小笠原諸島 東京都

小笠原諸島父島観光 その2(1日目:出発~おがさわら丸)

投稿日:2017年5月26日 更新日:

小笠原諸島観光旅行

さあ、いよいよ出発です。

2017年4月29日に出発でした。

小笠原観光旅行の1日目は出港からおがさわら丸での就寝までです。

まずは、おがさわら丸に乗船する東京の竹芝客船ターミナルまで行きます。

竹芝客船ターミナルは、JR浜松町駅から徒歩5~6分のところにあります。

ゆりかもめの竹芝駅からなら徒歩1分でつきます。

船は11時出港予定で、おがまるパックの書類には10時集合と書いてあったので、9時半くらいにつくようにターミナルに行きました。

 

【おすすめ情報】

紅葉は日帰りバスツアーで見に行こう!

ポケカルでツアーを探す

 

出発の手続き

ターミナルについてみると、すでに大きな荷物を持った人がいっぱい(笑)

みんな、おがさわら丸に乗るのね~。

ターミナルに着いたら、おがまるパックの中にある引換券を持って受付に行きます。

そしてそれを受付のお姉さんに渡すとすぐに乗船券と引き換えてくれます。

乗船券には、部屋番号が書かれています。

乗船はその番号ごとに行われます。

僕たちの番号は400番台だったので、400番台呼ばれるまで待合所で待機してました。

700番台から乗船が始まり、やっと400番台が呼ばれて乗船。

10時半くらいに船の中に入れました。

 

小笠原に向けて、いよいよ出港

2016年の夏に就航したばかりの新しい船だったので、中はとても綺麗。

まずは自分たちのベットに荷物を置いてから、デッキに出てみました。

おがさわら丸

デッキでは、旅慣れてる人がシートを敷いて宴会状態になってた(笑)

船で酒なんか飲んだら絶対気持ち悪くなる。。。

デッキにはベンチがあったりもするので、そこに座ってコンビニで買っておいたおにぎりをモグモグしていたらブォーンという汽笛が。

時計を見たら、11時になってた。

待ちに待った出港でーす。

デッキにいると、心地よい風も受けられるので気持ちがいいです。

おがさわら丸

工業地帯抜けて船は東京湾を中を進んでいきます。

レインボーブリッジを抜けると、周りからわぁーっと歓声が上がりました。

レインボーブリッジを下から見るってあまりないから、興奮しちゃいますよね!

おがさわら丸

東京湾の中から見える景色はまだまだ都会な感じ。

海の色もすこし濁ってるねぇ。

 

おがさわら丸の船内は結構広い

しばらく外にいて、そのあと船内を散策してみました。

おがさわら丸

6階と7階にデッキがあって、8階に展望デッキがあります。

そして7階にラウンジがあるんだけど、そこはすでに席が埋まってた。

慣れてる人はすぐに席を確保して、そこで長時間過ごしてる人もいましたね。

ラウンジで酒盛りしてる人もいた(笑)

6階には売店があって、コーヒーやパン、お菓子、雑誌などが売っています。

4階にはレストランがあって、メニューも結構いろいろありました。

ペットルームなんていうのもあったので、ペット連れで小笠原に行くことも出来ちゃうみたい。

船内で何頭かワンコ見かけました(笑)

ワンコと一緒に旅が出来るのは嬉しいですよね!

シャワーはつかわなったのでわからないけど、洗面室やトイレも綺麗だし、とても快適に過ごせる船内でした。

 

2等寝台は結構快適

そうこうしている内に、船は東京湾を出たのか揺れが大きくなります。

酔い止め薬を飲んでおいたので、気持ち悪くはならなかったのですが、やっぱりクラクラはしますね。

ということで夕方までお昼寝することしました。

2等寝台は、カーテン閉めるとプライベート空間になるので、落ち着いて寝ることが出来ます。

おがさわら丸2等寝台

ほんと、2等寝台でよかったです(笑)

2等和室だと周りが気になって眠れなさそう。

ぼく、デリケートなので(笑)

 

レストランは早めに行ったほうが良いかも

夕方に起きて、レストランで早めの夕飯を食べることに。

レストランは17時半オープンで、ちょっと遅い時間に行くと結構な列が出来ます。

早めに行くのは正解でした。

今回食べたのは、これ。

おがさわら丸

島塩ラーメン。

小笠原の塩を使ったラーメン。

あっさり、さっぱりでおいしかったです。

船に弱いからあまりコッテリしたものを食べると気持ち悪くなりそうだったので、これくらいあっさりしたものが丁度よかった(笑)

 

船から見る夕陽

ご飯を食べた後は、デッキに出て夕陽を見ることに。

日の入りは18時22分。

おがさわら丸

船の上から日の入りを見るのも船旅の醍醐味かもしれないですね。

残念ながら雲があって、水平線に消える太陽を見ることは出来ませんでした。

でも、綺麗な夕陽を見ることが出来て満足!

 

船旅の大敵ヒマヒマタイム

このあと怒涛のヒマヒマタイムが始まります。

船内にはいすが置いてあってくつろげるようになっていたので、そこに座って時間をつぶしていました。

おがさわら丸

嫁は持ってきていた本を読んだり、スマホしたり。

ん?なんで嫁はスマホが出来るんだ??

僕のスマホは圏外なのに。

嫁のスマホは使えてる。。。

どうもドコモさんは、使える範囲が広いみたいねぇ。

ちなみに僕はソフトバンクなんだけど、早々に圏外になりました(笑)

ということで、僕は売店で雑誌買ってきて読んでました。

次に小笠原に行くことがあったら、暇つぶし対策はしっかり考えておかなくちゃ(笑)

かなり暇なので。

ネットがつながらない生活って不便ですねぇ。。。

 

就寝

夜22時になると就寝で船内が暗くなります。

船の揺れがすこし気になってぐっすりは眠れなかったけど、ゆっくりは出来ました。

船内が意外と快適に過ごせたので24時間の船旅も、そんなにつらくなく乗り切れました。

小笠原まとめページへ

 

ブログランキングに参加しています。

この記事が参考になったら、下記のボタンをぽちっとしてもらえると励みになります。

旅行記ブログランキング

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しむしむ

しむしむと申します。東京在住の43歳のおっさんです。嫁と旅行やお出かけを良くします。実際に行ったところや見たものを記事にしているブログです。同じ場所に行きたい人の参考になればと思います。

ツイッターも始めたので、フォローしてもらえると嬉しいな!

-小笠原諸島, 東京都
-, , , , , , , ,

Copyright© しむしむ旅行記 , 2018 All Rights Reserved.