

ティータイムが遅くなったから、文京シビックセンターについたら暗くなってた。

おかげで夜景が楽しめました。

文京シビックセンターは、文京区役所のビルでその25Fが展望デッキなっています。

誰でも無料で入ることが出来て、地上105mからの東京の絶景を楽しむことが出来ます。

文京シビックセンター

スカイツリー方面の夜景。

スカイツリーがさすがに飛びぬけて高いですよね(笑)

こうやって改めてみると、東京って本当に明るいな。

文京シビックセンター

こちらは新宿方面の夜景。

拡大すると都庁やコクーンタワーも見えるんだけど、ブログの写真は画質が落ちているので、さすがにわからないかな(笑)

昼間晴れていれば富士山も見えるようです。

文京シビックセンター

そしてこちらは、池袋方面の夜景。

一番高く見えるビルが、サンシャイン60ね。

どの方面を見ても、ビルだらけでさすが東京といった感じ。

東京の真ん中にあるビルなので、いろんな方面の夜景が楽しめるのが良い点。

東京タワー方面のみ、展望デッキが無いのが残念ではあるんですけどね(笑)

全然混んでないし、この夜景が無料で見ることが出来るので、とてもおすすめのスポットです。

ちょっと立ち寄ってみると良いですよ!

 

文京シビックセンターへのアクセス

アクセス

  • 東京メトロ丸の内線「後楽園駅」5番出口から徒歩1分
  • 東京地下鉄三田線「春日駅」文京シビックセンター連絡口から徒歩1分
  • JR総武線「水道橋駅」東口から徒歩9分

文京シビックセンター基本情報

  • 営業日:月~日
  • 営業時間:9:00~20:30
  • 休館日:年末年始、5月第3日曜
  • 住所:東京都文京区春日1‐16‐21
  • 入場料:無料

 

東京を巡るなら東京メトロ1日乗車券がお得

東京ジャーミイ

東京都内を巡るなら、東京メトロの1日乗車券がおすすめです。

東京メトロ24時間券【公式】

この切符で乗ることが出来る路線は9つ。

  • 銀座線
  • 丸の内線
  • 日比谷線
  • 東西線
  • 千代田線
  • 有楽町線
  • 半蔵門線
  • 南北線
  • 副都心線

24時間以内に4回以上乗ることがあれば、このチケットを買った方がお得になります。

料金は大人600円、小児300円。

路線図を見てもらうと、都心部はかなり網羅されているので、都心で遊ぶときは料金を気にせず地下鉄に乗れちゃうので便利。

東京メトロ路線図【公式】

ちなみにこの24時間券は券売機で簡単に買うことが出来ます。

東京観光する際に是非利用してみてください!

 

まとめ

以上、山の上ホテルと文京シビックセンターの夜景のレポートでした。

山の上ホテルは、老舗のホテルでスタッフの方の対応もすごく丁寧だし、雰囲気も良いのでお茶を楽しみに行くにはとても良い場所でした。

東京観光に来た際は宿泊するのも良いかもしれませんね。

楽天トラベルで予約する

山の上ホテルというと、天ぷらがとても有名のようなので、いつか天ぷらも食べてみたいな。

そしてこの周辺に行ったら、文京シビックセンターに立ち寄るのもおすすめ。

昼なら眺望が望めるし、夜は夜景が楽しめますよ。

東京メトロの1日券でいろいろ周ると、東京観光がさらに楽しくなるかも!

オシャレカフェやホテルラウンジの予約は一休.comがおすすめ!

一休.comでお得なプランを探す⇒

アフタヌーンティーなど平日限定のお得なプランなどがありますよ!

あわせて読みたい

この記事の写真はオリンパスのミラーレス一眼を使って撮影しています。

撮影機材についてこちらの記事でまとめています。

うちのカメラはこれ

おすすめのアフタヌーンティーはここ

グルメまとめページ

 

ブログランキングに参加しています。

この記事が参考になったら、下記のボタンをぽちっとしてもらえると励みになります。

旅行記ブログランキング

-グルメ, 東京都
-, , , , ,

© 2020 しむしむ旅行記