東京の公園 東京都

国立科学博物館付属自然教育園は都会の大自然!野生の鳥やタヌキ発見!?

投稿日:2018年4月26日 更新日:

自然教育園

2018年4月22日(日)に、東京都港区白金台にある「国立科学博物館付属 自然教育園」に行ってきました。

自然教育園は、港区という大都会にありながら、園内には森が広がっていて緑がすごく豊富な公園なんです。

桜も終わり、新緑が綺麗な季節になったので、散策をしに行ってみました。

自然教育園には初めて行ったんだけど、行ってみてびっくり!

園内を歩いていると東京都は思えないような景色が広がっていました。

今回の記事では、自然教育園の園内の様子や見ることが出来た動植物などを紹介していこうと思います。

自然教育園の公式ページ

自然教育園を散策

自然教育園

自然教育園の入り口は正門の1つだけで、そこには教育管理棟があり、正門で入場料を支払って中に入ります。

入場料を支払うとピンクのリボンが渡されるので、それを見えるところに身に着けて園内へ。

園内に入ると、森に囲まれた遊歩道が続いています。

葉が新緑になっていて、とっても綺麗な風景!

木々の香りもして、歩いているととても気持ちの良い遊歩道です。

今の季節は新緑ですが、桜もあるので春先は桜、秋には紅葉も楽しむことが出来ます。

こちらは園内マップ。

自然教育園

かなり広い公園で、ほとんどが森です。

森林浴をしながら動植物を探しながら歩いていると、1周するのに結構な時間がかかると思います。

今の時期は何しろ、新緑が鮮やかです。

自然教育園

日差しが強くても、木陰になっていて暑さは和らぎます。

そんな木陰の中には、ベンチが設置されている箇所もいくつか用意されています。

自然教育園

ここで休憩したりお弁当を食べたりすることが出来ます。

特に正門から一番奥にある広場がベンチも多いし広いので、お弁当を食べるには最適かも!

注意ポイント

  • 自然教育園では園内で飲酒や喫煙所以外での喫煙を禁止しています。
  • ごみ箱は正門にしかないので、途中でゴミを捨てたりしちゃダメです。

せっかくの自然なので、ルールを守ってみんなで環境を維持していかないとね!

園内には池や湿地もあります。

よく観察していると野鳥を見ることが出来ます。

自然教育園

写真はひょうたん池です。

運が良ければ水鳥などを見ることが出来るかも。

どの池かわからないけど、カワセミも見ることが出来るようです。

僕は見つけることが出来ませんでしたが(笑)

これだけの自然なので、いろんあ昆虫もいるようです。

お子様は喜ぶかもしれませんね!

 

自然教育園で見ることが出来る植物

自然教育園

自然教育園は、植物の種類がとても多いです。

その一部を紹介します。

 

モミジ

自然教育園

モミジの新緑ってすごくきれいですよね!

紅葉もいいけど、この季節のモミジ鑑賞もおすすめ。

自然教育園の園内には、立派なモミジも多かったので、紅葉の季節もすごくきれいでしょうね!

 

自然教育園

園内にはすごく太い立派な松がありました。

上の写真は、「物語の松」という名前がついていました。

木の幹がめちゃくちゃ太かった~。

 

椎の木

自然教育園

こちらは、椎の木の巨木です。

ビューポイントになっていました(笑)

すごく立派な木です。

こんなビューポイントが園内にはいくつかありました。

 

しゃが

自然教育園

こちらは、「しゃが」というお花。

アヤメ科のお花で、薄紫の小さな花です。

とても可愛らしいお花ですね!

 

ちょうじそう

自然教育園

これは「ちょうじそう」というお花です。

こちらも小さな薄紫のお花が可愛いですね!

園内を歩いていると、こういう野草があちらこちらで花を咲かせています。

 

きんらん

自然教育園

こちらのお花は「きんらん」。

武蔵野植物園の方で咲いていました。

ひっそりと咲いているのが良いですねぇ。

緑の中に、ポツンと黄色い花が咲いているのも綺麗です。

 

アヤメ

自然教育園

これは花に疎い僕でもわかります(笑)

アヤメです。

水生植物園で咲いていました。

濃い紫色が存在感がありますね~。

この記事に載せた植物は一部です。

もっとじっくり探せば、まだまだいろんな植物があります。

自然教育園を散策して、探し見てください!!

 

自然教育園で見ることが出来る鳥や動物

自然教育園

自然教育園は植物が多いですが、鳥や動物も生息しています。

僕が行ったときには、でっかいアオダイショウやカルガモ、アオサギなどが見られました。

そして、びっくりすることにタヌキまで!

嫁が前日にインスタでタヌキをアップしている人がいたので、いるのはわかっていたんだけど、ほんとにいるとは(笑)

見つけた時はテンションが上がっちゃいました。

ちなみにアオダイショウは、ちょっと気持ち悪かったので写真撮ってません(笑)

 

アオサギ

自然教育園

湿地を眺めていたら、突然大きな鳥が飛んできてびっくりしました。

そして木に止まったのがこの「アオサギ」でした。

その時の様子が動画に撮れたので載せておきます。

嫁が湿地の様子を動画に撮ってる最中、たまたま飛んできました。

動画が撮れてラッキー(笑)

 

都会の真ん中で野生のタヌキ!!

自然教育園

前日に自然教育園にタヌキが生息していることがわかってから、絶対見つけてやるって意気込みで行きました。

そして入り口からずーっとタヌキいないかなぁって探しながら歩いたんだけど、なかなか見つからず。

園内の奥の方で1回茶色いモフモフが動いたのが見えたんだけど、タヌキと断定はできず。

インスタでタヌキを見たって人が目撃した場所は、入り口から少し行ったところの広場とのことだったので、帰る間際に半ばあきらめモードでやぶの中を見てみたら。。。。

いたー!!!

たぬきー!!!

モフモフやん!!!

というわけで、本当に野生のタヌキを見ることが出来ちゃいました。

僕も嫁もこの日一番テンションが上がった瞬間です(笑)

その時の動画です。

やぶの中なので、わかりづらいけど、見ることが出来て良かった(笑)

自然教育園、めちゃくちゃ楽しいところです!

 

自然教育園のアクセスと料金は?

自然教育園は、東京都港区白金台にあります。

自然教育園の公式ページ

最寄駅は都営三田線の白金台駅で、そこから徒歩7分程度です。

あとJR目黒駅から徒歩9分で行くこともできます。

駐車場はないので、電車かバスで行ったほうがいいかもね。

入園料金は一般が310円で、高校生(高等専門学校生含む)以下は無料です。

良心的な料金ですよね!

 

自然散策の後はデュパルクで休憩

自然教育園には、庭園美術館が隣接しています。

そこに「デュ・パルク」というオシャレなレストランがあります。

デュ・パルク公式ページ

自然教育園で散策して疲れた後は、デュ・パルクに立ち寄ってお茶をするのもおすすめです。

庭園美術館の綺麗な庭を眺めながらお茶が飲めるのはとても優雅。

ちょっと贅沢な時間が過ごせますよ。

テラス席でお茶が飲みたい場合は、飲み物のみテイクアウトで買って飲むことが出来ます。

スイーツはテイクアウト不可。

スイーツが食べたい場合は、店内に入りましょう。

僕たちはスイーツも食べたかったので、店内に入りました。

そして、プチアフタヌーンティーセットを注文しました。

デュ・パルク

スイーツは、ほんとにプチでした(笑)

美味しいけど、若干物足りなさがあったので、普通のケーキのほうがよかったかも。

プチアフタヌーンティーセットの料金は1600円。

まだ新しいお店のようで、店内はとても綺麗でおしゃれ。

窓から見える景色も良いので、そんな中でお茶が出来るのは良いですね!

 

まとめ

自然教育園は、都心とは思えないほど自然がいっぱい。

東京にいて、自然を感じたいときに行くといいかも。

野鳥も見れるし、四季折々の自然の風景も楽しめます。

なにより、野生のタヌキは必見ですよね(笑)

僕たち夫婦にはとても楽しい場所でした!

写真を撮るのが好きな人やお子様連れの方には、すごくおすすめな公園です。

この記事の写真は、「OLYMPUS OM-D E-M10 MarkⅡ」で撮っています。

現在、MarkⅢが発売されていますが、MarkⅡの方がリーズナブルに手に入りますよ!

東京の公園のまとめページへ

東京のまとめページへ

旅行記ブログランキング

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しむしむ

しむしむと申します。東京在住の43歳のおっさんです。嫁と旅行やお出かけを良くします。実際に行ったところや見たものを記事にしているブログです。同じ場所に行きたい人の参考になればと思います。

ツイッターも始めたので、フォローしてもらえると嬉しいな!

-東京の公園, 東京都
-, , , , , ,

Copyright© しむしむ旅行記 , 2018 All Rights Reserved.