アフタヌーンティー グルメ 東京都

赤坂プリンスクラシックハウスで秋のアフタヌーンティーを楽しむ

赤坂プリンスクラシックハウス

2020年9月18日に8か月ぶりのアフタヌーンティーに行ってきました。

うちは嫁さんがアフタヌーンティー好きなのでたまに行っていたんですが、コロナの影響でしばらく行けてなかったんです。

久しぶりに雰囲気の良い場所で、美味しいお茶やスイーツを楽しみたいと思って行ってみることにしました。

今回行ったのは、赤坂にある「赤坂プリンス クラシックハウス ラ・メゾン・キオイ」。

昭和初期に建てられた歴史ある建物内で楽しむティータイムは超贅沢。

スイーツにはブドウや和栗などが使われていて、秋を感じさせる内容となっていました。

雰囲気も良いし、セイボリー、スイーツなどの食べ物も美味しいので、ちょっと贅沢なティータイムを過ごしたい時におすすめの場所です!

おすすめ情報

一休.comでGO TO Eat キャンペーン実施中!

来店予約で1名最大1000ポイントもらえます。

対象レストランを探す⇒

さらに一休ポイント即時利用で10%割引も!

秋のアフタヌーンティーの内容

今回楽しんだのは「クラシックアフタヌーンティー オータム」で、お値段は1人4500円(税込み)です。

これに、フレンチフライのトリュフ(900円税込み)も追加注文してみました。

内容を詳しく紹介していきます。

 

ドリンク類

赤坂プリンスクラシックハウス

まずはお茶などのドリンク類を選んでいきます。

クラシックアフタヌーンティーのスタンダードセットでは、お茶やソフトドリンクなどの飲み放題が付いています。

お茶9種、コーヒー3種、ソフトドリンク4種のなかから選べます。

お茶は茶葉替えも出来るので、好きなだけ楽しめるのが良いね。

おすすめはジャスミンティー。

甘いお菓子を食べた後の口の中をスッキリさせてくれます。

そして+1000円のラグジュアリーセットにすると、マリアージュフレールの紅茶3種が選べたり、シーズナルスカッシュなどのドリンクが選べるようになったりします。

僕も嫁さんもスタンダードセットで十分満足しちゃうので、ラグジュアリーセットは注文しませんでした。

ドリンクを豪華にしたい人は、ラグジュアリーセットを頼んでみるのも良いのかもね。

 

セイボリー&スイーツ

お茶が運ばれて来たら、続いて3段トレーに盛られたセイボリー&スイーツが運ばれてきます。

この3段トレーに盛られてくると、見た目も豪華だしテンションが上がりますよね。

女子の皆さんは、思わず写真が撮りたくなるんじゃないでしょうか(笑)

上段から順番に紹介していきますね。

 

上段

赤坂プリンスクラシックハウス

  • ナガノパープルのパンナコッタ
  • ピスタチオのマカロン

上段スイーツは上記の2種。

パンナコッタは、冷えた状態で食べるのが美味しいので早めに食べることを勧められます。

ブドウはナガノパープルで、皮ごと食べて美味しいブドウ。

甘さも強いし、ブドウそのものの味が濃いので、濃厚なパンナコッタにも負けない感じ。

パンナコッタの食感がとても滑らかだし、ブドウとの相性も良くてすごく美味しかった!

ピスタチオのマカロンは、去年来た時も出たので、ここのアフタヌーンティーの定番なのかな。

とても柔らかくて、口の中でとろけるような食感。

ピスタチオが濃厚で、美味しいマカロンです。

 

中段

赤坂プリンスクラシックハウス

  • マルジョレーヌ
  • イチジクとラズベリーのタルト
  • 和栗のモンブラン

中段スイーツは上記の3種。

マルジョレーヌは、ヘーゼルナッツとチョコレートのケーキ。

チョコがすごく濃厚で甘め。

そこにヘーゼルナッツの風味も加わっているので、チョコ好きにはたまらないケーキ。

チョコ大好きなので、おかわりが欲しいくらい美味しかった(笑)

イチジクとラズベリーのタルトはイチジクがたっぷりのってる。

酸っぱめのラズベリーと甘めのイチジクが良いバランスになっていました。

和栗のモンブランは、甘すぎず食べやすい。

僕はモンブランがあまり得意じゃないんだけど、美味しくいただけました。

 

下段

赤坂プリンスクラシックハウス

  • たまごサンド
  • カボチャのエスプーマ
  • ベーコンとポルチーニのキッシュ

下段のセイボリーは上記の3種。

カボチャのエスプーマが、カボチャの甘味が強く、とっても滑らか食感で美味しい。

キッシュは、ポルチーニの味がすごくして、口の中が一気にポルチーニになります(笑)

とても美味しいキッシュでした!

たまごサンドも美味しかったよ。

 

スコーン

赤坂プリンスクラシックハウス

  • バニラ
  • アールグレイとクランベリー

スコーンは上記の2種。

しっとりした感じのスコーンに、サクッとしたクッキー生地がのっています。

クッキー生地は甘めで、スコーン自体は甘さ控えめなので、一緒に食べると美味しい。

どちらのスコーンも何も付けずに食べても美味しいんだけど、ホイップバターとジャムを塗って食べるとさらに美味しくなります。

今回のジャムは巨峰のジャムだったんだけど、これが超美味しかった。

巨峰の味が濃厚で、巨峰をそのまま塗って食べてるんか!ってくらい(笑)

巨峰のジャムをお土産に買って帰りたかったくらいです。

 

フレンチフライ(トリュフ)

赤坂プリンスクラシックハウス

今回初めて頼んでみたフレンチフライ。

プレーンとトリュフがあって、どちらも900円(税込み)。

トリュフの方にしてみたいんだけど、トリュフ塩がかかってるのかな。

ほんのりトリュフの香りがして美味しい!

これね、食べ出したら止まらなくなる美味しさよ(笑)

ここに来たら、アフタヌーンティーと一緒に頼みたい一品です。

 

以上がアフタヌーンティーの内容です。

全体的に量はそんなに多くないんだけど、満足感のある内容でした!

 

赤坂プリンス クラシックハウスについて

赤坂プリンスクラシックハウス

「赤坂プリンス クラシックハウス」は、「赤坂プリンス旧館」として親しまれてきた建物を2016年にリニューアルオープンしたお店です。

昭和初期に建てられた歴史の古い建物で、内装はとてもクラシックな雰囲気。

赤坂プリンスクラシックハウス

アフタヌーンティーは、この「赤坂プリンス クラシックハウス」内にある「ラ メゾン キオイ」というレストランで楽しむことが出来ます。

赤坂プリンスクラシックハウス

店内はクラシカルな感じだけど、高級ホテルのアフタヌーンティーに比べると、カジュアルに楽しめる感じではあります。

スタッフさんも明るい感じだし、対応も丁寧だったので気持ちよくアフタヌーンティーを楽しむことが出来ました。

ここのアフタヌーンティー、結構おすすめです。

赤坂プリンス クラシックハウス【公式】

 

アクセス

 

赤坂プリンス クラシックハウスは、東京メトロ「永田町駅」の9-b出口から徒歩1分の場所にあります。

駅近なので、お天気の悪い日も行きやすくてよいですね!

 

アフタヌーンティーの予約

アフタヌーンティーの予約は公式ページから行うことが出来ます。

ラ・メゾン・キオイ予約【公式】

アフターヌーンティーをはじめ、ディナーやランチの予約も出来るので、予約を入れてから行くことをおすすめします。

また一休.comでも予約することが出来ます。

ラ・メゾン・キオイ予約【一休.com】

一休.comで予約した方がお得な場合もあるので、まずは一休.comから見てみるのがおすすめです。

 

まとめ

以上、赤坂プリンス クラシックハウス ラ・メゾン・キオイのアフタヌーンティーのレポートでした。

お茶類の種類は少ないものの、茶葉替えやお変わりは自由なので、時間いっぱいお茶を楽しめるのは嬉しい。

セイボリーもスイーツもスコーンもどれも美味しいし、とても満足のいく内容でした。

店内の雰囲気もクラッシック調で高級感があるので、ちょっとした贅沢をしたい時に行くには最適。

デートや女子会に利用するのも良いのではないでしょうか!

オシャレカフェやホテルラウンジの予約は一休.comがおすすめ!

一休.comでお得なプランを探す⇒

アフタヌーンティーなど平日限定のお得なプランなどがありますよ!

あわせて読みたい

この記事の写真はオリンパスのミラーレス一眼を使って撮影しています。

撮影機材についてこちらの記事でまとめています。

うちのカメラはこれ

おすすめのアフタヌーンティーはここ

グルメまとめページ

 

ブログランキングに参加しています。

この記事が参考になったら、下記のボタンをぽちっとしてもらえると励みになります。

旅行記ブログランキング

-アフタヌーンティー, グルメ, 東京都
-, , ,

© 2020 しむしむ旅行記