バリ島

ルマーバリヌサドゥアはのんびり過ごせる雰囲気良しのホテル(バリ島旅行1日目)

投稿日:2018年7月18日 更新日:

ルマーバリヌサドゥア

2018年7月5日から11日までの5泊7日で行った、バリ島旅行の1日目の記事です。

この日は、バリ島のヌサドゥア地区に宿泊。

ホテルでのんびりしたり、ホテル周辺を散策したりして過ごしました。

宿泊したホテルは、「ルマーバリヌサドゥア」というホテルで、とても素敵な雰囲気。

ホテルやホテル周辺のことを中心に書いていきます。

 

紅葉ツアー | ポケカル

 

ジャカルタ経由でバリ島(デンパサール)へ

ジャカルタ空港

今回、行きの飛行機は夜中に羽田を出る飛行機でした。

航空会社はガルーダ・インドネシア航空。

羽田を23時半に出発して、インドネシア・ジャカルタのスカルノ ハッタ空港に早朝6時半(日本時間)くらいに着きました。

約7時間のフライトですね。

ちなみに機内食は早朝に1回だけ出ます。

夜中には出ないので、飛行機に乗る前に夕食は済ましておいた方がいいかも。

到着はターミナル2。

ここで入国手続きをして、1回荷物を受け取ります。

そしてバリ行きの飛行機に乗るのですが、ターミナル3から出発なので移動します。

ターミナル3へは、ターミナル2を一度出てからスカイトレインという日本の「ゆりかもめ」みたいな電車に乗ります。

スカイトレインに乗るためには、駅に行く必要があるんだけど、それが結構わかりづらい。

航空会社のスタッフが先導してくれたので行けたけど、初めてで案内がいなかったら迷うかもなぁ。

ターミナル2からターミナル3まで5分程度で着きます。

まだ出来たばかりのようで、スカイトレインもターミナル3もとても新しかったです。

トイレも綺麗で水もしっかり流れました!

よかったー。

ターミナル3に着いたら、入り口で荷物検査を受けます。

ウェブチェックインは済ましてあるので、荷物を預けにカウンターに行きます。

そして、セキュリティーチェックを受けて出発ロビーへ。

セキュリティーチェックは男女別の列になっていました。

チェックするのに体を触るからだろうね。

日本時間の9時くらいにジャカルタを出発。

約2時間のフライトでバリ島デンパサール空港に到着です。

今回ジャカルタ経由で行って分かったのですが、ジャカルタ経由でバリ島に行く日本人ってあまりいないのね。

バリ行きの飛行機の中で日本人を見かけなかった(笑)

きっとみんな直行便使うんだろうなぁ。

ジャカルタでの乗り継ぎは、荷物を一度受け取らなきゃいけなかったり、ターミナルを電車に乗って移動しなくちゃいけなかったりと意外と面倒。

なので、LCCでも直行便の方がいいなぁって感じました。

次、バリ島に行くときがあったら、エアアジア使おうっと(笑)

 

デンパサール空港で両替とタクシーの手配

空港に着いてまず行ったのは、お金の両替とホテルまでのタクシーの確保です。

空港の外に出て探した方がお得になるようでしたが、面倒くさいので空港内で済ませちゃいました。

 

まずは円をルピアに両替

デンパサール空港

円をルピアに交換したのがこのお店。

デンパサール空港の出口付近にある両替所です。

街中で両替した方がレートが良いようなんですが、ごまかされる被害も多々あるそうなので、ここで済ませちゃいました。

ちなみにこの日のレートはこちら。

デンパサール空港

1円=125ルピアです。

羽田で見た時に確か107ルピアだったと思うので、日本で両替するよりはレートが良いですね。

店員さんに3万円両替したい旨を伝えると、電卓で125×30000=3750000と叩いて出してくれて、そして機械で枚数を数えた後、目の前で手でも数えて見せてくれました。

お札の枚数がすごく多いから、ごまかす両替所が結構あるみたいなので、その点ここは安心して両替できました。

ちなみに、街中で通貨のレートの看板をよく見かけたのですが、平均的に1円=130ルピア前後でした。

空港よりちょっとレートが良いのかもね。

 

空港からホテルまでのタクシーを手配

デンパサール空港

続いて、空港タクシーの手配。

これも空港出口付近にあるお店で手配しちゃいました。

ヌサドゥアまでは、20万ルピアです。

日本円で1600円くらいってところですかね。

これも空港の外で交渉すればもっと安いのがあるんでしょうけど、早くホテル行きたかったし1600円程度ですからね。

ここでお願いしちゃいました。

空港からホテルまでは本来なら30分くらいで行けるはずなんだけど、幹線道路が工事で渋滞していて1時間弱くらいかかったかな。

バリ島って交通量が多くて、渋滞もちょいちょい起こるのね。

ホテルに到着したのは、日本時間の12時くらい。

現地時間の11時でした~。

メモ

宿泊するホテルによっては、有料で送迎をしてくれるところもあります。

空港タクシーを使うよりもリーズナブルな場合もあるので、宿泊先に確認してみるのもよいかも!

 

おすすめアプリ情報

グルメや旅行の情報がいっぱい掲載されいるアプリ。全国のお出かけ情報が手に入るので便利です!

お出かけ情報アプリ aumo(アウモ)

 

のんびり静かな雰囲気が最高!ルマー バリ ヌサドゥア

ルマーバリヌサドゥア

ホテルのチェックイン時間は12時からだったんだけど、フロントに行ってみたらチェックさせてくれました。

ちょっと早かったけど、荷物が置けるのは助かるー。

今回泊まったホテル「ルマー バリ ヌサドゥア」は、地図で言うとこの辺にあります。

ビーチからは少しだけ離れていて、シービューは望めないんだけど、徒歩5分でビーチに行くことが出来ます。

敷地は結構広く、フロントから客室までは少し歩きます。

ルマーバリヌサドゥア

客室までの道が超南国風。

ここで、すでにテンションが上がります(笑)

雰囲気、超いいじゃーんって。

ルマー バリ ヌサドゥア公式ページ

 

バンガロータイプの客室からの眺めが最高!

ルマーバリヌサドゥア

大きくはないけど、深い青色のプールがあって、それを取り囲むようにバンガロータイプの客室がいくつか建ち並んでいます。

バリの伝統建築を模して造られている客室はかやぶき屋根で、すごく趣があります。

上の写真は、客室のテラスから撮影したものです。

背の高い余計な建物が視界に入ってこないので、南国リゾートに来ている感じが存分に味わえます。

とても美しい景色ですよね!

ルマーバリヌサドゥア

道路から離れているせいか、とても静か。

客室数も大きなホテルみたいに多くないので、ガヤガヤもしてない。

鳥のさえずりと、プールに水が流れる音がよく聴こえるくらいです。

のんびりゆったりとした時間を過ごすには、最適なホテルなんじゃないでしょうか。

客室に着いたら、ウェルカムドリンクを出してくれました。

ルマーバリヌサドゥア

レモングラスアイスティーです。

この景色を見ながらアイスティーを飲むなんて、オサレですよね(笑)

ちょっと甘かったけど、美味しかったです!

 

客室の様子

ルマーバリヌサドゥア

気になる客室の様子です。

ベッドはこんな感じですね。

南国らしく蚊帳がついてる。

結局使いませんでいたが、蚊は結構いました(笑)

部屋の中は、とても綺麗にしてあって気持ちよく宿泊出来ます。

部屋は結構広いので2人で泊まるには十分でした。

ルマーバリヌサドゥア

インテリアもオシャレな感じにしてあります。

一回出かけてから部屋に戻ると。

机の上の器には、ウェルカムフルーツも並べてありました。

ルマーバリヌサドゥア

みかんは普通に美味しかったです。

ぶどうは酸っぱめ。

茶色いのは、よくわからなかったので食べませんでした(笑)

ルマーバリヌサドゥア

ここは洗濯物を干したり、スーツケースが置けるスペースです。

大きめの冷蔵庫もついていました。

洗濯物が干せるようになっているのは嬉しいですね。

ルマーバリヌサドゥア

お風呂もなんかオシャレな感じにしてあります。

石で出来たお風呂で、湯舟にお湯が溜められるようになっています。

よく海外のホテルで、シャワーを浴びると床がびしょびしょになったりするところがあるけど、ここはそんな心配がありませんでした。

湯舟の中でシャワーを浴びるのでね。

シャワーの水圧は強くないけど、髪の毛を流すのは問題なく出来たので良かったです。

お湯になるまでは結構時間がかかるけど、それは仕方ないかな。

あと、トイレも綺麗でちゃんと水が流れました。

水回り関係で困ったことは特にありませんでした。

 

アメニティ&wifi環境

アメニティについてですが、石鹸やシャンプー、タオル関連はちゃんとありました。

ただシャンプーはかなり泡立ちが悪いので、自分の気に入ってるものを持って行った方がいいかも。

歯磨きセットは置いてないので、自分で用意する必要があります。

あとスリッパもないので、これも持って行った方がいいですね。

僕はビーサンで過ごしていました(笑)

その他は、ドライヤーもあるし、アースノーマットのような虫よけも置いてありました。

とはいえ、蚊は結構いるので、虫よけは持って行きましょう。

僕はこれを持って行きましたが、刺される回数が減ってたと思います。

完全に防ぐのは難しいけど、効果はありました。

ちなみにテレビもあってちゃんと見ることが出来ます。

日本語の番組はアニメチャンネルとNHKプレミアムが見れましたね。

そして気になるwifi環境ですが、客室でつながるようになっています。

ただ速度は遅めで、みんなが使う時間はつながりが悪くなります。

wifiは快適とは言えないですね。

 

プールが気持ち良し!

ルマーバリヌサドゥア

このホテルはバンガロータイプのお部屋とこのプールが見える景色が売りです。

もちろんプールでも泳ぎました。

水温もちょうどよく、とっても気持ちよく泳げます。

難点をあげるとしたら、深い!!

観光客にオーストラリア人が多いからか、深さが1.75mもあります。

チビチビおっさんの僕では足が着きません(笑)

まぁ普通に泳げはするので、問題はないんですがね。

泳ぎが苦手な人は気を付けて!

人があまりいないし、いても少ないので貸し切り状態でのんびり泳げるのが嬉しい!

 

スタッフさんの感じがよい

ここのスタッフさんは、どの人もニコニコしててとても感じが良いです。

みんな親切だし、そんなところも気持ちよく宿泊出来た理由の一つです。

スタッフさんの人柄って重要ですよね!

 

予約はAGODAでしました

今回このホテルはAGODAで予約しました。

1室1泊8130円(サービス料・税金込み)でした。

手違いで朝ご飯無しのプランに予約してしまったけど、それでも安いですよね。

素泊まりで1人当たり4000円という計算ですからね。

タイムセールとかをよくやっているので、そういうタイミングで予約するとお得です!

それでスタッフさんのサービスもいいし、雰囲気も良いので言うこと無しです。

バリで長めに宿泊するときにはおすすめのホテルです。

AGODAで予約する

 

おすすめアプリ情報

大人の女性の行ってみたい!やってみたい!が見つかる情報アプリ。

ルトロン(LeTRONC)

ルトロン(LeTRONC)

OPEN8 Inc.無料posted withアプリーチ

 

ホテル周辺を散策

ヌサドゥア

ホテルで少しゆっくりしてから、ヌサドゥアのビーチに行ってみました。

ホテルのスタッフさんらしき人に、ビーチへの行き方を聞いてみたら、途中まで一緒に行ってくれた(笑)

とても親切ですね!

ビーチは歩いてすぐのところにあります。

 

ヌサドゥアはマリンスポーツが盛ん

ヌサドゥア

ビーチは白い砂浜で綺麗なんだけど、泳ぐ感じの海ではなかったかな。

でもマリンスポーツはとても盛んで、いろんなマリンスポーツをしている人を見かけました。

砂浜を歩いていても、何度もマリンスポーツしない?って誘われた。

それも日本語で(笑)

「しなーい」って答えると、「なんで~?」って聞き返されるのがちょっと面白かった。

でもここの良いところは、そういう勧誘もしつこくないということ。

一回断れば、さっと引いてくれるので良かったです。

しつこいとその道を歩くのが嫌になっちゃうからね。

 

ランチは安めの食堂「バリアポロ」で

少し散歩をして、お腹が空いてきたので食事をしようとお店を物色。

ビーチ沿いはホテルばかりで、入っていいのかどうかもわかりづらかったので、唯一見つけた食堂風のところに入ってみることに。

そのお店は「バリアポロ」。

マリンスポーツを行っているお店の食堂ですね。

お店に入ってみたら、マリンスポーツしないって声をかけてきたおじさんがいて、その人がやっているお店と判明。

「また会ったね~、パラセーリングやらない?」と再度聞かれたけど、「やらない、お腹空いたからご飯食べる」っていうと笑いながらどっか行っちゃった(笑)

こういうやり取りも、楽しいもんですね!

で、このお店で注文したのがこちら。

ヌサドゥア

ミーゴレン。

インドネシア風焼きそばです。

麺はインスタントを使っています。

卵焼きがのっていて、具もそれなりに入っています。

ほんのりカレー味がして、普通に美味しくいただけました。

ヌサドゥア

こちらは料理名は忘れました。

こちらも麺で、スープに入っています。

麺はインスタントでカレー風味。

目玉焼きがのっかっていて、野菜がそれなりに入っています。

こちらも普通に美味しくいただけました。

ヌサドゥア

そしてこちらが、僕がずーっと飲んでみたかった。

ココナッツジュース。

テレビでよく見かけて、1度飲んでみたかったのよね~。

芸能人が美味いって飲んでるけど本当なのか~?

どんな味するんだろうか?って気になっていたんだよね(笑)

というわけで、今回頼んでみました。

運ばれてくると、中身がすごくいっぱい入ってた。

こんなに入ってるもんなの??

そして飲んでみると。

・・・・・・・・

・・・・・・・・

なんか思ってたのとちゃう(笑)

もっとココナッツの香りがするのかと思ったら、そんなにしないんですね。

というか、うっすいポカリスウェットみたい。

10倍くらいに薄めた感じ。

さっぱりしていて、暑いときの水分補給には良いかもね。

でもフルーツジュースとして飲むとがっかりします。

あと、内側についている白いドゥルドゥルしたものをすくって食べてみたけど、これも味がうっすい(笑)

次はもう注文しないでしょう(笑)

普通にマンゴージュース頼むわ。

料金は全部で93000ルピア(750円くらい)でした。

ローカルフードなので、安くすんだ!

 

夕飯はホテル近くの「The Tree Restaurant」で

散歩から帰ってきてから、ホテルでプールに入ったり、テラスでのんびりしたりして過ごした後、夕食を食べに出ました。

ホテルのプランには夕食はついてないので。

ホテルスタッフさんに聞いたところによると、ホテルを出て左側に行くとたくさん飲食店があるとのこと。

ということで、ホテルを出て左に曲がって少し歩いていくと、ありましたレストランが。

何件かあったんだけど、雰囲気のよさそうな「the tree Restaurant」に入ってみました。

The Tree Restaurantの口コミ

店内はオシャレな感じで、外国人観光客がたくさんいました。

白人さんが多かったな。

ここでは春巻き、ナシチャンプルー、ビーフンゴレン、ノンアルコールカクテルを注文。

ヌサドゥア

こちらは春巻き。

皮は硬めで野菜がいっぱい入っています。

サクサク、パリパリではないけど、普通に美味しい。

チリソースをつけて食べると美味しいです。

ヌサドゥア

こちらはナシチャンプルー。

鶏肉の炒め物、野菜炒め、エビのから揚げなどの総菜をご飯と混ぜて食べる料理です。

味付けは濃いめで、少し癖のある味。

魚醤かな??

でもその味付けは美味しく、ご飯と一緒に食べると濃い目の味付けが薄まってちょうどよくなります。

バリを代表する料理ですね!

ヌサドゥア

こちらはビーフンゴレン。

こちらは文字通りビーフンを炒めた料理です。

これも味付けは濃いめで、ナシチャンプルーと同様、少し癖のあるお味。

このビーフンゴレンも美味しかったです。

あと、料理に付け合わせてある、エビせん。

これがなかなか美味しい。

嫁さんはこれが大好物で、一人でバクバク食べてました(笑)

飲み物も併せて、料金は全部で286520ルピア(2300円くらい)でした。

2人分の夕食と考えたら、結構リーズナブルですね。

ギターデュオの生演奏もあって、なかなか雰囲気も良かったです。

その演奏で観光客の子供たちが踊ってるのが可愛かった(笑)

 

まとめ

以上、バリ島旅行1日目の記事でした。

何しろ、ホテルの雰囲気やスタッフさんの対応が良くて、すごく気に入りました。

嫁さんが探したホテルですが、さすがいいアンテナ持ってらっしゃる(笑)

ランク的には4つ星とかなのかな。

でもすごく気持ちよく過ごせるホテルでした。

口コミや評価が高いホテルなんだけど、実際に泊まってみてその理由がわかりました。

こんな方におすすめ

  • 比較的リーズナブルな料金で宿泊したい
  • 人が少なく静かなホテルがいい
  • オーシャンビューじゃなくても良い
  • スタッフさんがフレンドリーで感じが良いホテルが良い
  • バンガロータイプの部屋がいい

料金も安かったので、ヌサドゥアに行く人におすすめしたいホテルです。

バリ島では様々なオプショナルツアーが開催されています。

マリンスポーツやアクティビティ、島内観光など。

バリ島のオプショナルツアー【タビナカ】

オプショナルツアーに参加してバリ島を楽しむのも良いと思います!

バリ島まとめページへ

 

ブログランキングに参加しています。

この記事が参考になったら、下記のボタンをぽちっとしてもらえると励みになります。

旅行記ブログランキング

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しむしむ

しむしむと申します。東京在住の44歳のおっさんです。嫁と旅行やお出かけをよくします。実際に行ったところや見たものを記事にしているブログです。同じ場所に行きたい人の参考になればと思います。

ツイッターとインスタも始めたので、フォローしてもらえると嬉しいな。

下のアイコンからフォロー出来ます!

-バリ島
-, , , , , , ,

Copyright© しむしむ旅行記 , 2018 All Rights Reserved.