栃木県

湯西川温泉のかまくら祭りは幻想的!

投稿日:2017年8月3日 更新日:

湯西川温泉

この記事を書いている現在は夏真っ盛りでとても暑いのですが、ちょっとさかのぼって今年の冬に湯西川温泉に行ったときの記事を書きます。

行ったのは、2017年1月28日~29日の1泊2日です。

この時期、湯西川温泉ではかまくら祭りが開催されていたので、それを見に行くのが目的でした。

本格的なかまくらって見たことなかったので、一度見てみたかったのでね。

湯西川温泉の場所と行き方

湯西川温泉は栃木の北部にあります。

自然豊かな山間の比較的小さな温泉街です。

車の場合は、東北道の宇都宮ICから日光宇都宮道路に入り大沢ICで出て、鬼怒川バイパス、日塩有料道路などを経て行きます。

大沢ICを出てから、混まなければ約1時間で湯西川温泉に着きます。

僕が行ったときは、道路に雪が積もっていなかったので、とても走りやすかったです。

ただ、冬場に湯西川温泉に車で行くのであれば、冬タイヤにしておく必要はあります。

電車の場合は、東武鬼怒川線の湯西川温泉駅からバスか、鬼怒川温泉駅からバスというルートで行くことが出来ます。

 

昼間の湯西川温泉

雪が結構積もっていて、雪景色がとても綺麗。

湯西川温泉

この日は天気も良く、最高の雪景色が見られました。

湯西川温泉には、湯西川沿いに旅館が点在しています。

宿泊する宿によっては、かまくら祭りの会場へ歩いていくのは、ちょっと距離がある場合もあります。

 

かまくら祭りメイン会場、平家の里

かまくら祭りのメイン会場は、平家の里です。

平家の里には、かやぶき屋根の日本家屋があったり、かまくらがいくつも作ってあったりします。

湯西川温泉

かやぶき屋根に雪が積もっているのは、昔ながらの日本の風景って感じで赴きがありますよね~。

湯西川温泉

こんな大きなかまくらもいくつも作ってありました。

もちろん中に人が入れるようになっていて、中でバーベキューもできます。

これはとても人気があるので、早めに予約が必要です。

かまくら祭り情報

かまくらの中は、大人4人くらいなら入れる大きさになっています。

湯西川温泉

かまくらの中でバーベキューって、なかなか出来ない体験なので、面白かったです。

メモ

【平家の里メイン会場】

料金は45分で大人1人1000円(2名より受付)、かまくら使用料が1棟800円。

【沢口会場】

料金は50分で大人1人1500円(2名より受付)、かまくら使用料が1棟1500円。

ちょっと時間が短めなのでせわしないです。

それと、バーベキューの内容が、お野菜8割と肉は少なめ。

味も普通でした。

あとかまくらの中で肉や野菜を焼くので、煙が充満して目が痛くなります(笑)

かまくらでバーベキューが出来るという体験代って感じかな。

イベントとしては面白いので、参加する価値はあると思います。

 

雪遊びが出来る箇所がいくつかあります

かまくら祭り開催中、雪遊びが出来る箇所がいくつか用意されていました。

湯西川温泉

この写真は、沢口会場を撮ったものです。

新雪がいっぱい積もってました。

ダイブしたくなりますよね(笑)

深さは結構あるので、歩くのも大変です。

湯西川温泉

普段雪をあまり見ない子供たちには、とても楽しい場所なのかもしれませんね。

沢口会場は無料で入ることが出来ます。

もう一箇所、湯西川水の郷スノーパークのほうでも雪遊びが出来ます。

こちらは、有料で大人1000円、子供500円の入場料が必要です。

思ったよりも小規模だったので、僕たちは入りませんでした。

でも、雪の滑り台とかも設置してあるので、子供は楽しいのかもしれないですね。

僕たちはここに入らなかった代わりに、すぐ近くの河川敷で遊んでました。

湯西川温泉

土手があって、そこにも雪が積もっていたので、天然の滑り台になってた。

湯西川温泉

その土手で、持参したスノーチューブで滑って遊んでました。

ちなみに使ったスノーチューブはこちら。

大人も子供も楽しめる大きさでした。

一緒に行った嫁の友達の子供も、すごーく楽しそうに遊んでた。

ちなみに大人も童心に帰って楽しめました(笑)

スノーパークに入らなくても十分楽しめると思います。

僕は昔スノーボードやっていたので、基本的に雪が好き。

なので、とってもテンションが上がりました(笑)

雪っていいなぁ。

久しぶりにスノーボードしたくなりました!

 

宿泊は湯西川白雲の宿山城屋

雪遊びをした後、宿に向かいました。

今回宿泊したのは、こちらの宿。

湯西川白雲の宿 山城屋公式ページ

大きな温泉旅館で、囲炉裏で食べるお食事と貸し切り温泉が売りのお宿です。

 

山城屋の温泉最高!!

貸し切り温泉は、宿泊客なら無料で利用できます。

フロントに行って貸し切り風呂を使いたい旨を伝えると空いていれば鍵を渡してくれます。

1回の利用時間は40分です。

湯西川温泉

雪景色を見ながら温泉につかれるのは、最高の贅沢ですね!

大浴場もあり、そちらにも露天があります。

雪が深いときは、露天風呂の際まで雪が積もることもあるようです。

 

お食事はボリューム満点!

食事は大広間で食べます。

大広間に囲炉裏があって、そこで平家鷹狩料理を堪能できます。

湯西川温泉

囲炉裏では、岩魚や鶏肉、湯葉、ばんだい餅、1升べらなどを焼いてくれます。

1升べらは、鶏肉をミンチにして胡桃と味噌で和えた郷土料理。

ご飯に合うお料理でとても美味しかった。

湯西川温泉

お膳も豪華です。

様々料理が並んでいて、どれも美味しかった。

お鍋が鴨鍋で、鴨のお出汁がいっぱい出ててこれまた美味しかったです。

これ全部食べると、かなりお腹いっぱいになります。

温泉も良かったし、お食事も美味しかった、お部屋も綺麗だったので、文句なしのお宿でした。

おすすめできるお宿です!!

 

山城屋のアイドル!

旅館の玄関にはこんな子もいます。

湯西川温泉

ももんが!!

目が大きいですね~。

モフモフ感がたまりませんなぁ(笑)

夜行性なので、昼間は潜って出てきません。

夜に出てきた所を撮りました。

なんとも愛らしい表情だな~。

山城屋に公式ページから予約

山城屋の口コミ

 

夜はかまくら祭り

かまくら祭りは、夜がメインです。

暗くなってから、ミニかまくらがたくさん並んでる沢口会場に行ってみました。

湯西川温泉

車で行こうと思ったら、駐車場がいっぱいで入れず。

仕方なく歩いて行きました。

旅館からシャトルバスが出ているので、それを使って行った方がいいかも。

送迎してくれるかどうかはお宿にもよると思うので、お宿に確認して見てください。

湯西川温泉

真っ白な雪原にオレンジの光がとても幻想的!

すごく綺麗な景色でした。

ちなみにこの夜景は、日本夜景遺産に認定されているそうです。

湯西川温泉

ミニかまくらの近くには寄れないようになっています。

近くで見たいけど、人が入ると壊されちゃうから仕方ないか。

遠目から見たほうが綺麗だと思うので、まいっか(笑)

この夜景を見るために、かまくら祭りの時期は湯西川温泉にはたくさんの人が集まります。

なので、もしこの時期に宿に泊まりたい場合は早めに予約したほうがいいですよ!!

 

夜の平家の里

平家の里は夜もやっています。

夜はライトアップされているので、昼間とは違う景色を見ることができます。

湯西川温泉

辺りが暗くなって、雪の白さが引き立って見えますね。

湯西川温泉

夜の日本家屋も赴き倍増ですね!

湯西川温泉

青い光でライトアップされたかまくらです。

昼間とは違って幻想的な風景になっています。

かまくら祭りは、昼夜問わず楽しめるイベントでした。

 

まとめ

冬の湯西川温泉は、昼間は雪遊びやかまくらバーキューなどが楽しめるし、夜はかまくらのライトアップや温泉、旅館の美味しい食事などが楽しめます。

昼夜楽しむことが出来るので、旅館に1泊くらいは宿泊したい場所です!!

湯西川温泉に行って温泉に入らないのはもったいない(笑)

湯西川温泉の宿の予約はこちらから

栃木県のトップページへ

旅行記ブログランキング

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しむしむ

しむしむと申します。東京在住の43歳のおっさんです。嫁と旅行やお出かけを良くします。実際に行ったところや見たものを記事にしているブログです。同じ場所に行きたい人の参考になればと思います。

ツイッターも始めたので、フォローしてもらえると嬉しいな!

-栃木県
-, , , , , , , ,

Copyright© しむしむ旅行記 , 2018 All Rights Reserved.