カンボジア

夜のシェムリアップでお食事!(カンボジア観光1日目)

投稿日:2017年6月20日 更新日:

2017年1月7から11日までの3泊5日でカンボジアへ観光旅行に行ってきました。

この記事はその1日目です。

1日目は、成田空港からカンボジア・シェムリアップへの移動。

シェムリアップ到着は夜だったので、ご飯を夜のシェムリアップの町で食べました。

その模様を記事にしています。

まずは成田空港へ

カンボジアのシェムリアップへは、成田空港からベトナムのホーチミンを経由していくスケジュールでした。

成田空港発は朝9時半。

出発の2時間前に空港について無くちゃいけないので、家を出たのは5時半。。。

海外旅行って大変だ(笑)

まず電車で東京駅まで行って、それから予約していた高速バスに乗ります。

高速バスはこのバスね。

京成高速バス公式ページ(東京~成田)

片道900円なので、とても安いです。

乗り換えもないので、東京から成田まで寝ててもOK(笑)

時間通り成田空港について、チェックインも済まし飛行機の登場時間をひたすら待ちます。

 

ベトナム航空の飛行機は快適!

飛行機の搭乗時間が来て、無事飛行機に乗ることが出来ました。

ベトナム航空は何年か前にベトナムに行ったときにのったことがあるんだけど、その時より飛行機が新しくなっていて快適でした。

何が快適って、座席の前にある液晶画面が新しかった!!

以前乗ったベトナム航空機は、前の画面で見られる映画が英語しかなかったんです。

でも今回のは、日本語対応!!!!

やったね。

これだけでも、飛行機の中での暇つぶしが飛躍的に変わります(笑)

ということで、観ようと思っていて観てなかった「ファインディングドリー」と「ズートピア」を観ちゃいました!

成田からホーチミンまでは約6時間。

映画2本観て、寝たりしたらそんなに苦痛では無かったです。

ちなみに、僕飛行機あまり得意じゃないです(笑)

ネックピローがあると少しは快適になるかな。

そしてホーチミンに到着。

次の飛行機までは約3時間。

飛行機の乗り継ぎって時間が結構開くのねぇ。

直行便が欲しかった(笑)

ホーチミンからシェムリアップまでは約1時間の予定。

 

カンボジアのシェムリアップ到着

予定では17時半に着くはずだったんだけど、18時に到着しました。

空港に着いたら、STWのガイドさんと合流。

ガイドさんが車でホテルまで送ってくれます。

ガイドさんは日本語がそこそこ出来る人でした。

なんか人の良さそうな感じでした(笑)

ホテルに向かう途中、カンボジアでの注意事項をいくつか教えてくれました。

  • 現地の人が行くような安いお店で食べる場合、慣れてない人はお腹を壊す恐れがある
  • お店の人と値切り交渉するときは、最初に提示された値段の半値までが妥当
  • トゥクトゥクの相場

トゥクトゥクの妥当な値段はいくら忘れてしまいましたが、ぼったくられないようにと教えてくれました。(1日で10~15ドルだったかなぁ)

ホテルに常駐しているトゥクトゥクなら比較的安心みたい。

 

フランジパニホテルにチェックイン

ガイドさんがホテルを間違えるというちょっとしたハプニングもあり、ホテルに着いたのは19時過ぎ。

無事にフランジパニホテルに着きました。

フランジパニヴィラの口コミ

hotels.comで予約する

フランジパニホテルには、日本語が話せるスタッフがいないんですよね。

うちの嫁さんが英語出来るからいいけど、英語出来ない人は他のホテルのほうがいいかもね。

ホテルは新しいわけじゃないけど、まぁまぁ綺麗してありました。

入り口が広く開放感があるホテルです。

南国のホテルって感じ。

お部屋に通してもらうと、部屋は普通でした。

水周りもそれなりに綺麗に掃除してあるし、快適に過ごせました。

お風呂もちゃんとお湯が出たしね(笑)

wifiも速くはないけど、ちゃんとつながりました。

難点は歯ブラシが無かったことかな。

東南アジアの国に行くと、宿泊先が気になっちゃうけど、このホテルは問題なかったです。

ホテルスタッフの方が、みんな気さくで良い人だったのが好印象のホテルでした。

今回のツアーには夕食はついていなかったので、夜の街に繰り出すことに。

 

クメールキッチンで夕飯

シェムリアップの中心街のほうに行くと、外国人観光客で賑わっていました。

パブストリートやナイトマーケットがあるので、みんな買い物や食事を楽しむのね(笑)

この日、夜のお食事をしたのは「クメールキッチン」です。

パブストリートの中にあるお店で、「地球の歩き方」にも載っていたお店です。

<span>クメールキッチン</span>の口コミ

ネットの口コミも良かったのでここにしてみました。

店内は広く、観光客でいっぱいでした。

クメールキッチン

注文したメニューは、カンボジアの焼飯、スープ、野菜炒めです。

メニューそれぞれに、魚、豚肉、牛肉、鶏肉の何を入れるか選べます。

ということで、焼飯には鶏肉、炒め物には豚肉、スープには魚を入れてもらいました。

スープはあっさり目の味付けで飲みやすかったし、焼飯も味に癖が無く食べやすかったです。

もっと料理にクセがあるのかと思っていたけど、全体的に食べやすく美味しかったです。

日本人がカンボジア料理を好むって、なんかわかる気がしました。

値段は全部で17ドル程度。

2人でこの値段だから、まぁ夕飯にしたら安いよね!

もっと安いお店はあるんだろうけど、お腹壊したくないからこのクラスのお店に行きたい(笑)

免疫が出来てたらいいんだろうけど、僕デリケートなので。。。

 

夜のシェムリアップでお買い物

ご飯を食べた後、夜のシェムリアップの街を散策してみました。

雑貨屋さんや色鮮やかな生地を使った服などのお店が、所狭しと軒を連ねていました。

そして、うちの嫁さんのスイッチが入って、買い物モードに変身(笑)

薄手の色鮮やかな生地のズボン(アリババパンツっていうのかな)を、まず5ドルで購入。

これは値段がちゃんと貼ってあったので、交渉はせずに素直に購入してました(笑)

値段が貼ってあるもについては、あまり値切り交渉はしないほうがよいという情報をネットで得てたみたいで。

違うお店で南国風の白いシャツを見ていると、お店のお姉さんが声をかけてきた。

そこでお店のお姉さんと、うちの嫁の攻防戦勃発(笑)

最初にお店のお姉さんが「8ドル」って言ってきた。

すかさず、嫁は「高い」と反撃。

するとお姉さんは、1ドルずつ値段を下げてきて、最終的に4ドルにまでなったところで購入することに。

そんで、5ドル渡してお釣りをもらおうとすると、お姉さんが「1ドルチップね」といってお釣りを出し渋る。

ここで、嫁さんは「最初に約束したんだから、ちゃんとお釣り渡しなさい」とパシッと言う。

お店のお姉さん、「納得いかね~」って顔でしぶしぶ1ドルお釣りを渡す。

この値切り交渉が、東南アジアで買い物するときの醍醐味なんだとか。

僕には無理でーす(笑)

まぁ見てて面白かったからいいや。

夜の街は少ししか楽しんでないけど、ホテルに戻ることに。

ホテル前にあったミニマートで、歯ブラシやお菓子や飲み物、シャンプーを購入。

シャンプーは一応ホテルについてけど、違うのが使いたくて買いました。

ホテルからオールドマーケットやパブストリートは歩いていける距離。

ツアーに標準で付いているホテルはコッカトゥリゾートなんだけど、今回いっぱいで予約が取れなくてフランジパニホテルになりました。

結果的にそれでよかったと思います。

次の日は、アンコールワットを見に行くツアーです。

ワクワクしながら就寝。

 

街歩きにはポケットwifiが便利

郊外に出ちゃうとつながらないところもありますが、街歩きをする際は持っている便利です。

Googlemapが使えると、お店の位置や道順もわかるし、お店の口コミも見れるので重宝します。

オプショナルツアーのプランで無料レンタルがセットになっている場合は、申し込んだ方がいいですよ!

オプショナルツアーに参加しないとか、プランについてないという場合は、日本からレンタルしていくと良いです。

グローバルWIFI公式ページ

1日250MBまでのプランで、紛失した時の保証とか何もつけない最安の料金だと、5日間で1500円弱です。

 

オプショナルツアーに予約しよう!

カンボジアは交通網がそんなに整備されていません。

なので、遺跡群を見に行くにしても電車があるわけじゃないので、トゥクトゥクや車で行く必要があります。

アンコールワットくらいならトゥクトゥクでも十分行けますが、ベンメリアくらいになってくると結構きつい。

郊外の遺跡に行くときはオプショナルツアーに参加することをおすすめします。

日本語でガイドしてくれるし、ホテルに迎えに来てホテルまで送ってくれます。

僕は今回ベルトラという会社のツアーに参加しましたが、どのオプショナルツアーも内容が良かったです。

カンボジアのオプショナルツアー予約

ツアーの様子は、2日目、3日目、4日目の記事で書いているので、そちらを参考にしてみてください。

ネット予約できるので便利ですよ!

カンボジアまとめページへ

旅行記ブログランキング

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しむしむ

しむしむと申します。東京在住の43歳のおっさんです。嫁と旅行やお出かけを良くします。実際に行ったところや見たものを記事にしているブログです。同じ場所に行きたい人の参考になればと思います。

ツイッターも始めたので、フォローしてもらえると嬉しいな!

-カンボジア
-, , , ,

Copyright© しむしむ旅行記 , 2018 All Rights Reserved.