山形県

冬の銀山温泉の情緒あふれる街並みを歩き、温泉旅館藤屋に宿泊

投稿日:2018年1月23日 更新日:

銀山温泉

2016年3月5日から7日までの2泊3日で行った山形旅行をまとめた記事です。

この日は蔵王温泉から銀山温泉に移動しました。

銀山温泉は、大正ロマンが漂う古い建築が立ち並ぶ温泉街です。

この記事では銀山温泉を中心に書いていこうと思います。

 

【おすすめ情報】

紅葉は日帰りバスツアーで見に行こう!

ポケカルでツアーを探す

 

大正ロマンあふれる銀山温泉

銀山温泉は山形県尾花沢市にある、最上川の支流銀山川の両岸にある温泉街です。

大正末期から昭和初期に建てられた歴史ある温泉宿が立ち並び、大正時代の雰囲気が感じられる街並みです。

ドラマ「おしん」の舞台になったことで、全国的に知らるようになったようです。

銀山温泉公式ページ

 

銀山温泉へのアクセス

車で行く場合

車の場合は以下のルートで行くことが出来ます。

  • 東北自動車道/古川IC → (国道47号線) → 鳴子 → 赤倉 → 山刀代峠 → 尾花沢 → (国道347号線) → 銀山温泉
  • 東北自動車道/村田JCT → 山形北IC → (国道13号線) → 尾花沢 → (国道347号線) → 銀山温泉
  • 東北自動車道/仙台宮城IC → 関山峠 → 東根 → (国道13号線) → 尾花沢 → (国道347号線) → 銀山温泉

なお、「村山市から県道29号線は(背あぶり峠)は通行しないでください」と、銀山温泉のホームページに書いてありました。

とても狭い山道のようですので、通るのはやめておきましょう。

 

電車で行く場合

電車の場合は、山形駅から奥羽本線急行で大石田へ。(約40分)

大石田からはバスで銀山温泉へ行きます。(約40分)

銀山温泉へのバスの時刻表はこちらで確認できます。

はながさバス時刻表

なお、お宿によっては送迎も行っているので、お宿の送迎を利用するのが楽だと思います。

送迎については、宿泊予約したお宿に確認してみてください。

 

銀山温泉の温泉街を散策

今回は、お宿と温泉街の雰囲気を楽しむのが目的だったので、温泉街しか散策しませんでした。

温泉街周辺にも散策コースがあっていろいろ見ることが出来るようです。

銀山の廃坑道なども見学できるようなので、興味がある人は行ってみると良いかもしれません。

散策路はこちらのページを参考にしてください。

銀山温泉散策コース

なお、冬場は足ば悪くなるため、坑道などには行けないようです。

お宿の人に散策できる場所などは確認した方が良いと思います。

銀山温泉

昼間の銀山温泉の温泉街の様子です。

情緒ある街並みですよね。

どの建物も歴史を感じさせる作りで、タイムスリップしたみたい。

この街並みを見ながら散策するのは、とても楽しいですよ。

そして夜になると、お宿に灯りがともり、さらにガス灯に火が入ります。

銀山温泉

オレンジの明かりで浮かび上がる温泉街がまた綺麗ですね。

銀山温泉

ガス灯がまたいい味を出しています。

温かみのある灯りですね!

暗くなってから散策するのも楽しいですよ。

 

伊豆の華

少し散策してから、お昼ご飯を食べるために「伊豆の華」というお店に入りました。

伊豆の華【食べログ】

なかなか雰囲気の良いお蕎麦屋さんです。

こちらで、鴨南蕎麦と揚げナス蕎麦を食べました。

伊豆の華

こちら鴨南蕎麦。

鴨の出汁がすごく出てて美味しいです。

そしてこちらは揚げナス蕎麦。

伊豆の華

揚げナスがお出汁をすごく吸っていて、こちらも美味しい。

レトロな街並みを見ながらお蕎麦をいただけるのは、おつなものです。

 

はいからさん通りのカレーパン

散策しているときに、有名なカレーパンも購入しました。

そのカレーパンが売っているお店は、「はいからさん通り」

はいからさん通り【食べログ】

温泉街の奥の方にあるお店です。

銀山温泉はいからさん通り

パン生地は柔らかく、中のカレーも美味しかったです。

1個210円なので、散策して小腹が空いたときに買うと良いかも。

 

【おすすめ情報】

作家・デザイナーからハンドメイドの作成を直接購入できるアプリ。一点物のアイテムが手に入る!

Creema(クリーマ)- ハンドメイドマーケットプレイス

Creema(クリーマ)- ハンドメイドマーケットプレイス

Creema Inc.無料posted withアプリーチ

 

温泉旅館藤屋に宿泊

今回のお宿は「藤屋」というところにしました。

銀山温泉藤屋

普段あまり料金の高いお宿には泊まらないんだけど、この時は少し奮発して高級なお宿に泊まりました。

藤屋さんは2006年にリニューアルオープンしたお宿で、建物が新しく改装されています。

なので周りの建物に比べると現代風。

有名な建築家・隈研吾さんの設計で、とてもスタイリッシュで無駄のない内観でした。

銀山温泉藤屋

こちらはロビーです。

とてもスッキリしてますよね。

木材や竹を使用しているので、温かみを感じる空間でした。

銀山温泉藤屋

こちらは廊下。

照明は間接照明なっていて、壁にはドアノブもありません。

最初どうやって部屋の中に入るのかわかりませんでした(笑)

全体的に凹凸の少ない空間です。

古き良き街並みでレトロな温泉旅館に泊まるのが、銀山温泉の醍醐味かもしれないけど、こういう宿もいいですよね。

特に古い建物が苦手ない人はおすすめのお宿です。

若干宿泊費はお高めですけどね(笑)

藤屋の公式ページ

 

藤屋の温泉

藤屋さんの温泉は、すべて貸し切り風呂です。

基本的に予約とかも必要なく、誰も入っていなかったら入って良いというスタイル。

ひばのお風呂、地下のお風呂、石風呂、竹のお風呂、半露天風呂の5つの貸し切り風呂があって、すべて趣が異なっています。

僕は石風呂、竹のお風呂、半露天風呂の3つのお風呂に入りました。

 

半露天風呂

銀山温泉藤屋

こちらは半露天風呂。

外の景色を見ながらお風呂に入ることが出来ます。

ちょっと寒いけど、お湯は熱めなのですぐに温まります。

この半露天風呂は、とても人気があるようで、時間を予約する必要がありました。

温泉は無色無臭な感じです。

 

竹のお風呂

銀山温泉藤屋

こちらは竹のお風呂。

壁の装飾が竹で施してあります。

温泉の温度も入りやすく、一番ゆっくりできたお風呂です。

雰囲気もいいし、とてもよかったです。

銀山温泉藤屋

洗面台もオシャレですよね!

 

石のお風呂

こちらは写真を撮ってません(笑)

黒い石で出来た湯舟で、広めです。

ゆったりと温泉に浸かりたい人には良いかも。

石のお風呂やその他のお風呂の雰囲気は、公式ページを見ると掲載されています。

 

藤屋の部屋

藤屋さんは、お部屋も豪華です。

銀山温泉藤屋

こちら寝室です。奥の方に見えるのは内風呂。

寝室の手前側(写真には写っていません)はテーブルがあって食事ができるようになっています。

2人で泊まるにはとても広かった。

僕たちは使わなかったけど、内風呂もオシャレです。

温泉宿に来たからには温泉に入りたいからね(笑)

銀山温泉藤屋

奮発しただけあって、かなりゴージャスに泊まれました。

 

藤屋のお食事

お食事も豪華でした。

藤屋の夕食

夕食は「嬉懐石プラン」にしました。

お料理の分量や品数を抑え目にしたとホームページには書いてあったんだけど、実際は結構な量がありました(笑)

銀山温泉藤屋

まずは前菜です。

いろんな種類の料理が入っていてどれも美味しい。

さすが、お料理にもこだわっている藤屋さんですね。

銀山温泉藤屋

続いてお造りです。

ほっき貝やボタンえび、珍しいイワナのお刺身なんかも盛ってありました。

イワナのお刺身ってここで初めて食べたけど、甘くておいしかったです。

銀山温泉藤屋

次にイワナの塩焼き。

これも言うまでもなく、美味しいです。

川魚の塩焼きでは一番好きかも!

銀山温泉藤屋

これは鴨鍋。

結構な量があります。

鴨出汁がすごく出ているし、きのこや野菜がたっぷり入っていて美味しい。

ただ、この辺に来ると、お腹がいっぱいになってきます(笑)

銀山温泉藤屋

冷たい肉蕎麦です。

美味しいのですが、お腹パンパンです。

量が抑え目のプランなのに、この量ですか(笑)

普通のプランだとどんな量で出てくるんだろうね。

でもお料理はどれも美味しく、すごく楽しめました。

 

藤屋の朝ご飯

朝ご飯も和食です。

銀山温泉藤屋

こちらはどれも少しづつだったので、量がちょうどよかったです。

銀山温泉藤屋

湯豆腐が美味しかった~。

藤屋さんは温泉も素敵だし、お料理も美味しい。

そしてスタッフの方もとても丁寧で、気持ちよく宿泊することが出来ました。

銀山温泉にいったら、また泊まりたいかも!

 

【おすすめ情報】

大人の女性の行ってみたい!やってみたい!が見つかる情報アプリ。

ルトロン(LeTRONC)

ルトロン(LeTRONC)

OPEN8 Inc.無料posted withアプリーチ

 

山形駅周辺観光スポット

今回の旅行では、山形駅に2度ほど行き周辺を散策したので、その情報も紹介します。

霞城公園

駅から徒歩10分くらいのところに山形城の城跡が残る霞城公園があります。

この公園には山形城の石垣が残っています。

山形城跡

僕が行ったときは改修中だったので中に入ることは出来ませんでした。

そして、山形城というとこの方。

山形城跡最上義光

最上義光公の銅像です。

有名な戦国武将ですね。

戦闘も知略にも優れた名将だったようですね。

あと敷地内には、山形市郷土館があります。

山形市郷土館は旧済生館病院本館の建物を利用したもので、当時の貴重な医療器具なども展示してあります。

旧済生館病院本館

約140年前に建てられた病院で、昭和30年代後半に今の霞城公園内に復元保存されました。

明治時代の貴重な建築物で中も見学できるので、是非立ち寄ってみてください。

 

山形と言ったら山形牛

山形に行ったら、やっぱり山形牛を食べておきたいですよね。

ということで最後に日に、山形駅の近くで山形牛のお店に行ってみました。

そのお店の名前は「かかし」です。

かかし【食べログ】

山形駅のすぐ近くなので、新幹線を待っているときとかに、さっと行きやすいです。

山形かかし

このお店の特徴は山形牛がリーズナブルなお値段でいただけるということ。

山形かかし

写真は山形牛のカルビ定食。

ランチだと1300円程度。

このボリュームでこのお値段はお得です。

お肉は厚切りで、食べ応えあるし柔らかくてジューシー。

とっても美味しいお肉でした。

山形に行ったらまた立ち寄りたいお店です。

 

まとめ

冬の山形県は雪景色がとても綺麗。

食べ物も美味しいし、とても楽しいところでした。

特に銀山温泉はこの時期とてもおすすめです。

レトロな街並みに真っ白な雪はベストマッチ。

とても幻想的な景色を見ることが出来ます。

蔵王と銀山温泉、どちらもお勧めですよ~。

この記事の写真は、「OLYMPUS OM-D E-M10 MarkⅡ」で撮っています。

現在、MarkⅢが発売されていますが、MarkⅡの方がリーズナブルに手に入りますよ!

カメラ初心者でもキレイな写真が撮れちゃうからすごい!!

山形県のまとめページへ

 

ブログランキングに参加しています。

この記事が参考になったら、下記のボタンをぽちっとしてもらえると励みになります。

旅行記ブログランキング

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しむしむ

しむしむと申します。東京在住の43歳のおっさんです。嫁と旅行やお出かけを良くします。実際に行ったところや見たものを記事にしているブログです。同じ場所に行きたい人の参考になればと思います。

ツイッターも始めたので、フォローしてもらえると嬉しいな!

-山形県
-, , , , , , ,

Copyright© しむしむ旅行記 , 2018 All Rights Reserved.