登山・ハイキングギア

KEENのリッジフレックスは履き心地が良く快適に歩ける登山靴!

キーンリッジフレックス

こんにちは、しむしむです。

最近、KEENのアウトドアスニーカーが気に入って愛用しているのですが、登山靴も気になっていたので入手しちゃいました!

今回手に入れた登山靴は「リッジフレックスWP」というモデル。

リッジフレックスWPは2021年の2月に発売された比較的新しいモデルで、シューズの屈曲部にKEEN.BELLOWS FLEX(キーン・ベローズ フレックス)という最新の技術を用いています。

ミドルカットとローカットのモデルがあって、僕はミドルカットのモデルを手に入れました。

履き心地も良く、とても歩きやすい登山靴ですごく気に入ってます。

この記事ではリッジフレックスWPについて、靴の特徴や実際に履いて登山をしてみた感想を書いて行きたいと思います。

ハイキングや軽登山などに履きたい登山靴を探している人は参考にしてみてください。

おすすめ情報

楽天トラベルでクーポン祭り開催中!

お得なクーポンはこちら⇒

クーポンを使って秋冬の旅を楽しもう!

11/1の9:59までです。

KEEN(キーン)とは

KEEN(キーン)はアメリカの靴のブランドで、2003年に設立された比較的新しい会社です。

KEENって言うと、ごつい感じのサンダルのイメージが強い人も多いかと思いますが、スニーカーや登山靴なども作っていたりします。

リサイクルペットやLWGレザーの使用、有害な化学薬品を使わないなど、地球環境にやさしい製品づくりを心掛けている会社。

登山や公園など緑の多い場所が好きな僕にとっては、とても応援したくなるブランドですね。

KEEN【公式ページ】

 

リッジフレックスWPの特徴

キーンリッジフレックス

まずはリッジフレックスWPの特徴から紹介していきます。

特徴をざっと並べるとこんな感じ。

リッジフレックスWPの特徴

  • 最新技術KEEN.BELLOWS FLEX(キーン・ベローズ フレックス)により、屈曲部の耐久性が増し足への負担が軽減される構造
  • アッパーは丈夫なレザー仕様
  • ヒールロック機能でフィット感が高い
  • KEEN独自の防水透湿素材KEEN.DRY(キーン・ドライ)を使用していて防水性も高い
  • アウトソールは耐摩耗性とグリップ性に優れるKEENオールテレインラバーアウトソールを使用
  • モチモチした感触のやわらかいインソール

この特徴については、公式ページにも書いてあることをまとめているので、公式ページを見た人は読みと飛ばしてもらってOKです(笑)

 

最新技術KEEN.BELLOWS FLEX(キーン・ベローズ フレックス)

キーンリッジフレックス

このリッジフレックスWPの一番の特徴というと、最新技術KEEN.BELLOWS FLEX(キーン・ベローズ フレックス)が用いられているということ、

KEEN.BELLOWS FLEXは上の写真の赤い矢印で示した部分で、ソフトTPUを使った蛇腹構造となっています。

キーンリッジフレックス

蛇腹構造にすることで伸縮性があり、歩く際の屈曲部と足首の後ろ側にこの機能があることで、足の指の付け根とアキレス腱の動きをサポートしてくれます。

その結果、足への負担が減り、登山時の疲れを軽減してくれる役割をしてくれるという優れもの。

最新の登山靴って感じがしますよね!

100万回の屈曲テストをクリアしているので耐久性もしっかり確保しています。

 

アッパーは丈夫なレザー仕様

キーンリッジフレックス

アッパーは全体的にレザー仕様となっていて、見た目的に高級感のある仕上がりになっています。

レザーなので耐久性もあるし、屈曲部にはKEEN.BELLOWS FLEXが付いてるので、レザー特有の屈曲部のシワのような状態にならないのも良い点。

屈曲部は登山靴の中でも痛みやすい部分なので、KEEN.BELLOWS FLEXが付いてることで登山靴が長持ちしやすくなりますね。

登山道には岩や石がゴロゴロしてたり、木の根が張り出しているような場所を歩くことも多いのでアッパーはしっかりした作りのものが良いですよね。

その点、リッジフレックスWPはレザー製でしっかりしているの安心。

レザーの難点としては、歩いてて岩や石などに当たるとすぐに擦り傷が付くことですかね。

僕は登山靴の味となってかっこいいと思うんだけど、新品で購入したばかりの靴に擦り傷が付くのが抵抗ある人はレザー製はおすすめ出来ないかも(笑)

 

ヒールロック機能によるフィット感

キーンリッジフレックス

リッジフレックスWPには、ヒールロックという機能が付いています。

ヒールロックは、上の写真のオレンジのテープ状のもので、靴紐と連動しています。

靴紐をしっかり閉めることで、このヒールロックも締まっていき、かかと部分もしっかりとしたフィット感を与えてくれるます。

 

防水透湿素材KEEN.DRY(キーン・ドライ)で高い防水性

登山をしていると濡れている道を歩いたり、突然天気が悪くなり雨が降ってくることも多々あります。

なので登山靴を選ぶときには防水仕様になっているものを選びたいですよね。

リッジフレックスWPは、KEEN独自の防水透湿素材のKEEN.DRY(キーン・ドライ)を使用しているので、防水性も高くなっています。

悪天候時にも安心して履くことが出来ますね。

また透湿性も高い素材なので、足の蒸れも和らげてくれるのも良い点です。

靴の中が濡れたり蒸れたりすると歩いてて不快になるので、それが軽減されるのは嬉しいですね!

 

耐久性とグリップ力の高いKEENオールテレインラバーアウトソール

キーンリッジフレックス

アウトソールもKEEN独自のKEENオールテレインラバーアウトソールを使用。

登山靴のアウトソールとしては柔らかめの印象でした。

グリップ力も高く、多少濡れた岩などを歩いても滑りに難かったです。

テント泊をする際は背負う荷物の重量も増えて、アウトソールはしっかりした登山靴が良いと言われることがありますが、テント泊をするような登山でこの靴がおすすめ出来るかはちょっとわからない。

僕はテント泊も小屋泊もしないので(笑)

日帰り登山くらいだったら、全然問題ないです。

 

モチモチした感触のやわらかいインソール

キーンリッジフレックス

インソールはとてもソフトなタイプで、触るとモチモチした感触。

とてもクッション性が高く、履いていて心地よいです。

歩いてる祭の衝撃を吸収してくれてるなぁって感触もありました。

難点はインソールを靴から出してまた入れるときに、柔らかすぎて入れづらいという点かな(笑)

 

リッジフレックスWPを実際に履いてみた感想

キーンリッジフレックス

早速、リッジフレックスを履いて登山に行ってきたので、履いて歩いた感想を書いて行きます。

苔むした岩が多い登山道で日帰り登山です。

距離は10km程度、累積標高は550mくらいだったんだけど、登山道自体が岩ゴツゴツで結構ハードな道。

ゆっくり歩いたので時間は10時間くらいかかっています。

そんな登山道を歩いた感想です(笑)

 

履き心地について

キーンリッジフレックス

まずは履き心地についてです。

履き心地はとても良かったです。

インソールのクッション性も良く、また靴全体の足へのフィット感も高い。

靴って買った当初は足に馴染むまで、多少時間がかかったりすることがあるけど、この靴に関してはそれがほとんどなかったです。

ミドルカットでくるぶしの上までホールドされていて、足首が保護されてる感もしっかりありました。

この日、10時間くらい歩いたんだけど、靴の中が蒸れた感じもなかったです。

 

歩きやすさについて

キーンリッジフレックス

この靴、すごく歩きやすいです。

アウトソールも柔らかめの印象だし、屈曲部の蛇腹構造のおかげか、すごく快適に歩くことが出来ました。

登山系youtubeで、一歩一歩踏み出すのがらくちんって紹介してて、大げさだなぁって思って見てたんだけど、実際に履いて歩いてみるとそれがなんとなくわかる気がしました(笑)

軽快に歩ける感じね。

蛇腹部分が足を踏み出す時に、どれくらいのサポートをしてくれているのかはわからないけど、それが効いてるんでしょうね。

少し濡れた岩場も歩いてるんだけど、しっかりグリップしてくれていたし、普通の登山道なら問題なく歩けます。

僕はこの靴とは別にシリオのPF302という登山靴ももっているんだけど、それに比べるとリッジフレックスは靴全体が柔らかい印象。

そのせいもあって、ソフトな履き心地になっていて歩きやすいのかもしれないですね。

 

サイズ感について

僕は普段の靴は25.5cmを履いているんだけど、この靴の25.5cmはきつかったです。

ワンサイズ上げて26cmにしたら、幅もつま先もちょうど良い感じに収まりました。

買う際はワンサイズ上げるのが良いかもしれません。

足の形は人それぞれなので、この靴が自分の足に合うか、実際にお店に行って試し履きしてみるのが一番良いと思います!

 

見た目について

キーンリッジフレックス

見た目に関しては全体的に気に入っています。

レザー製なのも上質な靴って感じがするし、オリーブ色も自然に溶け込む色で気に入ってます。

ただ蛇腹部分の見た目は最初は違和感ありましたが(笑)

やっぱり全部レザーの方がかっこよく感じるかな。

でもこの蛇腹構造が快適な歩行を生み出してくれているので、その点は仕方ない。

それに見慣れたら気にならなくなったしね(笑)

あとレザー製なので、岩とかにぶつけるとすぐに擦り傷が出来ます。

それはそれで登山靴の味になってかっこいいと僕は思うけど、新品の登山靴を傷つけたくないって思う人もいるかもしれない。

でもアウトドアで使う靴なので、そういうのを気にする人には勧められないかもね(笑)

登山初心者や一人で山に登るのが不安という人には登山ツアーもあります。

ガイド付き登山ツアーはこちら⇒

ガイドが付いているので初心者の人でも安心して登山が楽しめます!

リッジフレックスWPは登山初心者にもおすすめ!

以上、KEENのリッジフレックスWPを履いてみた感想でした。

テント泊をしたり超ハードな山道に向いてるかどうかはわからないけど、僕が行くような日帰り登山くらいだったら全然問題なく歩ける靴です。

防水仕様だし、フィット感も良いし、歩きやすいしとても気に入りました。

KEEN.BELLOWS FLEXやヒールロックなどの機能もついていて足に優しいのも良い点。

アッパーもレザー製でしっかりしているので長持ちしそうなのも良いですね。

これから登山始めようと思う人にもおすすめしたい登山靴です!

あわせて読みたい

この記事の写真はオリンパスのミラーレス一眼を使って撮影しています。

撮影機材についてこちらの記事でまとめています。

うちのカメラはこれ

初心者におすすめの登山コース

 

ブログランキングに参加しています。

この記事が参考になったら、下記のボタンをぽちっとしてもらえると励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ しむしむ旅行記 - にほんブログ村

 

しむしむ家が実際に買って使ってみて良かった商品はこちらにまとめてあります。

良かったら参考にしてみてね!

-登山・ハイキングギア
-, , ,

© 2021 しむしむ旅行記【旅行・登山・写真撮影を楽しむブログ】